1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 05:18:27 ID:tltArz9P0
エトナ「間違いありませんよ、殿下。プリニー隊の報告通りです」

エトナ「金髪、目に星マーク、服の上から分かるぐらいの巨乳……巨乳……キョニュウ……」

エトナ「――クッ。わたしと互角、もしかしたら、上回ってるかもしれないわね」(自分の胸を掴みながら)

エトナ「殿下~、気に入らないでさくっとやっちゃいましょう」

no title
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 05:27:00 ID:tltArz9P0
食蜂「な、なによぉ。って、ここは何処なのぉ? 学園都市じゃないの?」

フロン「ここは魔界ですよ」

シシリー「学園都市って聞いたこと無いけど、この人も時空の歪に入ってきちゃったのかな?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 05:38:04 ID:tltArz9P0
ラハール「ふん。プリニー達の情報は当てにならん事が多いが、今回は当たりようだな」

エトナ「さっさと殺って、その辺りにいる魔獣のエサにしちゃいましょうよ」

食蜂「ま、魔獣のエサ!?」ビクビク

フロン「ちょっとエトナさん!! あんまりですよ! あの人、困ってるじゃないですか」

エトナ「あのさ、フロンちゃん。フロンちゃんが好きな戦隊物とかでさ、目に星マークとかあるヤツって、良い人いるの?」

フロン「…………ラハールさん。彼女は悪人の可能性が高いです」


食蜂「うぅぅ、目に星マークってチャームポイントじゃない。それだけで悪者扱いって酷いわぁ」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 05:48:37 ID:tltArz9P0
プリニー「食蜂さまをお守りするッス」

プリニー「貧乳魔神とはおさらばッス。これから宜しくお願いするッスよ」

プリニー「やっぱり仕えるなら凹凸のある女主人がいいッスよね」

プリニー「ぶっちゃけエトナ様やラハール様以外の場所なら、それだけで幸せッス」

食蜂「な、なんで、ペンギンみたいのしか操れないのぉ!!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 05:49:32 ID:tltArz9P0
投稿順を間違えたorz
本当はこっちが先のハズでした



食蜂「でもぉ、そっちがその気なら、コッチにも考えがあるわよぉ」

リモコン、ポチポチポ、ピッピッピッ

ラハール「?」

エトナ「リモコン操作? 何してるのよ」

フロン「テレビでも見るんでしょうかね?」

シシリー「うーん? あれプリちゃん達が……」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 06:04:13 ID:tltArz9P0
ネーム:食蜂操祈
CLASS:超能力者(レベル5)
LV:50

装備
○なし
○テレビのリモコン
○高級バック
○常盤台中の制服

特殊技
○強化しちゃうゾ☆:パラメーターが150%アップ。ただし受けたユニットはターン終了時HPの25%分のダメージを受ける

魔ビリティ
○心理掌握:マップ上にいる自分のレベル以下のユニットを味方中立勢にする
      また暗黒議会で提出された議題は、100%可決される

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 06:13:18 ID:tltArz9P0
ラハール「……ほぅ、貴様。面白い魔ビリティを持っているではないか」

ラハール「敵を自分の思い通りにする能力か――」

ラハール「ハァーッハッハッハッハッ!! だが、その程度のレベルで魔王の座を奪おうなど片腹が痛いッ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 06:21:23 ID:tltArz9P0
エトナ「殿下。盛り上がってる所、悪いですけど、今回は私にさせて下さい」

エトナ「なんか気に喰わないんですよね~。胸とか、胸とか、胸とか。ついでに媚びてるキャラが」

食蜂「貴女は御坂さんみたいな子ねぇ。あまり仲良くなれそうにないわぁ」

エトナ「する気もないでしょう」

食蜂「ないわぁ。でも、このペンギンみたいなのは、貴女の部下なのよねぇ。手を出せるかしらぁ?」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 06:32:25 ID:tltArz9P0
エトナ「余裕ぶってる所悪いんだけどさ。魔界でプリニーで身の周りを固めるとか。その時点で負け確定なのよ」

食蜂「何を言ってるのぉ?」

エトナ「後、そいつら私の悪口を言った時点で死刑確定だから。ねぇ、プリニーィ」バチバチバチ

プリニー「ヒィィィィィッス!!」

食蜂「ちょ、ちょっとぉ。なんで攻撃する準備してるのぉ? 自分の部下を見捨てるつもりぃ」

エトナ「うん♪ と、言うか、反逆した時点で私が死ぬその時まで1ヘルも払ってあげないつもりよ。ずっと飼い殺し確定なんだけど?」


シシリー「プリちゃんが可哀想だよ。ただ操られてるだけなんだよ……」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 06:43:25 ID:tltArz9P0
エトナ「シシリーちゃん。プリニーを甘やかしたらダメよ。アイツら甘やかしたら甘やかした分、無駄に調子に乗るから」

シシリー「で、でも――」

シシリー「あ、そうだ。今度、「生肉チョコバー(魔界幻のスィーツ)」を作ってあげるから、プリちゃん達を許してあげて」

エトナ「……。ちっ、しょうがないわね。1000年タダ働きで勘弁してあげるわよ」

シシリー「あ、それでも1000年もタダ働きなんだね」

フロン(ふふ。なんだかんだ言ってもプリニーさん達の事が大事なんです。「愛」ですね!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 06:52:20 ID:tltArz9P0
エトナ「さぁて、スイーツも手に入った事だし、さっさと終わらせますか。プリニー!」

プリニー(LV9999 HPカンスト)「はいッス!!」


現れたプリニーは、エトナに持ち上げられて、食蜂さんへと投げられましたとさ。

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 07:01:06 ID:tltArz9P0
ラハール「……なんだ。キサマ、魔界の魔王の座には興味ないと言うのだな」

食蜂「グスッ。ないわぁ」

フロン「エトナさん、やり過ぎですよ? 泣いてるじゃないですか」

エトナ「もっと泣かしてもいいんだけど? と、言うかもっと泣かせたい」

食蜂「」ビクビク

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 07:14:13 ID:tltArz9P0
シシリー「お兄ちゃん、この人、学園都市って所に返してあげようよ」

ラハール「……そうだな。ムチムチした女など邪魔だからな」

ラハール「ハァーッハッハッハッハッ!! 特別に元いた場所へ戻してやる。感謝をするのだ!!」

エトナ「殿下ー、タダで帰すなんて甘いですよ。それにソイツは、私の部下を操ったんですから、それなりの罰を受けてもらわないと気が済みません」

シシリー「エトナさん?」

ラハール「――確かにタダで帰すのは、魔王として甘いかもしれん」

ラハール「おい女。名前はなんと言うのだ」

食蜂「食蜂操祈よぉ」

ラハール「食蜂か。よし、魔界で1億ヘルを貯めれば、時空の渡人に頼んで、元の世界に帰してやる」

食蜂「いっ、1億ヘルぅ!」

エトナ「それじゃあ、アンタは私がプリニーと同じ待遇で雇ってあげるから、感謝しなさい」

『食蜂操祈』がエトナの仲間に加わった。

食蜂「あの人の口癖じゃないけど、不幸よぉぉぉ」

END


ラハール「お前が魔王の座を狙っているヤツだな」食蜂「え……?」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370895507/)