1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 22:49:38 ID:9CifQvwd0
ボーボボ「すいませーん」

芳佳「あ、はーい。どちらさまですか?」

ボーボボ「ここは連合軍第501統合戦闘航空団か?」

芳佳「は、はい。そうですですけど。あの、どちらさまですか?」

ボーボボ「ストライクウィッチーズっていう奴らがいると聞いてきたんだが」

芳佳「いますよ。実は私もそうなんです」

ボーボボ「ふーん。オレでもなれる?」

芳佳「む、無理ですよ!! 貴方、見るからにウィッチじゃ……」

ボーボボ「どこを見てそんなことをいう? オレのどこがウィッチじゃないっていうんだ?」ニュルル

芳佳「は、鼻毛、出てますけど……」

ボーボボ「鼻毛じゃないから恥ずかしくないもんっ!!!!!」

芳佳「さ、坂本さぁーん!! たすけてぇー!!」テテテッ

ボーボボ「よし。お邪魔します」

001

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 22:56:58 ID:9CifQvwd0
美緒「ふっ! ふっ!!」ブンッブンッ

首領パッチ「いで! あだっ!! ちょっと!! 木刀で殴るのやめてくれるぅ!?」

美緒「お前がそこにいるからだろ、ウニ怪獣」

芳佳「坂本さぁーん!!!」テテテッ

美緒「どうした、宮藤。まだ訓練の時間には早いぞ」

芳佳「あ、いえ! あの、変な人が!!」

美緒「変な人? 不審者か?」

芳佳「た、たぶん」

美緒「仕方ないな。様子を見てきてやろう」

芳佳「お、お願いします!」

首領パッチ「おい。娘」

芳佳「ひっ!? あなた、だれですか!?」

首領パッチ「木刀でオレをぶて。さすれば、道は開かれる」

芳佳「え、遠慮します」

首領パッチ「ぶちなさいよぉ!! どうしてぶたないの!!! ぶてばいいじゃない!! そうすればオレはブヒブヒなくんだから!! Win-Winでしょ!?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:04:53 ID:9CifQvwd0
美緒「何者だ」

ボーボボ「人に名を訊ねる時は自分からだろうが」

美緒「不審者に語る名は持ち合わせていない」

ボーボボ「そうか。なら、仕方ねえ。オレの名はボーボボ。ボボボーボ・ボーボボ。でも、これからはウィチチーチ・チーチボにする」

美緒「貴様。ウィッチーズに入りたいのか?」

ボーボボ「よく分かったな。さては、お前……」

美緒「そう。第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズ所属、坂本美緒少佐だ。身長五尺四寸、体重十三貫、8月26日生まれの19歳だぁ!!」

ボーボボ「きかれてねえことまでこたえるんじゃねえ!!!!」

美緒「す、すいません!」

芳佳「坂本さぁーん!!!」

美緒「宮藤。情けない声を出すな。どうしたんだ?」

芳佳「こ、この人も、ウィチーズにはいりたいって……」

美緒「なに?」

首領パッチ「女の子なら誰でもなれるんでしょ!!! 私だって魔女になって、夜の女王を目指すんだからぁ!!!」

美緒「……埒が明かないな。とりあえず、応接室に通して、それから収容所へ護送するか」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:15:39 ID:9CifQvwd0
ミーナ「それでこの人たちを連れて来たのね?」

美緒「ダメだったか?」

ミーナ「ダメに決まってます」

美緒「そうか……」シュン

ボーボボ「で、オレはウィッチーズにはいれるのか?」

ミーナ「はっきりいいますが、無理です」

首領パッチ「けっ。ボーボボ、何か言ってるぜ、このアマ」

ボーボボ「オレたちの実力を見てから、判断しても遅くはないはずだ」

ミーナ「男性兵士の受付は窓口が違いますから。どうぞそちらへ」

ボーボボ「なんだと?」

首領パッチ「はぁーい!! こっちだよぉ!! ボクぅ? こっちが受付よーん」

ボーボボ「すいませんねえ、間違えました」

首領パッチ「よくいるんですよ。貴方みたいなお間抜けさん。ほら、この書類にサインして私の連帯保証人になってね? それでウィッチーズだから」

ボーボボ「わかりました。よーし! これでオレもウィッチーズだ! やったぞ!!」

芳佳「あ、あの! 色々騙されてますけど!!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:21:29 ID:9CifQvwd0
首領パッチ「あぁぁ!? 本人が喜んでるならいいだろうがぁよぉ!!!」

芳佳「で、でも……」

ボーボボ「受付の人」

首領パッチ「はいはい。書いてくれた? ありがとぉー。これで1000万ポンド借りてくるわね」

芳佳「そんなに!?」

ボーボボ「だまりちらせ!!!! この偽受嬢がぁー!!!!」ドゴォ!!!

首領パッチ「ぶふぅ!?!」

ボーボボ「正義は勝つ」キリッ

芳佳「だ、だいじょうぶ!? 今、治療を……」

首領パッチ「よけいなことすんな……。これぐらい……なんでもねえ……やめろ……」

芳佳「やめない」

首領パッチ「やめろって」

芳佳「嫌。絶対に助けるから」パァァ

首領パッチ「……じゃ、オレから離れるわ」ゴロゴロゴロ

芳佳「あぁー!! 転がっていっちゃだめー!!」テテテッ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:27:36 ID:9CifQvwd0
首領パッチ「首領パッチローリングサンダー!!!!」ゴロゴロゴロゴロ

芳佳「まってー!」

ボーボボ「どうだろう?」

美緒「あっはっはっはっは!! 面白い! 入隊を許可――」

ミーナ「しません」

美緒「!?」バッ!!

ボーボボ「理由は?」ニュルル

ミーナ「まずは鼻毛を仕舞ってください」

ボーボボ「はい」シュルンッ

ミーナ「ストライクウィッチーズはその名の通り、ウィッチ、つまり魔法を使える女性しかなることができません」

ボーボボ「男女差別か」

ミーナ「そういわれると……」

ボーボボ「これでも心は女ですけど、だめなんですか?」

ミーナ「関係ありません」

美緒「ムードメーカーとしては役にたってくれると思うが?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:34:59 ID:9CifQvwd0
リーネ「訓練の時間、もうすぐだった。芳佳ちゃんを誘いに……」

首領パッチ「オレの超必殺技をとめられる奴はこの世に56人しかいねー!!!」ゴロゴロゴロゴロ

芳佳「結構、いるじゃない!! 待ってったら!! 怪我してるのに!!」

首領パッチ「うるせー!! こんな掠り傷でガタガタぬかすなぁ!!! 水飴でもつけてりゃ治るっつーの!!!」

芳佳「なおらないから!! 染みるから!! それ!!」

リーネ「芳佳ちゃん? どうしたの?」

芳佳「あぁ! リーネちゃん!! あの子、怪我してるのにあんなに転がってて……。止めるの手伝って!!」

リーネ「うん。いいよ。ちょっとまってて」テテテッ

芳佳「リーネちゃん?」

リーネ「――よーし。準備完了」チャカ

芳佳「リーネちゃん!! 対装甲ライフルなんかで撃ったら!!!」

リーネ「芳佳ちゃんが困ってるの!! 止まって!!!」ドォン!!!

首領パッチ「ぐばぁ!!!!」

リーネ「ふぅ。とまったよ」

芳佳「息の根とめちゃだめだよ!!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:42:41 ID:9CifQvwd0
首領パッチ「ぐぐ……なんてこと……しやがる……」

芳佳「だ、だいじょうぶ?」

リーネ「ごめんなさい。まさか、生き物だったなんて……」

首領パッチ「動いてるんだから、生きてるものだろうがぁ!! てめえ!! どんな教育うけてきたんだよぉ!!!」

芳佳「動かないで!! ライフルで撃たれたんだから!! それ以上、喋ると本当に死ぬから!!」

首領パッチ「なら、はやくなおしてよぉ!! オレ、まだ死にたくないのぉ!!!」

芳佳「わかってる! すぐに治療してあげるから!!」パァァ

首領パッチ「まだなの!? ねえ、まだなの!?」

芳佳「だから、喋っちゃだめだって!!」

首領パッチ「はやくしろよ!! このうすのろがぁ!! しんじゃってもいいの!? オレ、しんじゃってもいいの!? ねえ!?」

芳佳「黙らないと本当に死ぬよ!?」パァァ

首領パッチ「うるせぇ!! これがだまっていられ……る……ぁ……」ガクッ

リーネ「チーンっ」

芳佳「リーネちゃん、チーンじゃないから!!」

リーネ「あれ? でも、芳佳ちゃんの国ではこうやって弔うんじゃ……」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:49:52 ID:9CifQvwd0
ボーボボ「だから、オレが総帥になってウィッチーズのありかたを根底から覆す手助けをしてやろうって話なのに、どうして入隊できるしてもいいの話になるんだ?」

ミーナ「そんな話はしていません」

美緒「もういいじゃないか。トイレ掃除でもさせていれば」

ボーボボ「……よろこんで」

ミーナ「今の間はなんですか?」

ボーボボ「け、けけ、けっして、いやらしいこと、とか、考えてない、ですよ?」カシャカシャ

美緒「お、記念撮影か。どれ、とってやろう」

ミーナ「……」

芳佳「あの……」

ボーボボ「どうした、宮藤?」

芳佳「これ……」

ボーボボ「この……遺影は……」

リーネ「かわいそう……首領パッチくん……」ウルウル

芳佳「リーネちゃん!?」

ボーボボ「名誉ある戦死だったんだろう……首領パッチ……。お前がいなくなっても世界は変わらない。安心して逝け」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21 23:58:53 ID:9CifQvwd0
ミーナ「とにかく、お帰りください。これ以上、こちらに迷惑をかけるというのなら考えがあります」

ボーボボ「おやつにはホットケーキか」

ミーナ「そんなこと考えていません!!」

美緒「何がダメなんだ? いいじゃないか。明るくなるぞ、きっと。あっはっはっはっは」

ボーボボ「やだ、この部屋くらい。蛍光灯つけてみよっと」

首領パッチ「パチッ!」

ボーボボ「LEDんパッチに変えてよかったわぁ」

首領パッチ「パチパチ……ドーォォォン!!!!」

ボーボボ「ぎゃぁぁぁ!!!!」

芳佳「爆発した!?」

リーネ「綺麗、綺麗」パチパチ

ミーナ「そんな特例が許されるとおもっているの?」

美緒「こいつらの心は乙女のようだし、問題ないと思うが」

ボーボボ「うっふん。この色気、男どころか女も魅了するわよ」

首領パッチ「ポールダンス踊っちゃおうかしらね!!」クネクネ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 00:06:46 ID:X9ojlntU0
ミーナ「……そこまでいうなら。分かりました。テストを行います」

ボーボボ「オレの得意分野だな」

首領パッチ「待ってたぜ!! その台詞をなぁ!!」

ミーナ「ストライカーユニットを装着し、空を1度で飛べたら合格にします」

ボーボボ「いいだろう。任せな」

首領パッチ「リゾット・ビチャビチャ!! いくぞ!!!」

リーネ「うん」

芳佳「リーネちゃんはそんな名前じゃないよ!!」

美緒「全く。できもしないことをやらせるとは……」

ミーナ「規律を守るためよ」

美緒「だが、万が一成功した場合は、勿論合格にするということでいいんだな?」

ミーナ「それはそのとき考えるわ。即戦力になり得るなら、という過程の話だもの」

美緒「いい人材なんだがなぁ……。宮藤ほどではないが」ナデナデ

芳佳「あぁ、坂本さん……えへへ……」

ミーナ「とにかく、行きましょう」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 00:14:20 ID:X9ojlntU0
ボーボボ「これがストライカーユニットか」

リーネ「はい。とりあえず足に装着してみてください」

ボーボボ「必要ない。オレのストライカーユニットはきちんとあるからな」

リーネ「そ、それって……」

首領パッチ「おい!! 早くオレのストライカーユニットもっとこいやぁ!!!」

芳佳「は、はい。これ」

首領パッチ「あぁ!? 宮藤ぃ!!! てめえの目はイカれてんのかぁ!?」

芳佳「な、なにがー!?」

首領パッチ「オレのトゲの数を数えてみやがれ!!!」

芳佳「いっぱいあるけど」

首領パッチ「ならいっぱいもっとこいよ!!! 2足だけでいいわけねえだろぉ!!!」

芳佳「そんないっぱいないよ!!」

首領パッチ「借りてこいよ!!! ここには501人のウィッチがいるんだろ!?」

芳佳「そう言う意味の501じゃないよ!!」

美緒「あっはっはっはっはっは。それは盲点だったな。501人のウィッチかぁ。いいな! 壮観じゃないか!!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 00:19:57 ID:X9ojlntU0
ペリーヌ「どうして私のを貸さないといけないんですの?」カチャ

首領パッチ「あんっ」

ルッキーニ「いいじゃん、いいじゃん。たのしそーだし!」カチャ

首領パッチ「ぅんっ」

シャーリー「壊さないでくれよ」カチャ

首領パッチ「乱暴にしちゃだめぇ」

バルクホルン「おかしな声をだすな」カチャ

首領パッチ「だってぇ! あぁんっ」

サーニャ「はい。どうぞ」カチャ

エイラ「サーニャが貸すなら仕方ないな」カチャ

首領パッチ「ふたついっぺんはだめぇ!!」

エーリカ「んっ」カチャ

首領パッチ「さいごぉのきたぁ!!」

美緒「よーし!! 準備はいいか!!!」

芳佳「どうみても首領パッチくんが大変なことになると思います!!」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 00:27:04 ID:X9ojlntU0
ミーナ「貴方は本当にストライカーユニット無しで飛べるというのですか?」

ボーボボ「無しじゃない。オレ用のがある」

ミーナ「信じられないけど……」

美緒「二人が私に最後までついてくることができたとき、ストライクウィッチーズに入団することを認めよう!!」

ボーボボ「楽勝だ」

首領パッチ「この無数のユニットがありゃあ、音速も超えられるぜ!!」

シャーリー「ああ、まぁ、そうかも」

リーネ「がんばってください」

芳佳「怪我しないでね」

ボーボボ「分かっている」

首領パッチ「オレ、ここに生きて戻ってきたらリゾット・ビッチャビチャと結婚するんだ」

リーネ「首領パッチ君……」

芳佳「だから、リーネちゃんはそんな名前じゃないから!!」

美緒「行くぞ!! 死ぬ気でついてこい!!!」ブゥゥゥン!!!

ボーボボ・首領パッチ「「おぉ!!」」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 00:34:13 ID:X9ojlntU0
美緒「ふっ!!」ブゥゥゥゥン!!!

ボーボボ「鼻毛真拳マル秘飛行術!!! 鼻毛コプター!!!!」ブルンッブルンッ!!!

ペリーヌ「あ、あれは!!」

エイラ「鼻毛でとんでるのか?」

エーリカ「世界は広いねー」

芳佳「そういう問題じゃないと思いますが……」

バルクホルン「だが、速い。坂本少佐についていっている」

ミーナ「そ、そんな……。生身であんなことができるなんて……」

エイラ「……」パチパチ

ルッキーニ「あれ? パッチはどこいったんだろー?」

リーネ「あそこにいるけど」

首領パッチ「いまいくぜぇー!!!!」トコトコ

芳佳「まだ助走してる!!」

首領パッチ「いまだ!!! 全ユニット起動!!! 首領パッチ様の航空ショーをとくとみやがれぇぇぇ!!!!!」ドボーン!!!

芳佳「やっぱり海に落ちちゃったぁー!!!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 00:43:42 ID:X9ojlntU0
美緒「やるな!! ボーボボ!!!」

ボーボボ「坂本ちゃんもな!!」

芳佳「サーニャちゃん!! 首領パッチくんを探して!!」

サーニャ「むにゃ……むにゃ……」

エイラ「寝たからむりだな」

芳佳「そんなぁ!! 今、眠らなくたってぇいいのにぃ!!」

リーネ「チーンっ」

芳佳「リーネちゃん、それやめようよ!!」

ルッキーニ「リーネ、違う違う。そう言うときは繰り返すの」

リーネ「繰り返すって?」

ルッキーニ「だからね。チーンチ――」

芳佳「だめぇぇー!!! ルッキーニちゃん!! だめぇー!!」

ペリーヌ「あの殿方。坂本少佐の後ろを完璧に……」

エーリカ「即戦力かな」

ミーナ「うぅ……まさか……でも……」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 00:54:23 ID:X9ojlntU0
美緒「ふぅ……。すごいじゃないか。ここまでとは正直、思ってもみなかった」

ボーボボ「自分でも奇跡だと思っている」

芳佳「いた!! いたよ!!」

シャーリー「どこ? 釣り上げてみるから」

芳佳「あ、あそこです!! 気泡がぶくぶくっていってるところです!!」

シャーリー「よしっ」シュッ

ルッキーニ「釣れるといいね」

シャーリー「あとは待つだけ」

芳佳「えぇ!? 溺れてるんですよ!?」

エーリカ「トゥルーデ、お腹すかない?」

バルクホルン「1度、食堂に行くか」

エイラ「さんせー」

サーニャ「ふわぁ……」

芳佳「みなさん!! 心配してあげてください!! 一応!!」

リーネ「芳佳ちゃん、一応って……」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 01:03:08 ID:X9ojlntU0
美緒「どうだ、ミーナ中佐。これだけの実力者なら、むしろ居てくれたほうが助かると思うが」

ミーナ「それは……」

ボーボボ「文句は無いな?」

ミーナ「でも……」

シャーリー「つれないなぁ」

ルッキーニ「ふわぁぁ……飽きちゃったよぉ……」

芳佳「飽きないでがんばりましょう!!」

リーネ「エサはなんですか?」

シャーリー「ルッキーニのズボン」

ルッキーニ「あははは。どうりでスースーするとおもったぁ」

芳佳「そんなので釣れるんですか!?」

ルッキーニ「シャーリーは釣れたよね」

芳佳「えぇぇ!? そうなんですかぁ!?」

シャーリー「昔の話だけど」

リーネ「ん……? 何か……飛んでくる……?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 01:09:45 ID:X9ojlntU0
ウー!!!

ボーボボ「甲子園が始まるか」

美緒「熱い夏がくるな」

ミーナ「ネウロイ出現のサイレンでしょ!!」

美緒「ああ、そうか」

ミーナ「出撃できる人は!?」

ルッキーニ「みんなのストライカーユニットは海の中だよー」

ミーナ「それでは……」

美緒「宮藤、リネット、それからボーボボ。行くぞ」

芳佳・リーネ「「はいっ!」」

ボーボボ「よぉーし!!! オレについてこいやぁぁぁ!!!!! とぉっ!!!」ダダダッ

美緒「ボーボボにつづけぇ!!!」

ボーボボ「待っていろ!! 平和を乱す野郎はオレがぶっ殺してやる!!!!」ドボーン!!!!

美緒「はぁぁ!!」ドボーン!!!

芳佳「ボーボボさんと坂本さんが海に落ちたぁー!!!」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 01:16:01 ID:X9ojlntU0
芳佳「どうしましょうか!?」

ミーナ「とにかく、二人は先行して。ただし無理だけはしないで」

芳佳「わ、分かりました! いこ、リーネちゃん!!」

リーネ「うん」

芳佳「宮藤芳佳、行きますっ!!」ブゥゥゥン!!!

リーネ「リゾット・ビッチャビチャ。いきます」ブゥゥゥン!!!

芳佳「リーネちゃん、その名前気に入ったの!?」

ミーナ「ええと、釣果のほうは?」

シャーリー「だめー」

ルッキーニ「助かる気ないんじゃないのー?」

ミーナ「はぁ……」

ペリーヌ「あの!! ネウロイが現れたのですか!?」

ミーナ「え、ええ。でも……」

バルクホルン「くそ……。飛ぶことができない……」

シャーリー「エサが悪いのか……? ペリーヌのズボンも加えてみようかな」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 01:23:19 ID:X9ojlntU0
芳佳「どこだろう……。リーネちゃん、わかる?」

リーネ「うーん……。あそこ!」

芳佳「え!?」

魚雷ガール「あーん!! バーゲンにおくれちゃうわー!! 早くいかなきゃ、ブリタニアデパートの魚雷売り場にー!!」ゴォォォォ

芳佳「ネウロイがバーゲンに向かってる!!!」

リーネ「ミーナさん。ネウロイを補足しました。目的地はブリタニアデパートみたいです」

ミーナ『そこはバーゲン中で多くの人がいるはず。なんとか侵攻方向を変えてみて』

リーネ「わかりました」

芳佳「リーネちゃん!! ネウロイがバーゲンに向かってる!! どうしてかな!?」

リーネ「とにかく、とめないと……」

芳佳「が、がんばって……」

魚雷ガール「パンストも買わないとね。今、はいてるのはもう伝線しちゃってるし」

リーネ「当たって……!!」ドォォォン!!

魚雷ガール「――ギョラ!!? 危ないわね!!! だれよ!!! 兵器を平気な顔で使っているやつは!!! なんちゃって。これが魚雷ジョークよ。ほら、笑いなさいよ」

芳佳「避けられちゃった!?」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 01:37:36 ID:X9ojlntU0
魚雷ガール「おやおや。小娘が仲良く空をお散歩中なの? ここは魚雷空域よ。出て行かないと、魚雷に当たっちゃうわよ?」

芳佳「リ、リーネちゃん……ネウロイが喋ってるけど……」

リーネ「魚雷なら海の中にいるはず。だから、あれは魚雷じゃなくて、ネウロイ!」

芳佳「うん! そうだよ!!」

魚雷ガール「さっきからお姉さん潤いが欲しいって何様のつもり!? まぁ、この艶のある肌を保つのは辛いけどね。毎日、4時間はワックスがけをしなきゃないけないの」

芳佳「誰もそんなこと聞いてません!!」

リーネ「なるほど……」メモメモ

芳佳「今日のリーネちゃん、ちょっとおかしいよ!?」

リーネ「先生、ほかにもコツを教えてください」

魚雷ガール「うふふ。勉強熱心な生徒は私大好きよ。貴方、名前は?」

リーネ「リゾット・グッチャグチャです」

芳佳「アレンジ加えた!?」

魚雷ガール「そう。リゾット・グッチャグチャっていうの。なるほど、なるほど……なるほどぉぉぉぉぉ!!!!!」ゴォォォォ

リーネ「え!?」

魚雷ガール「おふざけはぁ!!! ゆるさなぁぁぁぁい!!!!」ドォォォン!!!

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 01:49:08 ID:X9ojlntU0
リーネ「きゃぁぁ!」

芳佳「リーネちゃぁぁぁん!!!」ブゥゥゥン!!!

魚雷ガール「ギョライギョライギョライギョライ!!!! 自己紹介もろくにできないようなゆとり生徒はお断りよ!!! 出直してらっしゃい!!!」

芳佳「リーネちゃん!!」パシッ

リーネ「よ……しか……ちゃん……」

芳佳「喋っちゃダメ!! 今、治療を……!!」

リーネ「だ、め……。にげて……」

芳佳「そんなのできないよ!!」

リーネ「でも……」

芳佳「友達を置いていくなんて、できるわけない!!」

リーネ「芳佳ちゃん……」

魚雷ガール「友達と思っているのはお前だけよ? 哀れね。ウィッチーズじゃなくて、ただのボッチーね」

芳佳「嫌なこと言わないで!!!!」

リーネ「……」

芳佳「リーネちゃんも否定して!!!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 01:57:26 ID:X9ojlntU0
魚雷ガール「さぁて。小娘ども。もう今からじゃ特売の不発魚雷は手に入らないわ。どうしてくれるの? 今日は40%オフだったのよ?」

芳佳「リーネちゃん……」パァァァ

リーネ「うぅ……」

芳佳「友達だよね……親友だよね……私たち……」

リーネ「……」

芳佳「リーネちゃぁぁぁん!!!」

魚雷ガール「バーゲンの恨み。思い知るがいいわ!!!」

芳佳「くっ……」

魚雷ガール「喰らいなさい!!! 極悪斬血真拳奥義!!!! 魚雷空撃破!!!!」ゴォォォォ!!!!

芳佳「……っ」ギィィィン!!!

魚雷ガール「中々のシールドを持っているわね!!! 流石はボッチー!! 心の壁だけは分厚いのね!!!」

芳佳「ちがう……!! 私は……!! 一人じゃない……!!!」

魚雷ガール「そうなの!? なら、私の突撃を防ぎきってみなさい!!!! 語っていいのは勝者だけなのよぉー!!!」

芳佳「うぅ……!! も、もたない……!!!」

リーネ「芳佳ちゃん……逃げて……おねがい……」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:05:17 ID:X9ojlntU0
魚雷ガール「ボッチーに何が出来るっていうのかしらぁ!!! ギョライギョライギョライギョライ!!!!」

芳佳「あぁ……!!!」

リーネ「芳佳ちゃん……逃げて……私……逃げる……」ブゥゥゥン

芳佳「リーネちゃん!!!! カタコトで逃げないで!!!」

魚雷ガール「おふざけはぁぁぁぁぁ!!!!!」ゴォォォォ

芳佳「もう……だ、め……!!」

リーネ「芳佳ちゃぁぁん!!」

魚雷ガール「ボッチー敗れたり!!!!」

「呼んだか?」

魚雷ガール「ギョラ!? 誰!?」

シュルルルル!!!!

魚雷ガール「これは……!! やだ!! 海からの魔物が触手をのばして、私の起爆スイッチをまさぐってるわぁ!! いやぁぁ!! そこだけはぁぁぁ!!!」

芳佳「この……黒いロープって……もしかして……」

美緒「――私だ」

芳佳「いやぁぁ!!! 坂本さんはだめぇぇ!!!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:12:17 ID:X9ojlntU0
リーネ「よくみて、芳佳ちゃん。坂本少佐は鼻毛に掴まってるだけみたい」

芳佳「え? あぁ、ホントだ……」

美緒「どうした、宮藤。たるんでるな」

芳佳「坂本さんがおかしな登場するからですよ!!」

美緒「ボーボボがインパクトのある登場を提案してくれてな。あっはっはっはっは」

芳佳「はぁ……よかった……」

美緒「それにしても」

魚雷ガール「真打の登場ってわけ? いいわよ。この際だから、魚雷の塵にしてあげるわ!!!」

美緒「よく戦ってくれたな、二人とも。あとは任せておけ」

芳佳「坂本さん!! あのネウロイ、すごく強いんで気をつけてください!!」

リーネ「私たちもできるだけ援護します」

美緒「ああ。頼む。――いくぞぉぉ!!!!」ブゥゥゥン!!!!

魚雷ガール「もぉー!!!眼帯なんてつけて!!! かっこつける年頃の中学生かぁー!!!! あなたはぁー!!!!!」

美緒「包帯を腕に巻いて登校したこともあるっ!!!!」ザンッ!!!

魚雷ガール「はい!!! ふごぉーかぁーっく!!!!」ドォォォン!!!!

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:20:05 ID:X9ojlntU0
美緒「……」

魚雷ガール「……」

芳佳「ど、どっちが……?」

美緒「無念……だ……」ガクッ

芳佳「さ、坂本さん!!!」

リーネ「そんな……!!」

魚雷ガール「ふっ。これが実力の差ってやつ――」

ドォォォォォン!!!!!!

芳佳「ネウロイが爆散したぁー!?」

リーネ「相打ちってことだね」

芳佳「そうなの!? 坂本さんの圧勝じゃないの!?」

美緒「今までのネウロイの中で、最も凶悪な種だったな……」

ボーボボ「大丈夫か、さかもっちゃん」

美緒「ボーボボ。遅かったな。もうネウロイはいないぞ」

ボーボボ「はぁぁ!? オレの見せ場をどうしてくれんじゃぁ!!! もう勘弁ならねえ!! その眼帯ひっぱってやる!!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:28:32 ID:X9ojlntU0
美緒「あぁ……やめて……やめてくれ……それだけは……あぁ……」オロオロ

ボーボボ「がっはっはっはっは!!! オレの見せ場を奪った罰だぁぁ!!!」グググッ

美緒「やめてくれ……たのむ……今、ボーボボが眼帯を離したら……離したら……ゴムの勢いで……ペチンッてなるから……痛いから……」オロオロ

芳佳「わわわ!! やめてください!! 坂本さんが嫌がってますから!!」

リーネ「あ!!」

ボーボボ「どうした、リネット」ペチンッ

美緒「はぅっ」

芳佳「坂本さん!! 大丈夫ですか!?」

美緒「問題ないっ」キリッ

芳佳「涙目で言われても……」

リーネ「坂本少佐!! 前方から巨大なネウロイが!!」

美緒「なんだと!?」キュィィン

美緒「――確かに、こちらへ向かってきているな」

芳佳「ど、どうしますか!? 今の戦闘で力が……」

美緒「分かっている。この状況では増援を待つしかない」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:35:29 ID:X9ojlntU0
ミーナ「まだなの?」モジモジ

シャーリー「ダメ。釣れる気配がない。どうして……サーニャ以外のズボンをエサにしているのに……」

ルッキーニ「もうサーニャのズボンもエサにしちゃおーよ」

エイラ「なにいってるんだ。みんなのズボンはエサとして提供した。サーニャのズボンは必要ない」

ペリーヌ「で、でも……サーニャさんだけというのも……」モジモジ

エーリカ「うん。サーニャもズボンを差し出すべき」スースー

サーニャ「……」

エイラ「ダメだ!! サーニャは脱がなくていい!!」

バルクホルン「しかし、他に手はない」スースー

サーニャ「わかりました……」スルッ

エイラ「サーニャ!!」

サーニャ「どうぞ」

シャーリー「よし!! これで釣れる!!!」

ルッキーニ「パッチー!! あがってきてー!!」

ミーナ「もう少しかかりそうね……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:39:25 ID:X9ojlntU0
美緒「――宮藤、肉眼で確認できたか?」

芳佳「は、はい!!」

ネウロイ「……」ゴォォォォ

ボーボボ「リネット!!! 照準あわせろ!!!」

リーネ「は、はい」チャカ


サービスマン「……」


リーネ「え!?」

美緒「どうした?」

リーネ「あ、あの……ネウロイの背に誰かが立っていて……」

美緒「なんだと?」キュィィン


サービスマン「サァァビスっ!!!」バッ!!!!


美緒「うおぉおぉ!?!?」

ボーボボ「なにが見えた、さかもっちゃん!!」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:47:13 ID:X9ojlntU0
美緒「……いや、見間違いかもしれない。もう一度みてみるか」スッ


サービス「わーたしにできること!! ひとーつずつかーなえたいっ!!」バッ!!バッ!!!


美緒「……」

芳佳「坂本さん……?」

美緒「ただちに攻撃を開始する。コアは文字通り丸裸だ!! そこを狙え!!!」

リーネ「撃ちます!」

ボーボボ「まったなし!!!」

芳佳「何が見えたの!? リーネちゃん!!」

リーネ「やぁ」バァァン!!!

美緒「……」スッ


サービスマン「ぐばぁぁぁ!!!! おのれぇ……!! おれのコアを……!!! 商売道具をぉぉ……!!!」


美緒「よし!! よくやった!!」

リーネ「はい! ここに来て以来、一番手ごたえがありましたから!!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 02:52:20 ID:X9ojlntU0
ネウロイ「……」ゴォォォォ

芳佳「あ、あれ!? でも、まだネウロイが……!!」

美緒「こしゃくな!! ボーボボ!! ここで頼れるのはお前だけだ!! いけるな!!」

ボーボボ「任せろ」ブルンッブルンッ

リーネ「がんばってくださいね!!」

芳佳「援護はできますから!!」

ボーボボ「そうだ。美緒ちゃんに言っておかなきゃな」

美緒「どうした、改まって。というか早く行け」

ボーボボ「オレ……この戦いが終わったら……美緒ちゃんに……美緒ちゃんに……」

美緒「ボーボボ……」

ボーボボ「伝えたいことがあ――」

ネウロイ「……」バキィィ!!!

ボーボボ「ぎゃぁぁぁ!!!!」

芳佳「ボーボボさぁん!!!」

美緒「だから、早く行けといったんだ」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:03:14 ID:X9ojlntU0
ボーボボ「ゆるさねえ!!! ネウロイ!!! てめえの所為で!!! 美緒ちゃんに振られたらどうするんだぁぁぁ!!!!」

ネウロイ「……」バキィ!!!

ボーボボ「ごふっ!!!」

美緒「また轢かれたな」

芳佳「あぁ……」

ボーボボ「やろう!!! もうゆるさねえ!!! その快適な空の旅もここまでじゃぁぁ!!!」

ネウロイ「……」ドゴォ!!

ボーボボ「ばはぁ!!!」

リーネ「そんな!! どうして!!」

美緒「分かった。奴は空を飛ぶために鼻毛を使っている。だが、奴の武器はその鼻毛なのだろう」

芳佳「そ、それじゃあ!! ボーボボさんは!!」

美緒「空を飛んでいる限り、何もできない。ただネウロイに弄ばれるだけだな」

リーネ「……」チーンッ

芳佳「リーネちゃん、それどこの仏壇からもってきたの!?」

ボーボボ「ちくしょぉぉぉ!!!! 鼻毛真拳がつかえねえええ!!!! ぐはぁ!!!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:13:17 ID:X9ojlntU0
ルッキーニ「もうだめかなぁー」

シャーリー「全員のズボンで釣れないなんて……」

ペリーヌ「あの、言いたくはないんのですが……」モジモジ

バルクホルン「どうした?」

ペリーヌ「もう……お亡くなりになっていたりは……」モジモジ

エイラ「そうか。その可能性もあるな」

サーニャ「うっかり」

ミーナ「それなら各ストライカーユニットをサルベージをしないと……」

エーリカ「あ。反応、あるみたい」

バルクホルン「全員で竿を握れ!!! 絶対に逃がすな!!!」

シャーリー「くっ……!!」グググッ

ペリーヌ「首領パッチさんとやら、はやくしてくださいぃ……!!」グググッ

サーニャ「おーえす、おーえす」ググッ

ルッキーニ「おぉ!! もうちょっとだぁー!!!」グググッ

エイラ「やぁー」ザッパーン!!!

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:19:05 ID:X9ojlntU0
マグロ「……」ピチピチ

シャーリー「マグロ……」

ルッキーニ「そうだ! 芳佳が言ってた!! スーシーってやつ食べよう!!」

ペリーヌ「私のズボンでマグロが釣れた!? なんてこと!!!」

エーリカ「漁が簡単にできるね」

バルクホルン「まて。よくみろ。ズボンはないぞ」

ミーナ「どういうことかしら……」

エイラ「このマグロは何に食らい付いたんだ?」ググッ

ペリーヌ「ああ! エイラさん!! そんな口をあけるなんて!! 食べられるかもしれませんのに!!」

エイラ「あ」

シャーリー「なになに?」

エイラ「みんなのズボンを咥えた首領パッチが出てきた」

首領パッチ「はむっ……はむっ……」

ルッキーニ「やったぁー!! パッチでてきたぁー!!」

エイラ「って、サーニャのズボンをたべるなぁー!!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:25:01 ID:X9ojlntU0
首領パッチ「ほらよ。てめーらのストライカーは返すぜ」

ミーナ「これで援護に向かえるわ。みんな、準備を!!」

ペリーヌ「あ、あの!!」

首領パッチ「なんだ、眼鏡」

ペリーヌ「ズ、ズボン!! かえしてください!!」

首領パッチ「わかってねえな」

ペリーヌ「は?」

首領パッチ「おい、クロロホルム」

バルクホルン「なんだ?」

首領パッチ「このズボンたちをオレのトゲに装着してくれや」

バルクホルン「何故だ?」

首領パッチ「みたくねえか? オレの本気ってやつを」

バルクホルン「いや、別に」

首領パッチ「……」

バルクホルン「各員!! ズボンをはけ!! すぐに出るぞ!!」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:34:58 ID:X9ojlntU0
ルッキーニ「えぇー!! パッチかわいそー!! はい、ズボンつけたげる」ギュゥゥ

首領パッチ「だ、だよな!! だよな!!」

エーリカ「はい」ギュッ

首領パッチ「エリカさまぁ!!! ありがてぇ……ありがてぇ……」

サーニャ「どうぞ」ギュッ

エイラ「サーニャが貸すなら、致し方ないな」ギュッ

首領パッチ「もっと!! もっとオラに元気を!!!」

シャーリー「仕方ないな」ギュッ

ミーナ「……貸すだけです」ギュッ

バルクホルン「……名誉挽回の機会を与えてやるとしよう」ギュッ

首領パッチ「かたじけねえ……かたじけねえ……」

ペリーヌ「もう!! みなさんが貸すなら私も貸さざるを得ないじゃないですか!!」ギュッ

首領パッチ「キタァー!!!!! オレに全てのズボンが集まったぁ!!!!! これでオレは無敵だぁぁぁ!!!!!」ダダダダッ

首領パッチ「いくぜぇ!!! これがオレの本気モードだぁぁぁぁ!!!!!! 待ってろ!!! ネウロ――」ドボーン!!!

ルッキーニ「フランチェスカ・ルッキーニ、しゅつどーっ!!」ブゥゥゥン!!!

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:43:36 ID:X9ojlntU0
ネウロイ「……」キュィィィン

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!!! 毛ガード!!!!」

芳佳「すごい!! 鼻毛が顔を覆い尽くした!!」

美緒「これなら……!!」

ネウロイ「……」ドォォォン!!!

ボーボボ「ぐばぁぁ!!!」

芳佳「やっぱりだめだぁー!!!」

美緒「ボーボボの悪いところが如実に出てしまっているからな……」

リーネ「すぅ……すぅ……」

芳佳「リーネちゃん!? こんなときにねてるの!?」

美緒「しーっ」

芳佳「いいんですか!?」

ネウロイ「……」バキィィ!!!

ボーボボ「ぐぼぉ!!!」

ボーボボ(こ、このままじゃ……美緒ちゃんを守るどころか……こいつに勝てねえ……。こんなとき……あいつが……首領パッチさえいてくれたら……!!)

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:51:17 ID:X9ojlntU0
首領パッチ(ここは……?)

首領パッチ(ああ、そうか……ネウロイとの戦いに敗れて……海に……)

首領パッチ(へっ……。男としては悪くない最後だな……)

首領パッチ(女を守るために傷つき、友を救うために倒れ、ズボンに囲まれて死んでいく……)

首領パッチ(大往生じゃねえか……)

首領パッチ(でも……オレがいなきゃ……ボーボボは……リネットは……みんなは……どうなる……?)

首領パッチ(死んじまうのか……? そんなの……そんなの……!!)

「力が欲しいの?」

首領パッチ「……!!」

「どうなの?」

首領パッチ(欲しい!! 欲しいに決まってる!! もっと力があれば!!! オレは!!!)

「わかったわ。貸してあげるわ」

魚雷ガール「この海の藻屑から奇跡の復活を遂げ、ついに海の中を泳げるようになったこの私がね!!!」バーン!!

首領パッチ「魚雷せんせー!!!!」

魚雷ガール「さぁ!! いくわよ!!! 音速の世界へゴートゥーヘルっ!!!」ゴォォォォ!!!!!

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 03:57:11 ID:X9ojlntU0
ネウロイ「……」ドォォォン

ボーボボ「ぐわぁぁぁぁ!!!! 服のボタンをかけまちがえてるぅぅぅ!!!!」

美緒「援軍もこない……。ボタンも掛け間違えている……。もう打つ手がない……」

芳佳「そ、そんな……」

美緒「ここまでか……」

リーネ「すぅ……すぅ……」

ネウロイ「……」ピカッ

ボーボボ「ぐっ!! ただで死ぬかぁ!!! 鼻毛真拳超奥義!!!!! 手鏡ビーム返し」サッ

ドォォォォン!!!!!

ネウロイ「……」ボロッ

美緒「ダメージを与えたぞ!!!」

芳佳「あんな方法で!? ネウロイ弱すぎませんか!?」

ボーボボ「今ので……力をつかいはたした……」

芳佳「まだできますよ!! 手鏡出しましょう!!! ボーボボさん!!!」

美緒「宮藤、無茶は言うな。あれがどれだけの大技だったと思うんだ?」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:06:13 ID:X9ojlntU0
芳佳「いや、ほら! 私でもできますよ!! ほら! ほら!!」サッサッ

美緒「よくやったぞ、ボーボボ」

ボーボボ「ちゃん美緒……」

「まだだ!! まだ諦めるんじゃねええ!!!!」

ボーボボ「この声は!!!」

首領パッチ「はっはー!!! 数多のズボンを装着したオレ様と!!! 魚雷せんせーがやってきたぜぇぇぇ!!!!!」

魚雷ガール「ギョライギョライギョライギョライ!!!!」ゴォォォォォ

芳佳「わぁぁぁ!! 変態だぁー!!!」

ボーボボ「首領パッチぃぃぃ!!!!」

首領パッチ「こい!! ボーボボ!!! ギョライカーユニットにのれぇぇ!!!!」

ボーボボ「お前ならやってくれると信じてたぜ!!! 首領パッチぃぃぃ!!!!」

首領パッチ「ボーボボぉぉ!!!」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!!!! ズボン泥棒には死を!!!!!」バシンッバシンッバシンッ!!!!!

首領パッチ「あんぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!」

芳佳「ボーボボさん!! かっこいいです!!!」パチパチパチ

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:15:05 ID:X9ojlntU0
ボーボボ「まったく。さてと、このズボンは鼻毛を使って天日干ししておくか」ニュルルル

魚雷ガール「さぁ!! 私を背中に装着するのよ!!」

ボーボボ「分かりました!!! 装着!!!」ガチャン!!!

ボーボボ「いくぞぉぉぉ!!!! 空の化け物がぁぁぁぁ!!!!」ゴォォォォ

ネウロイ「……」ピカッ!!!

魚雷ガール「そんなハエも休憩するほどの速度しかないビームで私を捕らえられるとおもってるわけぇぇ!?」ギュゥゥゥン!!!!

芳佳「は、はやい!!」

美緒「音速を遥かに超えている……!!」

リーネ「うぅん……うるさい……すぅ……すぅ……」

ネウロイ「……」ゴォォォ!!!!

魚雷ガール「さぁ!! 純粋な力試しよ!!!」

ボーボボ「いくぜぇぇ!!!!」

魚雷ガール「極悪鼻毛真拳究極奥義!!!! 特攻ズボン乱舞!!!!!」ブゥン!!!

ボーボボ「でぇぇぇぇい!!!!」ギュゥゥゥゥン!!!!

芳佳「ボーボボさんだけがいったぁー!!!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:25:40 ID:X9ojlntU0
ボーボボ「これはミーナ・ディートリンデ・ヴィルケさんのズボンっ!!!!」バシンッ!!!

ネウロイ「……!!」

ボーボボ「これはペリーヌ・クロステルマンちゃんのズボンっ!!!」バシンッ!!!!

美緒「なんだ、あの連携技は……。全員の想いが……力が……ボーボボに集まっている……!!」

芳佳「……みんなのズボンで殴ってるだけのような」

ボーボボ「これはゲルトルート・バルクホルンのズボンっ!!!」バシンッ!!!

ボーボボ「お待ちかね!!! これが!! フランチェスカ・ルッキーニちゃんのズボンっ!!!」パシンッ

ボーボボ「これがシャーロット・E・イェーガーのズボンっ!!!  こっちはサーニャ・V・リトヴャクの脱ぎたてズボンっ!!!」パシンッパシンッ!!!

ネウロイ「……!!」バリィィン

美緒「ネウロイのコアが見えたぞ!!!」

芳佳「ズボンで!?」

ボーボボ「これがエイラ・イルマタル・ユーティライネンのスボン!!!  これはエーリカ・ハルトマンちゃんのスボン!!!」

ボーボボ「そして最後に!!! ――パンツじゃないからはずかしくないもん(オレのズボン)!!!!!」バーンッ!!!!

ドォォォォォン!!!!!

芳佳「ついにズボンだけでたおしたぁー!!!!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:32:56 ID:X9ojlntU0
ボーボボ「空の平和はオレが守る」キリッ

魚雷ガール「ぬめり」キリッ

美緒「ボーボボ!!! よくやった!!!」

ボーボボ「オレのギョライカーユニットが間に合った結果だ」

魚雷ガール「うふっ」

芳佳「なんだか、よく分からないですけど、かっこよかったです!!」

ミーナ「坂本少佐!!」ブゥゥゥン

ペリーヌ「坂本少佐ー!!! ご無事ですかぁー!!!」

美緒「遅いぞ!! 何をやっていた!!」

ルッキーニ「これでも急いできたのにぃ」

シャーリー「首領パッチが速すぎて……」

バルクホルン「しかし、反省すべきことでもある」

エーリカ「えー? そうかな?」

エイラ「そんなことないと思う。ね、サーニャ?」

サーニャ「うん。よくわからないけど」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:40:15 ID:X9ojlntU0
美緒「よし。皆、無事に戻ってこれたな」

芳佳「はいっ!!」

リーネ「よかったです」

ルッキーニ「でも、すごいねー。まさか、初出撃でネウロイを撃破なんてー」

シャーリー「確かに。天才かも」

ボーボボ「よせ。天才と呼ばれるのは好かない。でも、嫌いじゃないからもっと言え」

サーニャ「てーんさい。てーんさい」

エイラ「てーんさい。てーんさい」

ボーボボ「ありがとう。そんな君に鼻毛あげる」

サーニャ「え……」

エイラ「いらない」ペシッ

ボーボボ「……」

美緒「ところで、ミーナ中佐」

ミーナ「わかっています。彼の入隊についてでしょ」

美緒「合格で、いいな?」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:44:47 ID:X9ojlntU0
ミーナ「そうですね。みなさんからの反対意見がなければ……」

エリーカ「いいと思うよ」

バルクホルン「戦闘技術に関しては認める。彼の意思を尊重したい」

ルッキーニ「いいよー!!」

シャーリー「賛成に一票」

エイラ「サーニャは?」

サーニャ「いいと思う」

エイラ「それなら私もいいと思う」

ペリーヌ「ま、まぁ……居て困ることはないですね……」

芳佳「私も! ボーボボさんが一緒なら心強いです!!!」

ボーボボ「お前たち……」

美緒「よし。ならば満場一致で――」

リーネ「あの」

美緒「どうした?」

リーネ「みなさんのズボンを盗んだ件については不問でいいのですか?」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:48:51 ID:X9ojlntU0
芳佳「あ、あれは!!」

リーネ「ボーボボさん、みんなのズボンを振り回してましたけど……」

ルッキーニ「そうなの?」

バルクホルン「どういうことだ?」

美緒「待て。お前たち、それは――」

首領パッチ「全部、ボーボボに頼まれてやったんですぅぅ!!!!」ズサァァァ

芳佳「首領パッチくん!!」

首領パッチ「みんなのズボンを盗んでこいって……でないと、僕の自転車のサドル奪うって……うぇぇぇぇん!!!」

ミーナ「なっ……」

美緒「ボーボボ……本当なのか?」

ボーボボ「ああ、本当だ。初めからオレはお前たちのズボンを盗むためにここへ来た」

芳佳「えぇぇぇ!!!!」

シャーリー「……」

サーニャ「ホントに?」

ボーボボ「マジだ」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:53:42 ID:X9ojlntU0
ミーナ「……それを聞いてしまった以上、貴方の入隊を認めるわけにはいきません」

美緒「ボーボボ……残念だ……」

ボーボボ「ふん。もう少しだったのにな。いくぞ、首領パッチ」

首領パッチ「ボーボボ……」

芳佳「ま、まって!!!」

ボーボボ「なんだ?」

芳佳「あの!! 今日はありがとうございました!!!」

ボーボボ「……」

芳佳「貴方がいなかったら……。どうなっていたかわかりません……だから……ありがとうございました!!!」

ボーボボ「ふんっ。じゃあな」

芳佳「は、はい!!」

首領パッチ「なぁ……ボーボボ……よかったのか?」

ボーボボ「お前と一緒じゃなきゃ、意味がねえからな」

首領パッチ「ボーボボ……!!」

ボーボボ「次は第502統合戦闘航空団に面接いくぞ」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 04:59:50 ID:X9ojlntU0
ルッキーニ「ねえ、あれボーボボの嘘じゃないの?」

シャーリー「そうだと思う」

バルクホルン「首領パッチを庇ったんだろうな」

エーリカ「いい人だったのに」

サーニャ「うん……」

エイラ「まぁー、ああ言われたら、こっちもそれなりの態度で示さないといけないし」

ミーナ「そうね……」

リーネ「もしかして、私……余計なことを……」

美緒「いや、誰も言わなくても奴は自分からここを去っただろうな」

芳佳「ボーボボさん……」

魚雷ガール「はいはいはいはい!! しんみりムードはここまでよ!!!」

芳佳「え!? あ、あなたは!! どうしてここに!?」

魚雷ガール「どうしてって、決まってるでしょ。私はギョライカーユニットなのよ。さ、私を使いなさい」

芳佳「さ、坂本さぁん……」

美緒「面白いな。音速を遥かに超えるユニットだ。使わせてもらおうじゃないか。ボーボボからの餞別としてな!! あっはっはっはっはっは!!!」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 05:09:59 ID:X9ojlntU0
シャーリー「はやーい!!!」

魚雷ガール「ギョライギョライギョライ!!!!!」ゴォォォォォォ!!!!!

リーネ「すごいねー」

芳佳「流石、シャーリーさん……。魚雷ガールさんを乗りこなしてる……」

魚雷ガール「あなた、中々センスあるわね。将来、魚雷にならない?」

シャーリー「考えとく」

美緒「宮藤、次はお前が乗ってみろ」

芳佳「は、はい。よろしくおねがいします!!」

魚雷ガール「とばすわよぉぉぉぉ!!!!!」

芳佳「あのお手やわらかに――」

魚雷ガール「初速deマッハぁ!!!!」ゴォォォォォ!!!!!!

芳佳「んほぉっ――」

美緒「あっはっはっはっは!! いいぞ!! 宮藤!!! そのままいけぇ!!! あっはっはっはっは!!」

――宮藤芳佳は音速を知った。ボーボボの意思を継ぎ、更なる高みへと宮藤芳佳は逝く! 駆けろ! 世界の空を守るために!!


おしまい


ボーボボ「ここが第501統合戦闘航空団か。さっそくウィチるぜ!」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377092978/)