1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:33:50 ID:Izombf9j0
食蜂「不幸だわぁ」

食蜂「半年近く働くけど、まだ1万ヘルしかたまらないしぃ」

食蜂「それに暗黒議会で個性(魔ビリティ)を、エトナ様に奪われてぇ……」

食蜂「はぁ――。学園都市に帰れるかしらぁ」

no title

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:35:04 ID:Izombf9j0
食蜂「不幸だわぁ」

食蜂「半年近く働くけど、まだ1万ヘルしかたまらないしぃ」

食蜂「それに暗黒議会で個性(魔ビリティ)を、エトナ様に奪われてぇ……」

食蜂「はぁ――。学園都市に帰れるかしらぁ」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:36:04 ID:Izombf9j0
ネーム:食蜂操祈
CLASS:女子中学生……?
LV:60

装備
○ピュアスティック
○常盤台中の制服
○運動靴
○コスプレ用ネコミミ

特殊技
○魔法少女みさきち:ピュアピンクに変身して星属性の攻撃をする

魔ビリティ
○魔神の配下:エトナと隣接した際、パラメーターが25%アップ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:37:01 ID:Izombf9j0
食蜂「でも、クヨクヨはしてられないわぁ。とりあえず働いて1億ヘルを貯めないとダメねぇ」

食蜂「それで「心理掌握」ほ取り返さないと、学園都市に帰っても常盤台には居られなくなるしぃ」

食蜂「とりあえず>>8をするわぁ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:44:34 ID:Buz2H/2DP
ネコミミのアイテム界に入る

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:47:22 ID:Izombf9j0
食蜂「――それじゃあ、コスプレ用ネコミミのアイテム海に入ろうかしらぁ」

食蜂「でもぉ、一人だと不安だから、誰か連れて行きたいわねぇ」

食蜂「あそこにいるのは……」

>>11

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:49:24 ID:UJ/IIJfY0
ショウグン

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 01:59:53 ID:Izombf9j0
食蜂「あのぉ、アイテム界に行きたいんですけど、付いて行って貰っていいですかぁ?」

ショウグン「ええ、構いません」

ショウグン「確かエトナ様の部下の、食蜂さんでしたね」

食蜂「そうよぉ。宜しくねぇ」

食蜂(ネコミミはアイテムの中でも高ランクだからぁ、もうちょっと人を増やそうかしらぁ)

>>13
>>14

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:02:20 ID:Buz2H/2DP
アクターレ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:07:41 ID:DOEbm/vH0
ネコマタ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:09:46 ID:Izombf9j0
食蜂(あの人なんてどうかしらぁ)

食蜂「あのぉ、すみません」

アクターレ「ん? ああ、スーパーダークヒーローのサインが欲しいのかい?」

食蜂「いらないわぁ。アイテム海に行きたいんだけどぉ、付いてきてくれないかしらぁ」

アクターレ(はっはは~ん。さては照れてるんだな)

食蜂(能力が奪われて心が読めないけどぉ、絶対に勘違いしてるわねぇ)

アクターレ「よぉし、付いていってやるぞ」

食蜂「……ありがとうぅ」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:19:22 ID:Izombf9j0
ネコマタ「ネ~~~コ~~~ネ~~~コ~~~波」ドゥゥゥゥゥゥゥン

食蜂「ちょっといいかしらぁ」

ネコマタ「なにかようかニャ」

食蜂「アイテム海に行きたいんだけどぉ、一緒に付いて行って貰えないかしらぁ」

ネコマタ「いいけど、対価は何かニャ?」

食蜂「イワシでどうぉ?」

ネコマタ「うぅん、まっ良いかニャ。宜しくお願いするニャ」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:22:24 ID:Izombf9j0
食蜂(とりあえず、ショウグンさん、アクターレさん、ネコマタさんが集まったわぁ)

アイテム海屋「アイテム海へ行く?」

食蜂「ええ、行くわぁ」

アイテム海屋「コスプレ用ネコミミのアイテム海だね。デールを渡しておくから、危なくなったら使って」

アイテム海屋「それじゃあ頑張ってね」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:29:51 ID:Izombf9j0
同時刻 魔王城、中庭

エトナ「そこのチート屋」

チート屋「は、はい。なんですかー」

エトナ「なんか暴れたいから、修羅モードMAXにしておいて」

チート屋「分かりましたー。――最近、エトナ様ご機嫌ですね。なにかいい事がありましたか?」

エトナ「別にないわよ」

エトナ「……さて、プリニー界に行ってプリニー共相手に暴れてこようかしら」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:36:43 ID:Izombf9j0
アイテム海:第1海層

食蜂(なんなのぉ。敵が強すぎるわぁ)

ショウグン「飛天無双斬:!!」

アクターレ「ラブダイナマイツT」

ネコマタ「ニャンコ百烈拳」

敵 TOTAL DAMAGE 980

食蜂(このままだと、全滅は必死だわぁ。デールを使おうかしらぁ)


>>21

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 02:56:05 ID:1xmZl1zK0
使う

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:08:41 ID:Izombf9j0
魔王城

食蜂「ハァハァ――。ごめんなさいねぇ。予想外に敵が強かったわぁ」

ショウグン「コチラこそ申し訳ありません。お役に立てませんでした」

アクターレ「スーパーダークヒーローのこのオレ様が……」

アクターレ「お詫びにオレ様のサインをしてあげるぜ」

食蜂「あ、ありがとう……?」

食蜂(学園都市に帰ったらぁ、御坂さんにでもあげるとするわぁ)

食蜂はスーパーダークヒーローのサイン色紙を手に入れた!(売値1ヘル)

ネコマタ「役に立てなかったし、イワシはまた今度で良いニャ」


ショウグン、アクターレ、ネコマタは解散した

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:13:38 ID:Izombf9j0
プリニー「大変ッス。大変ッス。また魔王の座を狙っている者が、魔界に現れたッス」

食蜂(……本当かしらぁ。私の時も、それで誤解されてぇ、今は大変な目に合ってるしぃ)

ラハール「ほう。面白い――。どれほどの相手か確かめてやる」

ラハール「行くぞ。エトナ、フロン、シシリー」

フロン「ラハールさん。エトナさんは、プリニー界で暴れているようなので、今はいませんよ」

ラハール「む……。よし、ならば、代わりにお前がついてこい」

食蜂「わ、わたしぃ?」

ラハール「そうだ。お前にオレ様の強さを見せてやる」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:17:03 ID:Izombf9j0
ラハール「それで、魔王の座を狙っているのは、どんなヤツだ」

プリニー「それはッスね」


>>26

1.黒髪のツンツン頭の少年

2.ビリビリと音を立てる少女

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:24:49 ID:Buz2H/2DP
1

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:34:21 ID:Izombf9j0
上条「不幸だ……。スーパーの特売日に、急いでたら道に迷って、変な生き物がいる場所に迷いこむし!」

ラハール「ほぅ、貴様か……。魔王の座を狙う愚か者は」

上条「――え? いやいや、上条さんは魔王の座になんて興味ないことですよ?」

ラハール「ハァーッハッハッハッハッ!! そんな嘘で、オレ様が騙されると思っているのか!」

ラハール「速攻で形を付けてやる」

ラハール「魔王玉!!」

上条「……ッ。幻想殺し」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:42:19 ID:Izombf9j0
ラハール「……むっ。オレ様の魔王玉を打ち消した?」

フロン「すごいですね~。どうやったんでしょう?」

シシリー「うん。魔王の座を狙っているのは伊達じゃないんだね」

ラハール「クックックッ。面白い! なら、メテオインパクト改はどうだ」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:49:36 ID:Izombf9j0
食蜂「あのぉ、ちょっと待ってほしいわぁ」

ラハール「――む。なんだ」

食蜂「その人、私の知り合いなのぉ。絶対に魔王の座を狙うタイプじゃないわぁ」

ラハール「……」

フロン「あのー、もしかしてお二人って恋人なんですか?」

食蜂「ふ、ふぇ。こ、恋人ぉ――。上条さんと/////」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 03:57:06 ID:Izombf9j0
シシリー(うわぁぁ、食蜂さん。顔を真っ赤にしてるよ)

フロン(愛。愛ですね!!)

上条「? そこにいるのは、御坂の同級生の、確か食蜂……食蜂操祈、だっけ」

食蜂「――。コホンッ。そ、そうよぉ」

食蜂「ここは学園都市じゃなくて魔界なのよぉ」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 04:00:01 ID:Izombf9j0
上条「マカイ……。えっと、それは悪魔の魔に、世界の界と書くのか?」

食蜂「そうよぉ。で、コッチの子が魔界を治める魔王。ラハールさんよぉ」

上条「――魔界に来て、最初から魔王に攻撃されるって。不幸だ――」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 04:05:46 ID:Izombf9j0
フロン「とりあえず魔王城に帰りませんか? 立ち話もなんですし」

シシリー「そうだね」

ラハール「プリニー達め。いい加減な情報を持って来おって――」

食蜂「それじゃあ、行きましょうか。上条さん」

上条「あ、ああ」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 04:14:03 ID:Izombf9j0
ネーム:上条当麻
CLASS:主人公(ヒーロー)
LV:100

装備
○なし
○学生服
○シューズ
○お守り

特殊技
○その幻想をぶち殺す!!:敵ユニットの魔ビリティや魔法の能力補正、ジオ効果など無効化しての通常攻撃

魔ビリティ
○幻想殺し:自分に向けられた特殊技を無効とする(回復等も含む)


食蜂「安価で魔王城生活」エトナ「ま、せいぜい頑張りなさい」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371054830/)