1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 21:33:45 ID:6SNDwjIX0
P「???? ???????? ?????????? ???????? ??????」

春香「えっ?えっ?」

小鳥「?????????? ???? ???????? ?????????? ???????? ????????」

P「??????????? ??????????????」

小鳥「????? ?????????? ????????」ピヨピヨ

高木「はっはっは、それはたまらんなぁ!」ドッ

P「wwwwww」

高木「結局キミはどうだったのかね?」

P「?????????? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ??????????????????」

高木「ほう……」

小鳥「??????? ?????????? ??????????????????」

P「???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????」スッ

小鳥「!!」

春香「一体……どうなってるの……?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 21:41:07 ID:6SNDwjIX0
春香「あの……社長」

高木「おお、ちょうどいいところに来てくれた」

春香「えっ」

高木「二人とも、私はちょっと天海君に話があるから失礼するよ」

P「???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????」

小鳥「???? ??????? ???????」コトン

高木「なぁに、気にすることはない。大した話じゃないんだ」

P「???? ???? ?????? ???? ???? ???????」ニヤリ

春香「……」

高木「ささ、天海君。社長室に行こうか」

春香「え、はい?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 21:45:37 ID:6SNDwjIX0
社長室

高木「ふぅ……」

春香「社長、ちょっと聞きたいことがあるんですが」

高木「何かね?」

春香「プロデューサーさんと小鳥さん、なに話してたんですか?」

高木「ああ、あの二人かね」

春香「はい。さっきの会話も社長の話以外何言ってるのか全然わからなくて」

高木「そうか……実はさっきの話なんだがね」

春香「はい」ゴクリ

高木「実は私も何言ってるのかよくわからなかった」

春香「えっ」

高木「ぶっちゃけ、ノリで話合わせていただけでもうちんぷんかんぷんだった」

春香「……は?」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 21:49:43 ID:6SNDwjIX0
高木「いやぁ、私も朝事務所に来てみたらビックリしてね」

高木「二人とも何やら訳のわからない言語で談笑していたんだよ」

春香「へえ……朝から何ですね」

高木「うむ。私がきょとんとしていたら二人ともいぶかしげな顔をしながら私にじりじり近づいてくるものだから」

春香「じりじり……」

高木「怖くなって、つい分かってるふりをしてしまったんだ……」

春香「そうだったんですか……私はてっきり自分だけおかしくなったのかと思ってました」

高木「私も最初はそう思ってたんだがね」

<オハヨウゴザイマース

高木「お、誰か来たようだね」

春香「そうですね」

高木「ちょっと様子を見てみよう」

春香「いいんですか?」

高木「まぁ、大丈夫だろう」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 21:57:47 ID:6SNDwjIX0
『おはようございます、プロデューサー』

春香「あ、この声は千早ちゃんだね」

高木「そのようだね」

P『???? ???? ?????? ?????????? ?????????? ???????』

千早『えっ』

小鳥『???? ???? ??????? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』

千早『あの……何言ってるんですか二人とも』

P『……』

小鳥『……』

千早『……?』

P『wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』

小鳥『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ??????????? ???? ?????? ???? ???????? ???????』ガバッ

千早『えっ!ちょっと……何するんですか!!』

P『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????!!???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????!!』タッタッタ

小鳥『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』スッ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:02:13 ID:6SNDwjIX0
春香(なに?何が起こってるの!?)

高木(しっ!よく聞こえない)

シーン

春香「急に静かになりましたね」

高木「ああ」

P『???? ??????? ???????? ?????????? ???????』

小鳥『???? ???? ?????? ?????? ???? ???????? ?????????? ?????????? ???????』

千早『……』

P『……』

千早『?????? ??????? ?????????? ???????』ドッ

P『??????? ?????????? ??????????? ???? ?????????? ?????????? ???????』

小鳥『wwwwwwwwwwwwww』

春香(伝染った!?)

高木「いったいどうなっているんだ……」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:07:27 ID:6SNDwjIX0
春香「あれから三人でしゃべりまくってますね」

高木「ああ、時折大爆笑しているようだが……」

<オハヨウゴザイマス

春香「あ、また誰か来たみたいですよ」

高木「むぅ……四条君のようだね」

貴音『おはようございます、皆様』

P『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』

千早『???? ???????』

貴音『あっ……これは失礼』

貴音『?? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』

小鳥『???? ???? ?????? ???????』

春香「えっ」

高木「ナチュラルに対応した……だと……?」

貴音『???? ???? ???? ?????????? ???????』

P『?????? ???? ???????? ?????????? ???????』ゲラゲラ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:15:46 ID:6SNDwjIX0
高木「一体……何が起こっているというのだ……」

春香「もう訳が分からないよ……」

コンコン

高木「!?」

春香「ひっ!」

P『???? ???? ?????? ???? ???????? ???????』ガチャガチャ

春香「なっ……」

高木「ああ!気にしないでおいてくれたまえ!もうしばらく時間がかかりそうなんだ!」

P「……」

P『wwwwwwwwwwwwwww』

小鳥『wwwwwwwwwwwwwwww』

シーン

春香「……ふぅ」ゴクリ

高木「上手くかわせたようだね、全く……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:22:42 ID:6SNDwjIX0
春香「どうしよう……二人とも私たちのこと怪しんでる……」

高木「そうだね。このままこもっているわけにもいかないし……」

<ハイサーイ

春香「あ、響ちゃんが来た」

高木「よし、また様子を見てみよう」

春香「またですか?」

高木「今度は声だけじゃなく、ドアの外の様子も見てみよう」

春香「大丈夫ですか?そんなことして」

高木「大丈夫だろう。ちょっとだけドアを開けて隙間から覗くだけだから」

春香「でっでも……」

高木「天海君も気になるだろう?」

春香「それは……そうですけど」

高木「ちょっとだけ……ちょっとだけ……」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:30:04 ID:6SNDwjIX0
響『ハイサーイ』

P『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』

響『えっ何言ってるんだプロデューサー』

千早『???? ???? ?????????? ???????』ジリジリ

小鳥『 ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』ジリジリ

響『なにこれ?貴音!新しい遊び?』

貴音『……』ジリジリ

響『ちょっ……皆真顔で近寄るなよ。なんか怖いよ……』

P『??? ?????????? ???????』ダッ

響『うわぁっ!なっ!なっ!』

小鳥『wwwwwwwwwwwww』

千早『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』ブンブン

響『た、貴音……見てないで助けてよ!なんか皆様子が変だぞ!』

貴音『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』チクッ

響『ほわああああぁぁぁぁああっ♡』ビクビクブルン

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:36:51 ID:6SNDwjIX0
春香(どうなってるんですか社長!)

高木(だめだ……この角度だと我那覇君が押し倒されてからどうなったかよく見えん)

春香(貴音さんも、一緒になって何やってるんだろう)

高木(あっ!我那覇君が起き上がったぞ)

響『……』

P『……』グッ

響『???? ???ha? ????i?? ???? ??sa?????? ????i?????? ???????』

春香(まだ方言が抜けきってない!)

高木(恐るべし……琉球王国……!!)

貴音『……』チクッ

響『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ??????? ♡♡』

P『wwwwwwwwwwwwww』

響『?? ?????? ???? ???????? ?????????? ??????????? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』ドッ

高木(やはりダメか……)

春香(そんな……響ちゃんまで……)

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:47:35 ID:6SNDwjIX0
貴音『……』チラッ

春香「!!」ビクッ

高木「いかん!」

バタン

春香「目が合っちゃった!どうしよう」

高木「…完全にこちらに気付いたようだが」

ドンドン!

春香「ひっ!」

高木「南無三……」

P『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』ドンドン

小鳥『?? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????』ガチャガチャ

春香「やめてっ!もうやめてよぉ!!」

高木「まだ天海君と話している途中なんだ!放っておいてくれ!」

P『』ドンドン

小鳥『』ガチャガチャ

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 22:52:22 ID:6SNDwjIX0
春香「もういやだよ……こんなの……」

高木「タモリみたいに適当な外国語っぽいウソ言語で誤魔化すのはどうか?」

春香「そんなので上手くいくわけないじゃないですか!」

貴音『お二人とも』

春香「!!」

高木「!?」

貴音『お二人とも、どうかこのドアを開けてください』

高木「なっ……何故かね!?」

貴音『……大丈夫です。大丈夫ですから』

春香「全然大丈夫じゃないですよ!」

ドンッ

春香「ひぃっ」

貴音『???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????!!』

千早『……』

響『wwwwwwwwwwww』

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 23:02:37 ID:6SNDwjIX0
バリーン

高木「なっ!?」

プロデューサーはドアのガラスをぶち破り、血まみれになった手で鍵を無理やり開けた

P「???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????」

貴音「少々手間がかかってしまいましたね……」

P「????? ???? ???????? ?????????? ???????」

貴音「ええ、この際構いません。多少乱暴な手段ではありますが」

春香「ねぇ!なんなの!?これなんなの貴音さん!」

貴音「? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????」

春香「……また、その言葉」

貴音「つまりそういうことなのです」

高木「全くちんぷんかんぷんなんだが!」

小鳥「???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????」ダッ

響「wwwwwwwww? ???????? ?????????? ???????」ガツッ

春香「きゃあっ!」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 23:13:44 ID:6SNDwjIX0
貴音「さぁ……???? ???? ?????? ???? ???????? ?????????? ???????」

春香「いや……いや……」

高木「放せ!放すんだ!!」

P「?? ?????? ???? ???????? ????」

春香(そう……これは夢なんだ……悪い夢なんだよ……)

春香(目が覚めたら事務所へ行って、プロデューサーさんと打ち合わせして)

春香(それから……それから……)

高木「ほわああああぁぁぁぁあああ♡」

春香(もう……どうなってもいいや……)

貴音「天海春香……」

春香「もう、好きにしてください……どうせ夢だから……」

千早「春香……」

春香「千早ちゃん!?」

千早「うう……」

春香「千早ちゃん!千早ちゃん!しっかりして!!」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 23:19:20 ID:6SNDwjIX0
小鳥「?? ?????? ???? ???????? ????」スッ

千早「うっ」ビクン

春香「千早ちゃぁん!!」

高木「……」ムクリ

貴音「?? ?????? ???? ???????? ????」

高木「???? ??????」ニヤリ

春香「社長……社長まで……そんな……」

千早「???? ???????? ????????」

春香「あはっ……そうか、そうなんだ」

千早「……」

春香「もう好きにしちゃって!千早ちゃん」

ズプリ

春香「きゃうんっ♡」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 23:29:38 ID:6SNDwjIX0
ブロロロロロロロ

ラーメン屋「ちわーす。来々軒でーす」

ガチャ

春香「???? ???????? ????????」ニコリ

ラーメン屋「えっ?」

P「??????? ???????????? ???????? ????????」

ラーメン屋「えっと……ラーメン7人前お持ちしましたけど……」

貴音「ありがとうございます」

ラーメン屋「お代が……3760円ですね」

貴音「はい、確かに」

ラーメン屋「あの……ちょっといいスか?」

貴音「はい、何でしょう」

ラーメン屋「あの人たち、何喋ってんすか?」

貴音「それはですね……???? ???????? ????????」スッ

ラーメン屋「おほほほぉぉおおおっ♡」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 23:32:46 ID:6SNDwjIX0
貴音の「人類総ラーメン星人化計画」は、まだその小さな一歩を踏み出したばかりだ……!!


完!!

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01 23:37:03 ID:6SNDwjIX0
タイ語打ち込んだらこんなことになった

不条理SSが書きたかった。反省はしている。でも後悔はしていない

皆お疲れ


P「???? ???????? ??????????」春香「……は?」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367411625/)