1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:35:15 ID:33ldVeUD0
初春「ユッケです!!」

佐天「でりしゃす」モグモグ

初春「馬刺しです!!」

佐天「うましうまし」モグモグ

初春「生レバーです!!」

佐天「どんとこいや」モグモグ

初春「生鶏モモです!!」

佐天「いける」モグモグ

001

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:38:23 ID:33ldVeUD0
初春「すごい! すごいですよ佐天さん!」キラキラ

佐天「そうかなぁ・・・地味じゃない?」モグモグ

初春「れ、レベル1ですから・・・でもす、すごいです!」

佐天「まぁガス代は浮くかもね」

初春「便利な能力だと思いますよ・・・私より。はい生ブタバラ」

佐天「あぶらっこい」モグモグ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:41:52 ID:33ldVeUD0
初春「なんでも食べられるようですね・・・体調はどうですか?」

佐天「うん、今のところは何もないよ。快調快調。おなかいっぱいだけど」

佐天「でもなぁ・・・なんか女の子っぽくない」

初春「うふふ、もりもり食べる佐天さんカワイイですよ」

佐天「も~そんなこと言って、初春のかわいさにはには適わないって~」ガバッ

初春「きゃ! ちょっと佐天さん!」

佐天「きゃわいいなぁ~初春は・・・もう、初春もモグモグ食べちゃうぞ~~」カプ

初春「痛ッ!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:44:49 ID:33ldVeUD0
佐天「え・・・」

初春「耳が・・・ウッ・・・」ポタポタ

佐天「ご、ごめん・・・歯立てたつもりはなかったんだけど・・・うわ、血が・・・」

初春「だ、大丈夫です・・・そんな深い傷じゃ・・・」

佐天「きゅ、救急箱とってくんね! 消毒しなきゃ・・・」ドタドタ

初春「・・・すみません」

佐天(なに・・・なんなのこれ・・・初春の血・・・)

初春(・・・甘い)ペロリ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:48:52 ID:33ldVeUD0
~ 翌日 ~

御坂「え、佐天さん能力者出来たの? おめでどう!」

佐天「あ、ありがとうございます~」

御坂「それでどんな能力なの?」

佐天「はい、生肉が大丈夫なる・・・能力です」

御坂「生肉が?」

佐天「はい、鶏肉とか豚肉とかも生で食べられます」

御坂「・・・ガス代が浮きそうね」

佐天「ハハハ、どうも」

黒子「・・・まさかとは思いますが佐天さん、初春の耳はあなた・・・」

佐天「ふ、ふざけてただけです!!」

御坂「耳? そういえば初春さんは?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:51:22 ID:33ldVeUD0
黒子「授業のあと病院に行ってますわ。耳を怪我したとかで・・・冗談でしたのに」

佐天「ちょっとじゃれすぎちゃって・・・」

美琴「だいじょうぶなの?」

黒子「ええ、軽くすりむいた程度ですとか」

佐天「よかった・・・」

御坂「ひょ、ひょっとして人肉・・・」

佐天「じ、人肉は流石に無理ですって!」

佐天(多分・・・)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:53:55 ID:33ldVeUD0
美琴「まぁ、とにかくおめでとう佐天さん。お祝いをかねてここはおごるわ」

佐天「い、いいですってそんなの!」

美琴「遠慮しないで。いいからいいから」

佐天「み、御坂さんの電撃とか黒子さんのテレポートに比べたらホント地味で・・・」

黒子「それでも能力には変わりありませんわ。前進ですことよ? 素直に喜ぶべきですの」

店員「パフェお待たせしましたー!」

美琴「きたきたー!」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 19:57:20 ID:33ldVeUD0
美琴「ここのパフェすっごく美味しいのよね! さ、食べよ?」

黒子「お姉さまってばあまり糖分ばかり摂取されてはお肉が・・・」ワキワキ

美琴「いいじゃないたまには。うん、おいしー」

黒子「あら、ホントですの。今まで知りませんでしたわ、こんなお店」

佐天「えへへ、それじゃ遠慮なくあやかります」パク

佐天「ウッ!!」

美琴「どしたの佐天さん?」パクパク

黒子「舌でも噛みましたか?」パクパク

佐天「・・・いえ、お、美味しいですね~」ペロ

佐天(・・・・・・げ、下水みたいな味がする)

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:00:31 ID:33ldVeUD0
~ 病院 ~

初春「」ペロ

初春(・・・普通の血の味)

初春(なんで昨日は・・・)

医者「お待たせ~~、傷の方は一週間もすれば自然治癒で治る程度ね」

初春「ありがとうございます・・・」

医者「んで、血液検査の方だけど、こっちも問題なし。献血して欲しいくらいだわ~」

初春「どうも・・・」

初春「・・・糖分とかは?」

医者「ん? なに?」

初春「いえ、なんでもないです・・・」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:02:19 ID:33ldVeUD0
ガタンゴトン

初春「・・・・・・ふぅ、オレンジジュース美味し~~」

初春「昨日のアレは気のせいだったのかな・・・」ピロピロ

初春「あ、佐天さんからメールだ、画像?」

初春「あ~ずるいです! 私のけものにしてお茶して!」

初春「佐天さんがふざけたせいなのにもぉ・・・すぐ行きますからね!!」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:06:42 ID:33ldVeUD0
黒子「であるからしてですね、お姉さまにはもっと慎みある行動を・・・」

美琴「はいはい」ズズズ

佐天(うべ・・・食後の紅茶も・・・ひどい味がする)

黒子「どうしましたの佐天さん? お顔色が優れないようですが・・・」

佐天「あはは、大丈夫です」

美琴「能力の反動とか? 生肉ばっか食べるから・・・」

佐天「か、かもですね~~、ちょっと今日は早めに帰ります・・・」

黒子「あら、初春ももう来ると言ってますのに」

佐天「ごめんなさい、来たら謝ってたって言っといてください! それじゃ!」トタトタ

黒子「様子がおかしいですわね」

美琴「佐天さんのことだから、テンション上がって生肉食べ過ぎたとか?」

黒子「ああ、ありえますわね・・・」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:09:25 ID:33ldVeUD0
佐天(・・・な、なんか妙に嫌な予感がする)ドキドキ

佐天(そういえば昨日、実験で生肉食べてから何も食べてなかったな・・・)

佐天(食べ過ぎてお腹すかなかったし・・・)

佐天「」ピク

佐天「いいにおい~~これたい焼きやさんだぁ~~」フラフラ

佐天「一個買った!」

店員「まいど!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:11:23 ID:33ldVeUD0
佐天「へへへ~~」ホカホカ

佐天「無理してパフェ食べちゃったから口の中二ガニガだよ」

佐天「これはいつも食べてるお店のたい焼きだし大丈夫っしょ!」

佐天「いっただっきま~~」カプッ

佐天「まずッッ!!」ブホォ

店員「」ピク

佐天「」ビクゥ!

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:13:16 ID:33ldVeUD0
佐天「あ、あ~~まずいとは言えないほど美味しいな~~」テクテク

店員「・・・・・・」

佐天「・・・・・・」

たい焼き「」ホカホカ

佐天「」ペロ

佐天「・・・・・・まずい」

佐天「・・・なんで? この前食べたときはあんな美味しかったのに・・・」

佐天「ひょ、ひょっとして、生肉が食べれる能力と関係が・・・」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:16:37 ID:33ldVeUD0
~ 翌日 ~

キンコーンカンコーン

初春「・・・ハッ! 佐天さんの気配!」バッ

佐天「おはよーういはるー」

初春「さ、佐天さん・・・今日はスカートめくらないんですねって・・・」

佐天「おなかすいたー」グー

初春「佐天さん! 血色悪いですよ! ご飯食べてないんですか!」

佐天「なんかみんな美味しくないんだもん・・・」フラフラ

佐天「いろいろ家で調味料試してみたけど全部だめで・・・」シクシク

初春「そ、それまずいんじゃ・・・取り合えずお茶飲みます?」

佐天「のみものもぜんぶだめぇ・・・あ、そういや耳大丈夫? ごめんね?」シクシク

初春「私のことはいいですから!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:18:53 ID:33ldVeUD0
初春「焼きそばパンです!」

佐天「ゴムの味がする」ペッ

初春「コンビニ弁当です!」

佐天「プラスチック風味」ペッ

初春「シュークリームです!」

佐天「腐ってる味・・・」ペッ

初春「どれも買ってきたばかりなんですが・・・」

佐天「おなかすいた・・・」シクシク

初春「わ、私のお弁当の卵焼きです!」

佐天「」ピク

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:21:37 ID:33ldVeUD0
初春「」ゴク

佐天「初春の・・・手作り料理・・・これなら・・・」

佐天「これなら私の初春愛が勝つ!!」グッ

初春「いいから食べてくださいもぉ!」

佐天「いっただっきまぁす!」パク

佐天「・・・・う゛!」

初春「・・・ダメですか?」

佐天「ごめん・・・初春が悪いんじゃ・・・」ウルウル

初春「いえ、大丈夫です佐天さん・・・では、これを」

佐天「これは?」

初春「生合挽きミンチです」

佐天「たべやすい・・・おいし」モグモグ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:25:13 ID:33ldVeUD0
初春「こっちは魚のお刺身です」

佐天「・・・生臭。これむり」

初春「魚はダメなんですか・・・野菜は?」

佐天「ごめんねそれもむり・・・」

初春「本当に生肉しか食べられないようですね・・・」

佐天「どうしよう初春・・・このままじゃ私野生動物だよ・・・」

初春「だ、大丈夫です! 何か方法があるはず! いろんな人に相談してみましょう!」

佐天「ういはる・・・」ウルウル

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:27:24 ID:33ldVeUD0
佐天「初春さすが私の嫁ぇ!」ガバッ

初春「きゃ! ちょっと佐天さん!」

佐天「えへへ初春・・・・・・」

佐天「・・・」

初春「離れてくださいもぉぉ」

佐天「」パッ

初春「わ、とと・・・素直ですね。いい子ですよ」

佐天「う、うん・・・・」

初春「それじゃ、場所を移動しましょうか、研究者のいるところへ行きましょう」

佐天「は~い」

佐天「・・・」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:29:15 ID:33ldVeUD0
佐天(やばい今・・・)

佐天(すっごい初春から美味しそうなニオイが・・・)ジュル

佐天「」ハッ

佐天「にゃにを考えているんだ私は~~~!!」ガリガリガリ

初春「さ、佐天さん? どうしたんです?」

佐天「なんでもないよ? ささ、行こいこ・・・」

『ぎゃぁぁぁ!!!』

初春「!!!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:31:47 ID:33ldVeUD0
男「強盗だぁぁ! 誰か!」

佐天「うわまた物騒な・・・」

初春「待っててください佐天さん! ジャッジメント出動です!」バッ

佐天「ちょちょ、初春! 待ちなさいってぇ!」



強盗「どけぇ! じゃまだ!」

初春「黒子さんもいないしもぉぉ!」

初春「じゃ、ジャッジメントで・・・」

強盗「じゃまだクソガキ!」ドン

初春「きゃぁ!」

佐天「初春!」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:34:31 ID:33ldVeUD0
初春「痛・・・うぐ・・・」

強盗「へ! 弱い癖にしゃしゃり出てくるからだ!」ドカッ

初春「あぅ!」

佐天「初春! 初春ぅ!」

強盗「ああ? なんだ手前も・・・」

佐天「初春に・・・なにすんのよぉ!」ガブッ

強盗「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!」

佐天「」ブチ

強盗「あぁぁぁぁぁあ!! 手が! 手がぁ!!」

佐天「」モグモグ

佐天「・・・!!」

佐天「ガハッ!」ペッ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:37:11 ID:33ldVeUD0
佐天「私・・・私いまなにを・・・」

強盗「手が・・・手の肉を喰われたぁ!」ガクガク

佐天「ちが・・・私は・・・」

強盗「た、助けてくれぇぇ!!」

黒子「ジャッジメントですの!」シュピン

黒子「・・・」

黒子「これはどういう状況ですの? 佐天さん?」

佐天「え、あ、はい・・・」

黒子「その、口周りの血は・・・」

佐天「え、あ・・・・」ペロ

佐天「おいし・・・」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:40:22 ID:33ldVeUD0
~ 佐天さんハウス ~

佐天「」ガタガタガタガタ

佐天「ニンゲンを食べた・・・私ニンゲンを食べた・・・」ガタガタ

佐天「おいしかった」ボソ

佐天「!!」

佐天「にゃあぁぁぁ!!」バリバリ

佐天「はぁ・・・はぁ・・・落ち着こう、水でも飲んで・・・」

佐天「」ゴク

佐天「ニガッ!」ブフッ

佐天「そんな・・・水道水も?」ウルウル

佐天「」グゥゥ

佐天「おなかすいた・・・なんか買いに行こう・・・」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:42:35 ID:33ldVeUD0
佐天「この前は正当防衛が認められたけど・・・気をつけなくちゃ・・・」グゥゥ

佐天「ああ~~、何食べよう・・・でも生肉しか食べられないからなぁ・・・」グゥゥ

佐天「結局、最近満足に食べられてないや・・・」

男「・・・いたぞ、あいつだ」

男2「あんなガキに・・・」

男3「腹が立つな、チクショウ・・・」

佐天「ほえ?」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:45:10 ID:33ldVeUD0
男1「おい、ちょっと付き合ってくれやお姉ちゃん、そっちの路地まで・・・」

佐天「きゃ! ちょっと痛い!」

男2「仲間が世話になったみたいだな・・・落とし前つけさせてもらうぜ?」モミ

佐天「ひゃう! どこ触って・・・きゃ!」ドカ

男3「もう二度と男に逆らえない身体にしてやんぜ」バキバキ

佐天「あ・・・あぁ・・・く、黒子さん・・・初春たちに連絡を・・・」カタカタ

男1「やっちまえぇ!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:46:49 ID:33ldVeUD0
初春「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

黒子「初春! 先に行きますわよ!」シュピン

初春「お、お願いします!」



黒子「ジャッジメントですの! 佐天さんお怪我は・・・」シュピン

黒子「」

黒子「」

男達『あぁ・・・あぁ・・・うぐ・・・』

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:48:13 ID:33ldVeUD0
男「食われ・・・食われた・・・ぁ・・・」

男2「い・・・ぐぅ・・・・」

男3「腕・・・俺の腕ぇ・・・」ガタガタ

佐天「」ポタポタ

黒子「・・・佐天さ・・・」

佐天「・・・だ、だって・・・だって・・・」ポタポタ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:50:38 ID:33ldVeUD0
佐天「お、襲われたんだもん! お、お腹! お腹すごくすいてて!」

黒子「・・・」

佐天「しょうがないじゃないですか! じ、自己防衛ですよ! 正当です!」

黒子「・・・ああの、お聞きしますが・・・」

黒子「そちらの方の右腕は、どちらに?」

佐天「・・・・・・」

黒子「・・・・・・」

初春「お、追いつきましたァ・・・」トタトタ

初春「!!!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:54:40 ID:33ldVeUD0
初春「こ、これは・・・・」

初春「・・・ウッ」

初春「」オエェェ

黒子「初春・・・吐いている場合ではありませんことよ?」シャキン

佐天「な、なにを・・・」

黒子「佐天さん、あなたを危険人物として拘束いたしますの・・・お分かりになってください」

佐天「ちょ、ちょっと待って・・・こんな・・・こんなの・・・」ダッ

黒子「お待ちなさい!」

初春「ま、待って下さい白井さん!」ガバッ

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:56:43 ID:33ldVeUD0
黒子「初春! 離しなさい演算が狂います!」

初春「佐天さんなんですよ! アレは佐天さんなんですよ!」

黒子「わかっていますの! しかし・・・これはあまりにも・・・」

男「う・・・たすけ・・・」

初春「救急車の手配と応急処置が先です! さ、佐天さんなら大丈夫・・・」

黒子「ですか・・・」

初春「か、必ず・・・私がなんとかしますから・・・」

黒子「・・・・・・」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 20:59:25 ID:33ldVeUD0
佐天「はぁ・・・はぁ・・・」タッタッタ

佐天「お、思わず逃げて来ちゃった・・・あんな怖い白井さん初めて・・・」

佐天「」ガクブル

佐天「・・・ウッ」

佐天「おえぇぇ・・・おえぇぇ」ビタビタ

佐天「へ・・・へへ・・・血とゲロでぐちゃぐちゃだ・・・あ」

佐天「これさっきの人の指・・・」

佐天「」

佐天「いやぁぁぁぁぁぁ!!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:03:53 ID:33ldVeUD0
初春「待って・・・待って下さい・・・」

黒子「決定事項ですの」

初春「しかし・・・」

黒子「犯罪者とはいえ、三人のスキルアウトを殺害」

黒子「その上逃亡ともあれば、それ相応の対応になりますわ」

アンチスキル『』ジャキン

初春「あれって・・・」

黒子「発見次第、射殺の許可も降りていますの」

初春「そんな・・・そんなことって・・・」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:05:36 ID:33ldVeUD0
初春「ひどいです黒子さん! あんまりです!」

黒子「落ち着きなさい、初春・・・」

初春「これが・・・どうして落ち着いていられるんですか! 白井さんの鬼!」

黒子「私だって辛いんですのよ? 勘違いしないでくださいまし?」

初春「でも・・・」

黒子「・・・大丈夫、アンチスキルより先に佐天さんを発見できれば、手はありますの」

初春「手?」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:07:14 ID:33ldVeUD0
黒子「今、お姉さまがそのために動いてくださっていますの」

初春「どうするんですか?」

黒子「佐天さんの能力を永久的に封印できるかはわかりませんが・・・」

黒子「希望があるとすれば・・・あの男」


ピンポーン


当麻「うほーい・・・って、なんだビリビリかよ・・・」

美琴「・・・」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:12:36 ID:33ldVeUD0
~ 佐天さんハウス ~

佐天「・・・ふぅ、シャワー浴びたらすっきりした・・・」

佐天「あ、初春からものっそい着信着てる・・・当然か、なになに? 留守電もあるな」

初春『佐天さん! アンチスキルがそちらに向かっています!』

初春『お、落ち着いて! 絶対に抵抗しないでください! 両手を上げて地面に・・・・』

佐天「・・・」

ピンポーン ピンポピンポーン

佐天「・・・」

佐天「あ、はーい」ガチャ

アンチスキル「」ジャキン

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:14:38 ID:33ldVeUD0
初春「はぁはぁ・・・佐天さん、どうか無事で・・・」

『ぎゃぁぁぁ!!!』

初春「!!」

『こ、こいつ噛み・・・食いやがった!』

『に、逃がすな捕えろ! ギャァァ!!』

『構うな! 撃て! 撃てぇ!!』

初春「もぉぉ! なにしてるんですか佐天さん!」

初春「や、やめて下さい! 撃つのをやめて下さい! お願いします!」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:18:14 ID:33ldVeUD0
~ 三日後 ~

TV『・・・少女は以前として逃亡中、アンチスキルにより捜索が行われていますが・・・』

黒子「まさか、ここまで難航しますとは・・・」

美琴「佐天さんの感は野生レベルね・・・」

初春「野生とか言わないでください!!」

美琴「ご、ごめ・・・」

初春「・・・」スタスタ

黒子「どこに行きますの?」

初春「佐天さんを探してきます」

黒子「危険ですの。初春。あなたは下がって・・・」

初春「なにが危険なんですか?」バタン

黒子「・・・やれやれですの」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:19:51 ID:33ldVeUD0
アンチスキル『探せ! この近くにいるはずだ!』

佐天「はぁはぁ・・・しつこいなぁもぉ・・・」

佐天「捕まったら私・・・殺されちゃうよね・・・・」

佐天「どうしてこうなっちゃったんだろう・・・・」

佐天「」ぐぅぅ

佐天「おなかすいた・・・」

子猫「ミィ」

佐天「?」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:21:38 ID:33ldVeUD0
子猫「ミィィ」

佐天「なんだお前、迷子になったのかい?」ヒョイ

子猫「ミィィ」ペロペロ

佐天「あはは、こらこら」

佐天「お腹すいてるのかな、ごめんね、なんにも食べるものないの」ぐぅぅ

佐天「あったら私が食べたいくらい・・・」グゥゥ

子猫「ミィィ」

佐天「・・・」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:22:48 ID:33ldVeUD0
佐天「よしよし、大丈夫だよ」

子猫「ミィ」

佐天「よしよし・・・」

子猫「・・・」

佐天「・・・」グゥゥ

子猫「ミ~」

佐天「あ~、お腹すいたな・・・」

佐天「・・・」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:26:28 ID:33ldVeUD0
アンチスキル「・・・いたぞ! こっちだ!」

佐天「やっば!」シュタ

アンチスキル「すばしっこいやつめ! 待て!」ダダダダ

佐天「もぉぉ! しつこいってばぁ!」

アンチスキル「集まれ! こっちだ! 追えぇ!!」ダダダダ

佐天「きゃぁぁぁ!!」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:29:46 ID:33ldVeUD0
アンチスキル「はぁはぁ・・・なんつーガキだ全く」

アンチスキル「・・・はい、B地区の廃ビルにまで追い込んだのですが・・・本部」

アンチスキル「出入り口を塞げ、ここで叩くぞ!」

アンチスキル「なんとしてもあの食人鬼を捕らえるんだ」



佐天「好き放題言っちゃってるよ全く・・・」ハァハァ

佐天「あ~も~、疲れた~~」

佐天「もう三日もロクに食べてないし・・・お風呂も入ってないし・・・野ションだし・・・」

佐天「へへへ・・・動物だなもう・・・」

佐天「」ぐぅぅ

佐天「・・・」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:33:17 ID:33ldVeUD0
佐天「疲れた・・・もうダメかな・・・」

佐天「初春・・・御坂さん、白井さん・・・」

佐天「おなかすいたよぉ・・・」ウルウル

初春「はい、生牛肉切り落としです!!」

佐天「うまい」モグモグ

佐天「・・・」

佐天「ういはるぅぅ!!」

初春「えへへ」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:35:29 ID:33ldVeUD0
佐天「初春・・・どうしてここに?」

初春「佐天さんの行動パターンと逃亡ルートから計算して、今日ここに来るだろうと予め忍び込んでました」

佐天「初春スゲッ!」

初春「佐天さん・・・大丈夫ですか?」

佐天「うん、私は・・・」

佐天「・・・」

佐天「ううん? 大丈夫じゃないかも。もう終わりにするつもり」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:38:11 ID:33ldVeUD0
初春「投降したら・・・確実に人生終了です」

佐天「うん」

初春「何らかの形で能力を封印することになると思いますから・・・そうなれば」

佐天「一生レベル0だね。それより、死刑になるかもしれないし」

初春「そんなことさせません!」

佐天「そうそれでいいよ・・・疲れちゃった」

初春「佐天さん!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:40:26 ID:33ldVeUD0
佐天「なんでこんなことになったんだろうって、ずっと考えてたんだけどさぁ、初春」

初春「なんですか?」

佐天「能無しのクセに、能力が欲しいなんて願っちゃったから、バチが当たったんだね」

初春「そんなことないです! 佐天さ・・・」

佐天「近づかない方がいいよ、初春・・・初春のことだって食べちゃうよ?」グゥゥ

初春「・・・いいです、食べてくださいよ!」ムギュ

佐天「初春・・・」

初春「佐天さんをちょっとでも助けられるなら・・・私・・・」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:42:50 ID:33ldVeUD0
佐天「・・・」グゥゥ

初春「お腹なってますね、佐天さん」

佐天「うん、そだね・・・」

初春「・・・あの、参考にならないかもですけど」

佐天「・・・うん?」

初春「・・・ち、乳首は再生するらしいです・・・赤ちゃんが噛み切っちゃうから・・・」

佐天「初春はえっちだなぁ・・・」ナデナデ

初春「そ、そういう意味じゃないです!」

佐天「初春の乳首食べたところで、あんまお腹膨れないよ」

初春「ごめんなさい・・・」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:46:56 ID:33ldVeUD0
ダダダダダ

佐天「入ってきたね、アンチスキル」

初春「逃げましょう、佐天さん」

佐天「ううん。投降するよ。もう私、レベル0にでも死刑囚にでもなる」

初春「佐天さん・・・」

佐天「シャバ最後にいいお肉食べれてよかったよ初春! ありがと!」

初春「いえ、そんな・・・痛ッ!」

佐天「どうしたの! 大丈夫?」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:49:03 ID:33ldVeUD0
初春「床にガラス片が落ちてたみたいで、切っちゃいました・・・」

初春「へへへ、血が出てる」ジワ

佐天「」スンスン

佐天「・・・」ぐぅぅ

初春「・・・佐天さん?」

佐天「・・・」ジュル

佐天「・・・」

初春「佐天さ・・・ちょ、怖いです、そんなこっち見ないで・・・」

佐天「・・・初春!」

初春「!! きゃぁぁぁ!!」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:51:25 ID:33ldVeUD0
アンチスキル「ここだ!!」バン!

アンチスキル「!!!」

黒子「失礼いたしますの!!」シュピン!

黒子「!」


佐天「」ポタポタ

黒子「・・・佐天さん?」

佐天「」ポタポタ

黒子「・・・佐天さん?」

佐天「」ポタポタ

黒子「・・・佐天さん? 初春が、来ていたはずなんですが・・・」

佐天「・・・ちが」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:54:15 ID:33ldVeUD0
黒子「・・・初春は、どこ?」

佐天「・・・ち、ちが・・・食べてない! 食べてないよ!」

黒子「初春はどこに行ったと聞いていますの!!」

佐天「食べてない! 食べてないよ! 本当! 信じて白井さん!」

黒子「あなたって人は・・・」

アンチスキル「・・・どけ、射殺する!」

佐天「違う! やめて打たないで! 私食べてない! 初春なんか食べてない!」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 21:55:48 ID:33ldVeUD0
アンチスキル「」ジャキ

佐天「やめ・・・」ドン

佐天「きゃ・・・」

アンチスキル「落ちた!」

黒子「佐天さん!!」

佐天「きゃぁぁぁ!!!」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 22:02:10 ID:33ldVeUD0
当麻「でぇぇぇい!!」ガシッ

佐天「うぎゃ!」

美琴「ナイスキャッチ!!」

黒子「お、お姉さま・・・とあの男どこから・・・」

初春「白井さん!!」

黒子「う、初春! 無事でしたの!」

初春「す、スキルアウトが住み着いていて・・・急に襲ってきてそれで」

黒子「なんですと!」

初春「佐天さんが守ってくれて、私は白井さんを呼びに行こうと・・・」

黒子「そんなことが・・・」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 22:05:07 ID:33ldVeUD0
佐天「うっぐ、ひぐっ・・・」

当麻「あ~、よしよし、大丈夫だぞ、怪我ないか?」ナデナデ

佐天「はなれてください・・・私食べちゃうから・・・」

当麻「なにをだ?」

佐天「・・・ん? アレ・・・汗臭い」

当麻「っ!」

美琴「佐天さん、怪我ない?」

佐天「御坂さん・・・・」

黒子「お姉さま!」シュピン

初春「佐天さん!」シュピン

佐天「初春! 白井さん!」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 22:07:22 ID:33ldVeUD0
佐天「あぅぅ・・・」

当麻「」ナデナデ

アンチスキル「」ジャキジャキ

美琴「ちょっとの間だけ待っててよね・・・」パリパリ

初春「佐天さん、コレ・・・」ゴソゴソ

佐天「おにぎり?」

初春「お肉とは別に作ってきました、食べてください・・・」

佐天「でも私生肉しか・・・」

当麻「いいから、食べてみろよ」ナデナデ

佐天「・・・はい」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 22:09:25 ID:33ldVeUD0
佐天「」スンスン

佐天「!!」

佐天「」パク

佐天「・・・おいひい・・・おひいよぉ・・・」ポロポロ

当麻「」ナデナデ

初春「良かった・・・佐天さん・・・」

佐天「初春・・・これすごい美味しいよぉ・・・」モグモグ

黒子「まったく、泣くのか食べるのかどちらかにしなさいな」

佐天「あぅぅ・・・」モグモグ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 22:18:48 ID:33ldVeUD0
~ 数日後 ~

初春「結局、能力はそのまま残ることになったんですね・・・」

黒子「私やお姉さまのように、使わなければいいという訳でもありませんから」

美琴「んで生肉以外を食べたい時はアイツの手を借りると・・・」

黒子「一応、早くに帰って来れるみたいですけど、未成年ですし、殺した相手も犯罪者でしたし」

初春「・・・」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 22:22:20 ID:33ldVeUD0
美琴「早く会えるといいわね、初春さん!」

初春「・・・はい、私、その時のためにお料理特訓します」グス

黒子「あの男参加確定ですか・・・」

初春「・・・佐天さん、頑張ってください・・・」



佐天「・・・あ~あ、お腹すいた。生肉しかダメだからって私のごはん少なすぎなのよね・・・」

佐天「やれやれ・・・いつここ出られるんだろうな・・・会いたいよ、初春」

カサコソ

佐天「!! ね、ネズミ!」

佐天「・・・」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 22:23:36 ID:33ldVeUD0
ぐちゃ・・・じゅぷ・・・バキ・・・ぐちゅ・・・バキバキ

佐天「・・・」ゴクン

佐天「・・・」ペロ

佐天「」

佐天「・・・あ~あ」

佐天「おなかすいた」


終わる


佐天「生肉が大丈夫になる能力かぁ・・・」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1376649315/)