SSまとめるー

2ちゃんねるとかのSSまとめるよー

SSサイト更新情報



希「よおし!海未ちゃんのパンモロ見よか、凛ちゃん!」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 00:43:17.13 ID:OVdvilYf0
凛「ど、どうしたにゃ…いきなり。熱でもあるの?」

希「ノンノン、聞いて、凛ちゃん」

凛「?」

希「うちらって、リリーホワイト組んでもう長いやん?」

凛「うん、そんな気がするね!」

希「そうやろ?」

希「でもな?なんかまだ海未ちゃんがうちらに心を開いてくれてない気がするんよ」

凛「…」

凛「そうかにゃ?」

007

続きを読む

【ラブライブ!】 ことり「ことりは天然じゃないもん!」


3: ◆.a46lvF.pU 2014/05/29(木) 01:23:29.67 ID:KzdP4XQ9o

~朝 登校時間~


穂乃果「海未ちゃ~ん!ことりちゃ~ん!おっはよーー!!」タッタッタ

海未「ふう、やっと来ましたね」

ことり「けど待ち合わせの時間にはちゃんと間に合ってるよ? 穂乃果ちゃん、μ’s始めてから遅刻がなくなったよね」

海未「遅刻しないのは当然のことですよ。ことりは穂乃果に甘すぎます」

ことり「え~?そぉかな~」

穂乃果「はぁはぁ、よし!今日もちゃんと待ち合わせに間に合った!」

海未「穂乃果はもう少し時間に余裕をもって行動してもいいとは思いますけどね」

穂乃果「朝は忙しいから!」


005

続きを読む

絵里「希と付き合うことになったけど、やだもうお家かえる」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:39:55.62 ID:d9oKBQfV0




「希、私と付き合って」



私の口からそんな言葉が出るなんて。私自身、どこか俯瞰して言った。
いつものランニングが終わり、階段の最上段で休憩している時のことだった。

今までも何度か言いかけては止め、言いかけては止めを繰り返してきた。今日、ついにその練習の成果が発揮された。
なぜ、私がそんなことを今頃になってやっと言ったのかというと、夕日に照らされる希があまりに綺麗だったから。
それだけの理由で、口は勝手に言葉を紡いでいた。

「えりち……」

希は少し驚いていた。それもそうだろう。友達からの突然の告白だ。

「あ……やっぱり男の子がいいかしら?」

それは、ごく普通のことだった。私は希が何か話す前に、言い訳のように言った。心臓は早鐘を打っていた。希に聞かれてしまうのではと思った。

「ううん」

希は首を振る。

「男の人はね、苦手なんよ」

希の口元がわずかに動いた。笑っているようだ。彼女はゆっくりと手を伸ばす。胸を張って背伸びをする。そして、ぽつりと言った。

「好きなん? ウチのこと?」

「え、ええ……」

せめて堂々としていよう。強がりな私が、意地を張っていた。こちらを見つめる希は、それを見透かしているようにも思えた。
希の頬にたらりと汗が流れる。私は喉を鳴らした。

「ありがとう、えりち。付き合おっか」

包み込むような笑顔に、私は思わず安堵の溜息をもらす。

「ふふ‥…緊張してたん?」

「当たり前でしょ……」

「頑張ったんやね。ありがと」

「もうなによ、それ」


私と希は、そんな風にごく平凡なスタートを切った。

004

続きを読む

八幡「俺に合気道を教えてくれ」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/31(土) 14:07:46.28 ID:BFsGBW7q0


ドシーン


八幡「イテテテ」

雪乃「今日はこの位にしましょうか」

八幡「もう少しだと思ったのに...」

雪乃「まだ力に頼ってるところがあるからよ」

雪乃「それでも始めたころよりは上達してると思うわ」


八幡(突然ながら俺は雪乃と付き合うことになった)

八幡(それも雪乃からの告白によってだ)

八幡(俺は過去の黒歴史やトラウマでこういった告白は信じない)

八幡(それでも雪乃は嘘はつかないし憧れの存在でもあった、だから俺もその告白に応えた)

八幡(今では名前で呼び合うようになり、ちょっとしたバカップルとも言える)

八幡(そんな俺は雪乃から合気道を習っている)

八幡(その経緯は少し前に遡る...)


――――――
――――
――

002

続きを読む

花陽「ラブライブ! μ's広報部」


1: ◆hjwFaAU9TE 2014/04/07(月) 22:37:16.49 ID:+2/Q7XP9o

~広報部~


海未「皆の鼓膜射ち抜いちゃうぞー♪ ラブアローシュートーッ☆☆」

花陽「わぁぁ可愛いぃー!! パチパチパチパチー」

凛「新レギュラーはなんとなんと海未ちゃーん!!」

海未「っていきなり何やらせるんですか!? 前にも言いましたが二人はもっと真面目に取り組んでください!!」

海未「それに鼓膜を破ってしまったらもうこの放送を聴いてもらう事が出来なくなってしまいます」

凛「絵里ちゃんより頭固くて厳しそうだにゃぁぁ…」

海未「聞こえてますよ? 凛」

花陽「絵里ちゃんって厳しかったっけ…? そんな事なかったような…」


海未「ではまず初めに、この『μ's広報部』は私達……海未」

凛「凛!」

花陽「ぱなぁっ!」

海未「…による広報部系ラジオという名の…言ってしまえば【安価スレ】です。何をしているかは過去の放送を聴いて貰えればわかりやすいでしょう。時間の都合もありますのでこの場では割愛させて頂きます」

凛「ここで注意点がひとーつ!」

花陽「この広報部は不定期で放送されるんですけど…必ず放送する曜日が存在します! それは…日曜日ですっ!!」

凛「日曜日といえばー?」

海未「ラブライブ! TVアニメ二期……でしょうか?」

花陽「正解ですっ…! なので日曜の放送はネタバレの宝庫!! 最速でアニメ放送を観られない人はご注意お願いします!! 花陽、言いましたからね…! 絶対絶対、言いましたからねっ!!」

海未「それでは、広報部スタートです」

関連作品
にこ「ラブライブ! μ's広報部」 その1
凛「ラブライブ! μ's広報部」

003

続きを読む

雪乃「わ、私の胸を揉んでほしいのだけれど」八幡「……は?」


2: ◆Godo/aoumI 2014/04/23(水) 23:43:01.48 ID:5Ouu1UcOo

――夏休み、千葉村

三浦『ふっ、勝った』ボソッ

雪乃『?』

八幡『……あーあれだ、お前の姉ちゃんを考えれば期待できると思うぞ』

小町『個人差もありますし女の価値はそれだけじゃ決まりませんから大丈夫ですよ! 小町は雪乃さんの味方ですからね!』

雪乃『……?』

雪乃『姉さん、女の価値、個人差……』

雪乃『……!』ハッ

002

続きを読む

八幡「……え?セフレって友達に含まれんの?」


1: ◆Godo/aoumI 2014/04/17(木) 23:29:14.72 ID:6Vq492qfo

八幡「人数? >>3人だな」


005

続きを読む

結衣「ゆきのん助けて!」


2: VIPにかわりましてHIPPERがお送りします 2014/04/26(土) 13:47:29.47 ID:oKsrU71B0




雪乃「由比ヶ浜さん。部室に来ていきなり『助けて』、では”何”を”どう”助ければいいのかわからないわ。それに奉仕部というのは……」

結衣「実は現国の小テストがあったんだけど……その……あんまり点数がよくなくてさ」

雪乃「人の話は最後まで聞くものよ、由比ヶ浜さん。それに小テストというのは授業の理解度を図るものであって、小テストのために勉強するというのは本末転倒だと思うのだけれど」

結衣「それはわかってるんだけど……」チラッ

雪乃「言いたいことがあるなら口にしないと伝わらないわ」

結衣「平塚先生にゴールデンウィーク前のテストで平均を超えないと補習だって言われちゃって……」シュン



001

続きを読む

凛「ラブライブ! μ's広報部」


1: ◆hjwFaAU9TE 2014/03/24(月) 00:32:36.07 ID:Lk7cCoIZo

~広報部~


絵里「ラブライブ!」

凛「μ's広報部ーっ!」

花陽「えりりんぱなぁぁぁぁ!!」


凛「いえーい!! にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃぁぁーー!!」

花陽「第二弾を放送できるなんて夢みたいだよぉぁ!! ハラショー!!」

絵里「私より先に言わないでもらっていいかしら? 花陽」

花陽「あ、絵里ちゃんだぁ!」

凛「絵里ちゃん! 絵里にゃん!」

絵里「こ、このラジオってそういうノリなのね……、了解したわ」

絵里「すぅー…、こほんっ…こほんっ…
あーあー……えー…」

絵里「初めまして、絢瀬絵里でーっす! 皆には賢すぎる生徒会長とか可愛すぎる金髪碧眼ロシアンクォーターとか言われてるスタイル抜群…歌もダンスもコスミック級、月詠みの踊り子エリーチカでーす♪」

凛「……」

花陽「……」

絵里「……ふふっ、そうなることは予想していたわ」

絵里「二人の焦点の定まらない表情は視界に入れないで続けていきます」


絵里「お初にお目にかかる人もそうじゃない人も、にっこにっこにー☆ このラジオ…もといスレは、世界中に今この瞬間も増え続けてるラブライバーの皆を慢性的なにこにー中毒信者にするべく私達…えりりんぱなが全身全霊でラブライブ! の素晴らしさをお伝えしていくものです!」

絵里「何…この台本…?」

花陽「か、簡単に…すごく簡単に説明すると、とにかく花陽達3人でリスナーの方からのお便りを読んだり、色々なコーナー企画でワチャワチャする【安価スレ】です!」

関連作品
にこ「ラブライブ! μ's広報部」 その1

007

続きを読む

京太郎「お菓子作りを極めた結果wwwww」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 23:54:43.44 ID:YFersa/L0
京太郎「洋菓子店を開きました」


005

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ