1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 00:36:20 ID:JZNl4HNTP
P「泣き顔が見たいんですどうしても!」

P「ひとまず>>3に試してみるか」

P「泣かせる方法は……>>6かな」

006

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 00:37:22 ID:IU7mDs/f0
りつこ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 00:39:36 ID:5r5InxT50
俺と、結婚してください

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 00:55:28 ID:JZNl4HNTP
P「律子なんてどうだろう」

P「んーなんだろうなぁ。ただ泣かせるんじゃ面白くないし……」

P「例えばそうだなぁ、いつもの感じだと手厳しい声で怒鳴られる俺は疎まれてるだろうし」

P「となれば、律子が最大限嫌がることでかつ突拍子もないような……そうだ!」

ガチャッ

律子「おはようございます」

P「……あ、律子か」

律子「どうかしましたか?」

P「……」

律子「プロデューサー?」

P「えっ? な、なんか言ったか?」

律子「いえ特には……でも何だか考え込んでいるみたいで」

P「……実は、さ。言わなきゃいけない事があるんだ」

律子「え? 言わなきゃいけない……それ、私にだけでいいんですか?」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:02:34 ID:JZNl4HNTP
P「あぁ。というか俺個人的な話だ。時間平気か?」

律子「え、えぇ。それは大丈夫ですけど」

律子(個人的な話って何よ……こんな事務所に誰もいないときに……って私何考えてるのよ!!)

P(よしよし、目を逸らされているな。このまま暑苦しいほど近寄って最後にはやめてっ!と叫ばせてやろう!)

律子「……で、話というのは」

P「あ、あぁそれなんだが……」

律子「……?」

P「……そ、その律子は。俺のこと……」

律子「え?」

P「お、俺のことどう思う!?」

律子「……へ?」

P「い、いや仮にだ! その……タイプ的な意味でと言うか!」

P(ここで告白する空気を醸し出しておくことで律子の嫌悪感を十分に引き出しておく!)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:05:39 ID:JZNl4HNTP
律子「た、タイプってそんな……」

P「……」

律子「ぅ……」

律子(ど、どうしてそんなに見つめるのよ……というか質問の意図は何? ま、まさかプロデューサー……)

律子(ってそ、そんなわけ無い! 落ち着くのよ私、冷静に、質問にだけ答えるの)

律子「……ま、まあその、嫌いではない、というか」

P「……そうか」

律子「え、い、いやその、どちらかと言えば! どちらかと言えば真ん中寄り……から少しだけ、良いくらい、ですかね!」

P「……うん」

律子(な、なんでそんなにあからさまに残念そうなんですか……)

P(よし……律子の同情を利用して)

P「……律子!!」

律子「えっ!? は、はい」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:07:53 ID:JZNl4HNTP
律子「……」

P「……」

律子(ど、どうしてそんなに見つめ---)

P「……好きだ」

律子「……え?」

P「好きなんだ!!」

律子「あ、いや、あの……プロデュー……」

P「なぁ律子!!」

律子「お、落ち着いてください!! というか、え? ど、どういう……プロデューサー?」

P「……俺は、お前のことが」

律子「……」

P(よし、うまく動揺している。ここからは更に嫌悪感を増幅させる!)

律子(ぷ、プロデューサーが私のことを……? だ、だからってど、どう返事をすれば……)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:09:55 ID:JZNl4HNTP
スッ
P「……」

律子「プロデューサー?」

ガシッ

律子「きゃ……え……?」

P(半ば強引に肩を押さえ込んで、そのまま唇に……)

律子「……い、いやっ!!」

ドンッ

P「……」

律子「ぁ……そ、その……」

P「……ごめん。でも俺は!!」

律子「わ、わかりました!! わかりましたから、その……こういうのは、ちょっと……」

P「律子……でも、俺はもう止められないんだ……」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:12:37 ID:JZNl4HNTP
律子「えっ……」

P「わかってる……今最低なことをしたことくらいわかってる!! でも、ずっと思ってきたことで」

P「……もう、チャンスはこれしかないって思ってる。だから……最低かもしれないけど」

P「……今、律子が手に入るなら……」

律子「プロデューサー……どうしてそんな……」

P「俺にもわからないよ。……律子は、どうなんだ」

P(律子に問う。直接俺を拒否する言葉を口に出してもらう)

P「なぁ、律子……」

律子「プ、プロデューサー……」

P「律子……」

律子「……わ、私は」

P「……」


律子「わ、私も好き! ……です」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:15:03 ID:JZNl4HNTP
P「……え」

律子「はぁ、はぁ……な、なので……その」

律子「……落ち着いて、もらえませんか」

P「あ……あぁ」

律子「……」

P(どういう、ことだ? 律子は今好きと……いや、しかし律子の目にはもう涙が……)

P(きっともう少しなんだ。よし、畳み掛ける)

P「……律子の気持ちは、本当なのか」

律子「……」

P「それなら俺は尚更……」

律子「わからないです」

P「……え?」

律子「その……怖くて……」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:17:31 ID:JZNl4HNTP
律子「頭で理解する前にプロデューサーに……迫られて」

P「……」

律子「今になって、ちょっと怖くなってきちゃいました」

律子「……でも、嫌じゃない、ですよ? うん、それは多分本当です」

P「……なら」

律子「ま、待って!!」

P「律子……」

律子「……ほ、本当にプロデューサーは」

P(このまま襲いかかれば、きっと泣き顔は見られるだろう。となれば……!)

P「……律子」

律子「は、はい」


P「俺と、結婚してください」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:22:16 ID:JZNl4HNTP
律子「…………え?」

P「俺の決意はそれくらい固い。結婚はもう前提なんだ!」

律子「プロ、デューサー……」


ポロッ

P「……おぉ」

律子「……ふふっ、なんですかね、これ。もう、わけわかんないですよ」

律子「こういうのはもっと、順序とかってものが……でも、いいかな」

P「……律子」

律子「あ、あはは! 卑怯ですよ、もう! こんなの……こんなの泣くに決まってるじゃないですか!」

律子「……でも今やっと実感できました。私もプロデューサーのこと……あ、で、でもできればそういうのはもう少し……」

P(律子を泣かせることには成功した)

P(……が、俺はどうすればいい? これを嘘と伝えるべきか? それとも……>>31

コンマ偶数:冗談だったと告げる コンマ奇数:この気持ちが本当だと気付く

31: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/06/26 01:23:00 ID:b1gBaGtB0
結婚コース

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:26:21 ID:JZNl4HNTP
P「いや、律子」

律子「はい?」

P「これは冗談だ」

律子「……はい?」

P「お前のその泣き顔が見たかったんだ。難しいかなとも思ったが」

律子「……」

P「それにしても、どういうわけなんだ? 好き……だとかっていうのは」

P「……まさか俺に対して本気で?」

律子「……あ、あはは!! ちょっとプロデューサー? そんなわけないじゃないですかぁ!」

P「あ、あぁそうだよな! いや、少し驚いたというかな。でもよかったよかっ……」

バタン

P「……律子?」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:28:43 ID:JZNl4HNTP
P「去り際の律子はずっと笑っていたと思ったが」

P「ドアの外で、すすり泣きのような声が聞こえたと思うと」

P「窓の外から見えた律子の顔は明らかにぐしゃぐしゃになっていた」

P「そんなに俺に泣き顔を見せるのが恥ずかしかったのか。でもまあ、見る事には成功したしな」

P「さてと、次のターゲットは>>40

P「理由は>>45にしよう」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:29:13 ID:Ukve52v00

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:31:18 ID:QFwO4/Z+0
事故って危篤という設定

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:36:01 ID:JZNl4HNTP
P「響はいい泣き顔を見せてくれそうだな」

P「んーそうだな、響はもっと純粋に病気とかそっちで泣きを誘うか」

P「来るまで時間があるな。よしよし、少し小道具を……」



ガチャッ

響「はいさーい!! って誰もいないのか?」

響「あれ? こんなところで寝てるのは誰だ? ってプロデュー……え? ど、どうしたんだ!!?」

P「う……」

響「ぷ、プロデューサー!!? す、すっごい血……あ、えっと、こういうときは……」

P「……ひび、き……か?」

響「え? プ、プロデューサー! わかるのか!? 自分、響だぞ!! い、今助けを……」

P「それより、響……聞いてくれないか……」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:39:01 ID:JZNl4HNTP
響「だ、ダメだぞ!! す、すぐ救急車とか、貴音とか、来てくれるから!! あ、あれ? 番号の紙って……」

P「頼む……もう……」

響「プロデューサー……?」

P「はぁ、はぁ……はは、少し……ドジってさ」

響「ドジって……春香でもこんなにならないぞ……」

P「はは、そうだな……でもな、多分もう俺は……助からない」

響「そ、そんな……そんなわけないぞ!! 大丈夫、絶対大丈夫だから!!」

P「待ってくれ……響、頼むよ……」

響「う、うぅ……ぷろでゅうさぁ……」

P「……なんていうんだろうな、死ぬ直前だからか、妙に怖いんだ。一人だと、不安でさ」

P「どの道もう永くは無いだろうし……今から誰かを呼んだところで……」

響「なんで……どうして、プロデューサー……」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:42:29 ID:JZNl4HNTP
P(流石にこのシチュエーションだと、早いか)

P「……事故ってさ。なんとかかんとかここまで戻ってこれたんだけど、気がついたら気を失ってた」

響「……ほ、本当に死んじゃったり……しない、よね?」

P「……」

響「や、やだよ? 自分だけじゃないんだ、きっと皆!! 皆嫌だって言うよ!!」

P「あはは、それは嬉しいな……」

響「嬉しいとかじゃないぞ!! あぁもう、とにかくプロデューサーはもう喋らないで……今助けを……」

prrr

響「誰か……誰か……」

響「プロデューサー? 大丈夫か? すぐ来るから、すぐ……」

響「……プロデューサー?」


響「……ねぇ、プロデューサー? ね、ねぇ!!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:44:24 ID:JZNl4HNTP
P「……びき」

響「よ、よかった! い、今……」

P「……響」

響「え? な、何?」

P「……手」

響「え? あ、う、うん!」

ギュッ

P「……あったかいな」

響「う、うん」

P「……ありがとな、響」

響「ど、どういたし……じゃないぞ!! な、なんで今……そんなこと……」

P「……それと、ごめんな」

響「ごめ……だ、ダメ!! 絶対許さないから!! ねぇ、プロデューサー?」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:46:55 ID:JZNl4HNTP
P「……皆にも、よろしく」

響「プロデュー……」


パタン

響「……ね、ねぇプロデューサー!」

響「ほ、ほら! ねぇ、プロデューサー? 今から電話するから、もう少しだから!!」

響「ね、ねぇってば……! も、もう聞いてるんでしょ? 知ってるんだから!!」

響「プロデューサーは皆のために……だから、皆を悲しませるようなことは……う……」

ジワッ

響「ち、違うぞ!! と、とにかく電話……」


響「……ねぇ」

響「嘘だよね? ねぇ、ねぇ!!! プロデューサー……? プロデューサー!!!」

響「……う、う、うぅ……うわああああああああああん!!!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:51:04 ID:JZNl4HNTP
響「う、うぅ……ぐすっ……ぶろじゅうさぁあ……」

P(あぁ、大粒の涙を流してる響。最低ながら、一層可愛いらしく見えるな)

P(しかしどうしたものか。注意すれば明らかにおかしいところだらけなわけだが)

P(即席の血糊が役に立ったわけだが、本当に救急車に電話されても困るしな)

P「……よいしょ、っと」

響「ぐすっ……え?」

P「あーあー、目を真っ赤にさせて。そんなに悲しかったか?」

響「え、いや、あの……」

P「まあまだ仕事までは時間があるし、大丈夫だとは思うが」

響「……えっと、プロデューサー……?」

P「どうかしたか?」

響「う、う、うわああああああああん!!」

P「おいおい、またどうして」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:54:39 ID:JZNl4HNTP
P(さてと……響にはどう対応すればいいだろうか)

P(まだ状況を把握していない今なら、ごまかしが効く)

P(……>>60が妥当か)

コンマ偶数:嘘だったと告げる コンマ奇数:響を納得させる

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 01:55:01 ID:b08raI+/0
ん?

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:00:35 ID:JZNl4HNTP
響「……ふん!」

P「そんなに怒るほどか?」

響「むー……」

P「わかったわかった、俺が悪かった」

響「酷いぞ! あんな冗談……本当に……う、ぐすっ……」

P「また泣いてるのか?」

響「な、泣いてない!! もうどうしてそんなに泣いてることにこだわるのさ!!」

P「泣いてる響はすごく可愛いからな」

響「かっ!!!? こ、この変態プロデューサー!!!!」



響「……よかった……プロデューサー……えへへ」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:01:53 ID:JZNl4HNTP
P「あれだけ不機嫌そうだったのにあっという間に笑顔になったと思えば照れだしたり」

P「かと思えばまた泣き出して、どうにもわからんやつだ」

P「しかし手応えは十分。この調子で行けば更に素晴らしい泣き顔が!」

P「というわけで次は>>68

P「理由は>>73でどうだろう」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:02:21 ID:b08raI+/0
ゆきぽ

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:03:24 ID:b08raI+/0
余命1ヶ月だと告げる

87: 眠い 2013/06/26 02:18:12 ID:JZNl4HNTP
P「よしよし次は雪歩だ」

P「先の響の反応から、どうやら俺に関することは結構効き目があるというか」

P「まあ確かに仕事のパートナーを失うっていうことはリスクがデカいことではある」

P「響とのリアクションの差に注目だな」

ガチャッ

雪歩「おはようございます」

P「……」

雪歩「あ、プロデューサー」

P「……」

雪歩「えっと、プロデューサー?」

P「うおっ!?」

雪歩「きゃあ!!」

P「あ、す、すまん……雪歩、か」

89: 眠い 2013/06/26 02:19:48 ID:JZNl4HNTP
雪歩「あ、その……すみません」

P「……いや」

雪歩「……えっと、何かあったんですか?」

P「……え? いや、何でもないんだうん」

雪歩「……プロデューサー?」

P「……なぁ雪歩。例えば俺がいなくなったら、どうだ?」

雪歩「え? それは……困ります」

P「それは仕事的な意味か?」

雪歩「も、もちろんそれもそうですけど……」

P「それ以外にもあるのか?」

雪歩「あ、う……でも、どうしてそんなこと聞くんですか……?」

P「……雪歩になら話してもいいか」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:21:52 ID:JZNl4HNTP
雪歩「え?」

P「いずれ話さなきゃいけないことだからな……うん」

雪歩「えっと……」

P「ガンが見つかったんだ」

雪歩「……え?」

P「余命一ヶ月。だから近いうち、ここも辞めなきゃならない」

雪歩「……」

P「……美希なんかに言ったら大変だろう? だからもう少し伏せる予定だが……」

雪歩「……本当、なんですか?」

P「……」

雪歩「……」

P「大丈夫、それまでには使える人間を探して」

雪歩「そういう問題じゃ……! あ……いえ……」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:24:50 ID:JZNl4HNTP
P「……大した問題じゃない。ま、俺もガタが来てたってことだ」

P「営業職のこの仕事で、体を壊すようじゃな。俺の代わりなんていくらでもいる」

P「だからまあ結構お世話になったこの事務所とも後……」

雪歩「……」

P「雪歩?」

雪歩「う、うぅ……」

P「……どうして泣いてるんだ?」

雪歩「……嫌です」

P「ん?」

雪歩「嫌です!! プロデューサー、プロデューサーに居なくなって欲しくないです!!」

雪歩「こんな、ダメダメな私をここまでしてくれたのはプロデューサーで……それだけじゃなくて……とにかく」

P「……気持ちはありがたいが」

雪歩「ガンなんて……なんで、プロデューサー……ぐすっ……」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:28:58 ID:JZNl4HNTP
P(さて、泣きが入った。ここまでは予想の範疇だが)

P(この後の展開が重要だ。さて……)

P(……>>100だろうな)

コンマ偶数:嘘だと告げる コンマ奇数:>>81展開に移行

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:30:22 ID:NVASryC90
はい

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:34:40 ID:JZNl4HNTP
P「実は雪歩。お前に話したのは……もう一つ訳がある」

雪歩「え?」

P「……もうなんていうかさ、ここまでくると笑い話なんだが」

P「雪歩。お前にも悪性の腫瘍……末期のガンが見つかった」

雪歩「…………え?」

P「……結構前に受けた健康診断。実はあれが引っかかってたんだ」

P「それを……いや、まさかとは思ったからな。撮影と称して……お前には秘密で検査をしてた」

雪歩「そう、だったんですか……」

P「……きっとまだ実感はないと思う。でも、ここまでくると不思議だよな」

P「俺と雪歩の余命、寿命は後一ヶ月なんだ」

雪歩「一ヶ月……嘘……」

P「……先まで俺への心配で一杯だっただろう? でも、今はもう……己の立場だ」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:37:33 ID:JZNl4HNTP
雪歩「……」

P「……俺と一緒に死ぬか?」

雪歩「……え?」

P「それとも、どちらがどれだけ永く生きられるか……試すか」

雪歩「……そんな」

P「今のは軽いジョークだが、実際そういう話になる。奇跡でも起きれば……同時なんてこともあるだろうが」

P「……ならもう、今のうちに。なんてこともさ」

雪歩「プロデューサーと、一緒に……」

P「なんて、まだそんなこと言われたって決心できるわけないだろう。俺と違ってまだ若い……若すぎる」

雪歩「……私、今何がなんだか……」

P「それでいいんだよ。今日ゆっくり寝て、また明日くればいい。そのときに考えれば、それでいいんだ」

雪歩「……はい」


雪歩「……私は」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26 02:39:30 ID:JZNl4HNTP
P「何も言わずにそのまま帰した」

P「そして次の日、何も無かったかのように振る舞うと雪歩は困ったような顔をして」

P「もちろん昨日言っていたことは何一つとして真実ではない。だからこそ、雪歩は尚更」

P「きっと悪い夢でも見ていたんだろうと言うと、雪歩は思わず泣き出してしまった」

P「よかった……。なんて呟きながら。しかし夢でなかったとしたなら、雪歩はどういう選択をしていただろうか」


P「アイドルを泣かせる」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372174580/)