1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 00:32:17 ID:pVeySUdc0
亜美「そういえばまだ探ってなかったかも」

真美「っしょ→!だから、この機会に…」

亜美「んっふっふ→!さすが真美!名案だねぇ」

伊織「またあんた達、そんなことして知らないわよ」

009

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 00:33:02 ID:pVeySUdc0
響「なんだ?どうかしたのか伊織ー?」

やよい「またイタズラですかー?」

亜美「いやだなあイタズラだなんて!」

真美「家宅捜索っしょ!」

伊織「まったく…」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 00:36:50 ID:pVeySUdc0
亜美「では早速…」

響「ピヨ子の机かー?そんな面白いもの入ってないと思うけどなあ」

やよい「小鳥さん真面目だから綺麗にしてそうですー!」

真美「確かに…整頓はされてるねぇ」

亜美「ん……、真美、ここだけなんか鍵かかってるんだけど」

真美「むむ…匂う、匂うぞ!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 00:40:16 ID:pVeySUdc0
亜美「でもこれじゃあ開けられないっしょ」

やよい「小鳥さん机の鍵なら、確かに左の引き出しの奥に入ってましたー」

伊織「や、やよい!あんた何でそんなこと知ってんのよ!」

やよい「えー、この前お掃除してたとき偶然見つけただけだよー」

亜美「さすがはやよいっち」

真美「お、鍵はっけーん!!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 00:43:42 ID:pVeySUdc0
亜美「ふふふふ……では、早速」

伊織「あ、あんた達本当に開けるの?」

真美「伊織…ここまで来たら後戻りできないっしょ」

やよい「でも小鳥さんのそこの引き出し、ちょっと興味あるかなーって」

響「確かに、ピヨ子なんだかあの引き出しに隠してるようだったぞ」

亜美「ほほーう」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 00:48:28 ID:pVeySUdc0
真美「ではでは!ご開帳!」

ガラッ

真美「えっ」

響「な、なんだこれは…」プニプニ

やよい「カラフルな棒…?」

伊織「……何よこれ」

亜美「亀の頭みたいな」ペチペチ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 00:54:31 ID:pVeySUdc0
真美「あれだよあれ!肩をマッサージする奴!」

亜美「おおー!確かに!」クネクネ

響「本当だぞ!スイッチ入れたら動きだしたぞ!」ヴヴヴヴヴ

やよい「かわいいですー!」ヴィーン

伊織「でもこれ肩に当てても全然ほぐされないわよ」クネー

真美「あれ、本当だ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:01:41 ID:pVeySUdc0
亜美「えーじゃあ何なのさこれ」ウィーン

響「んー、あっ!これ動物達と遊ぶための道具じゃないか!」

やよい「あー、言われてみれば」サワサワ

伊織「こんなの食らいつく動物なんているかしら。大体、一番動物に詳しい響はこれ見たことあるわけ?」

響「いや…、色んなペットショップに行ったけど、見たことないぞ」

亜美「んー…謎の棒ですな」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:05:40 ID:pVeySUdc0
ガチャ

千早「おはようございます…、あらプロデューサーは…」

亜美「あっ、千早お姉ちゃんおっはー」

千早「あら、あなた達おは…………何持ってるの、それ」

真美「何かね、ピヨちゃんの机から出てきた謎の棒だよ」

千早「あなた達……、よく聞いて、その棒を今すぐ元あった場所に戻すのよ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:13:32 ID:pVeySUdc0
響「ん?千早はこの棒どうやって使うのか知ってるのか?」ヴヴヴヴヴ

千早「それはどうでもいいの、だから我那覇さん、すぐにスイッチを切ってしまいなさい」

やよい「でもかわいいですー」クネクネ

千早「高槻さんも!」

真美「……もしかして千早お姉ちゃん、これが怖いの?」

千早「そうじゃなくて早くそれを…」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:22:47 ID:pVeySUdc0
亜美「……」スッ

千早「…!」ビクッ

真美「……」スッ

千早「…っ!ちょっ…」ビクッッ

亜美真美「んっふっふ~!!」

クネクネヴヴヴヴヴ

千早「いやっ!……っ!…あああ…っ!!」ビクッビクッ

やよい「うっうー!なるほどあれはああやって使うものなんですねー!」

伊織「…割と外れでもない気がしないわね…」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:28:52 ID:pVeySUdc0
響「あーあ、亜美真美がやり過ぎたせいで千早失神しちゃったぞ」

千早「」

亜美「あちゃー」

真美「けど幸せそうな顔で眠ってるよ」


ガチャ

美希「おはようなのー」

やよい「あ、美希さんおはようございますー!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:42:01 ID:pVeySUdc0
美希「やよいおはようなのー!…って、そのやよいが持ってる紫色のものは何なの?」

やよい「それが何なのか分からないんですー。美希さんは何だと思います?」

美希「亀さんみたいなの」

響「電源を入れると動くんだぞ」ヴヴヴヴヴ

美希「あはっ!キモかわいいの!」ヴィーン

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:47:16 ID:pVeySUdc0
伊織「で、美希は何だと思うの?」

美希「これは多分、よく眠る為の道具なの」

亜美「ん?どういうことミキミキ?」

美希「これを抱えて寝ると…、ほら、振動で気持ちいいの」ヴヴヴヴヴ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:51:11 ID:pVeySUdc0
真美「んー、分からないこともないけど…」

響「それはさすがに…って」

美希「Zzz…」ヴヴヴヴヴ

伊織「もう寝てるわ…」

やよい「いつもの美希さんより気持ちよさそうに寝てますー…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 01:56:15 ID:pVeySUdc0
ガチャ

貴音「おはようございます…」

響「お、貴音!おはようだぞ!」

貴音「響、今日も元気なようで………、しかしその手に持ちたる棒は、一体何なのでしょうか?」

響「それが分からないんだけど…。貴音は分かる?」ウネウネ

貴音「はて…面妖な…。さいりうむなどではないのでしょうか?」

響「確かに、ちょっと似てるかも」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:00:19 ID:pVeySUdc0
亜美「おっ、さっきの引き出しの中探してたら光る奴もあったよー!」

貴音「…しかし何と面妖な光…」

伊織「なんか変な色ね」

響「っていうか、サイリウムにしては重いしバラバラだぞ」

伊織「うねる必要もないわよ」

貴音「ふむ…ならばこの面妖なる棒は一体…」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:04:56 ID:pVeySUdc0
ガチャ

律子「ただいま戻りました!」

あずさ「戻りました~」

亜美「げっ!律ちゃん!」

真美「やばっ!」

律子「こらー!何が『げっ!律ちゃん』よ!」

律子「どうせまたあんた達やましいことでも……………ってきゃああ!!あんた達……それ……」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:07:43 ID:pVeySUdc0
亜美「へっへー!いいでしょー、このクネクネ棒!!こっちがヴヴヴ棒!」クネクネ

真美「ピヨちゃんの机から見つけたんだよー!」ヴヴヴ

あずさ「あら~…」

やよい「律子さん、これなんだか分かります?」

律子「あ、あんた達…なんてものを……」

あずさ「それはねやよいちゃん。電源を入れてお股の辺りに…」

律子「ちょ、ちょっとあずささん!!!!!」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:09:34 ID:pVeySUdc0
やよい「え?お股の辺りですか?」

響「こうか…?…………あっ……///」ビクン

貴音「め、面妖な…///」ビクッ

あずさ「あら~」

律子「と、とにかく今すぐそれを離しなさい!!」

亜美「わー!もっとでかい棒も出て来たよー!」ガサゴソ

律子「亜美!真美!!」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:16:04 ID:pVeySUdc0
ガチャ

P「ただいまー」

小鳥「ただいま戻りましたー………、えっ」

P「えっ」

亜美「これも電源入れたら動いたよー」

伊織「ち、ちょっとあんた達…」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:19:16 ID:pVeySUdc0
律子「こらー!」

あずさ「あらあら~」

響「…………あっ…………ん…………////」ヴヴヴ

貴音「面妖……な…………///」ヴィーン

やよい「どうかしたんですかー?二人とも?」

P「」

小鳥「」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:21:41 ID:pVeySUdc0
律子「あっ、プロデューサー!これは…」

小鳥「なんで……そんな……」

P「概ねの状況は把握しました……」

亜美「あっ!ピヨちゃんだ!」

真美「ねぇピヨちゃん、これどうやって使うの?」クネクネ

小鳥「しししししし知らないわよ真美ちゃん!!!」

真美「えーでもピヨちゃんの机から見つけたんだよ?」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 02:24:37 ID:pVeySUdc0
小鳥「ピヨオオオ……」

P「音無さん…、久しぶりにキレちまいました、屋上へ行きましょう」

小鳥「そんはでも……プロデューサーさん……」ガクブル

真美「そうだ!次のライブのとき、サイリウムの代わりにこれ配れば大盛り上がり間違いなしっしょ!!」

亜美「これは名案かも!」

律子「亜美真美ッッ!!」

響「ハム蔵…イヌ美…ネコ吉…みんな…ごめんね……」ハアハア

貴音「里の皆………私は……私はもう…………」ハアハア


終われ


亜美「ピヨちゃんの机?」真美「そう!」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370705537/)