1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:12:12 ID:sKI/RGbi0
P「あれ?冷蔵庫に入れておいたおにぎりがないぞ?」

美希「あれ?プロデューサーなにしてるの?」モグモグ

P「…美希、俺の昼飯食べたな?」

美希「あ、このおにぎりプロデューサーのだったんだー」モグモグ

P「まったく、仕方のないやつだなぁ」

美希「今度からは気をつけるのー」モグモグ

P「っと、そろそろ営業行かないとな」

美希「いってらっしゃーい」モグモグ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:18:32 ID:sKI/RGbi0
-----
---
--
ガチャッ

P「戻りましたー」

小鳥「お帰りなさい、プロデューサーさん」

P「ただいまです、さてさてカップ麺、カップ麺…」ゴソゴソ

P「あれ?ないぞ?」

貴音「あにゃたひゃま、どうふぁしまふぃたふぁ?」ズルズル

P「…貴音」

貴音「ひゃい」ズルズル

P「お前、俺のカップ麺食べてるだろ」

貴音「にゃんほ、ひょれふぁあにゃひゃひゃまのれひたふぁ」ズルズル

P「何言ってるのかよくわからんが、まぁ仕方ないか」

貴音「ひゅみまひぇん」ズルズル

小鳥「プロデューサーさん!お電話です!」

P「あ、はーい」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:22:04 ID:sKI/RGbi0
-----
---
--

P「なんということでしょう、気づいたら時刻は午前2時」

P「もはや電車は動いていないし、今日はソファーで寝るかな…」

P「おなか空いたけど、それより…眠…い…」

P「Zzzz」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:28:10 ID:sKI/RGbi0
-----
---
--
ガチャッ

春香「おはようございまーす!」

P「おはよう春香」

春香「おはようございますプロデューサーさん!今日も早いですね!」

P「春香もな、体調とか悪くないか?」

春香「はい!大丈夫です」

P「そうか、それならよかった、ところで俺コンb」アイタイネーモー♪

春香「コン?」

P「あぁスマン、あずささんから電話だ、もしもし?」

P「えぇ!?すぐ向かいますんでそこを動かないでください!」

春香「…もしかして」

P「その通りだ、ちょっと行ってくるから留守頼んだぞ!」ダダッ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:36:14 ID:sKI/RGbi0
-----
---
--

P「あずささんを確保してからすぐに別の仕事だからなぁ…」

雪歩「あの、プロデューサー?大丈夫ですか?」

P「ん?あぁ、問題ないぞー」

雪歩「でもなんだか、顔色が悪いです…」

P「そうか?」

雪歩「春香ちゃんが疲れているときには甘いモノって言ってましたから」

雪歩「事務所にお茶菓子としてどら焼きを置いておいたのでよかったら食べてください!」

P「お!ホントか?雪歩は優しいなー」

雪歩「そ、それは、プロデューサーだからで」ボソボソ

P「よーし!着いたぞ、雪歩降りるんだ」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:41:23 ID:sKI/RGbi0
-----
---
--

P「どら焼き♪どら焼き♪」

ガチャッ

P「戻りましたー!」

小鳥「あ、お疲れ様ですプロデューサーさん」モグモグ

P「」

小鳥「プロデューサーさん?」

P「」

小鳥「ど、どうかしましたか?」

P「いえ、ナンデモナイデス」

小鳥「そ、そうですか?」

P「えぇ、全然問題ないです、ハイ」

小鳥「ならいいんですけど、BBSのディレクターさんから企画会議についてお電話来てますよ」

P「あ、ありがとうございます、すぐに連絡しちゃいますね」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:44:07 ID:sKI/RGbi0
-----
---
--

P「ふぅ…ようやく終わった…」

P「四時か…ちょっとコンビニに、」

P「あ、ダメだ、まだ今度の新曲についてやってなかったな」カタカタカタ

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:48:27 ID:sKI/RGbi0
P「よーし、終わった」

P「なんか食べ物ないかなー」フラフラ

P「ないなー、あ、ひまわりの種が少しだけ残ってる」



春香「おはようございまーす」

美希「おはようなのー」

響「はいさーい」

貴音「お早う御座います」


P「おう、クッキーにラーメンにおにぎりにパイナップル、おはよう」ポリポリ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:51:10 ID:sKI/RGbi0
春響美貴「「「!?」」」

P「うんー?どうかしたか?」

春香「プ、プロデューサーさん!?」

美希「・・・目が死んでるの!」

響「ハ、ハム蔵のひまわりの種食べてるぞ…!」

貴音「おいしいのでしょうか」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:54:25 ID:sKI/RGbi0
春香「どうしたんですか!?大丈夫ですか!?」

P「そうだなー、どれから食べようかなー?」

響「なんかヤバイ目でこっちみてるぞ!」

P「やっぱ炭水化物かなー」フラー

美希「コッチ来たの!」

貴音「面妖な…」

春香「ク、クッキーも小麦粉ですよ!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:58:16 ID:sKI/RGbi0
ガチャッ

小鳥「お早うございまーす」

春香「あ、小鳥さん!」

響「ぴよ子逃げるんだ!」

小鳥「へっ?」

P「あ、チキンだ」

小鳥「え?え?何が起きて」ギュッ

P「やっぱ肉だなー」

小鳥「えぇ!?なんで私抱きしめられて!?そんな、みんな見てるのにー!」

P「いただきまーす」

小鳥「嫌!ヤメて!嫌じゃないけど!もっとやってー!!」


ドサッ

小鳥「あれ?プロデューサーさん?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:05:11 ID:sKI/RGbi0
-------
-----
---

律子「まったく、倒れたなんて聞いて驚いたんですからね?」

P「スマン、面目ない…」

春香「おなかが空きすぎて倒れたなんて…最後にご飯食べたのはいつなんですか?」

P「えーっと、3日前の晩飯以来かな?」

響「えぇ!?そんなに食べてないのか!?」

律子「あなたって人は…」

貴音「私ならとっくに倒れていたでしょう…」

雪歩「あの…私のどら焼きは?」

小鳥「ビヨッ!」

律子「…小鳥さん?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:08:34 ID:sKI/RGbi0
ソモソモライキャクヨウノオチャガシナンデスカラウンヌンカンヌン
スイマセン!ゴメンナサイ!

P「でも俺いつ倒れたんだ?仕事終えたところまでは覚えてるんだけど…」

春香「あー…」

美希「死んでたの、目が」

響「まぁ、色々あったぞ…」

貴音「あなた様、ひまわりの種とはどのような味なのですか?」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:11:44 ID:sKI/RGbi0
P「え?ひまわり?」

春香「そ、そうだ!私クッキー焼いてきたので食べてください!」

P「ホントか!もうおなかが空きすぎてヤバかったんだ、助かるよ」

貴音「くっきー…」

春香「今取ってきm」

亜美「兄ちゃーん、なにしてんの→」ボリボリ

真美「あ、はるる~ん!また腕を上げましたなー」ボリボリ

春香「」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:14:52 ID:sKI/RGbi0
春香「そ、それ!プロデューサ用なのにー!!」

亜美「兄ちゃん用?」

真美「兄ちゃんごめーん、真美達で全部食べちゃったYO」

P「」

響「うぎゃー!プロデューサーがまた気絶したぞ!」

雪歩「プ、プロデューサー!!」

春香「プロデュサーさーん!!」





貴音「…美味です」ポリポリ


おわり

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:15:43 ID:sKI/RGbi0
支援アリガトー
ごはん食べ損ねていくとどんどん寂しい気持ちになるよね


P「さて、昼食にするかな」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365952332/)