1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 11:43:36 ID:FAFAdi9q0
西住家

みほ(なんでもお話があるみたいで、実家に戻ってきたけど)

しほ「……」

まほ「……」

エリカ「……」

みほ(どうしてエリカさんまでいるんだろう)

002

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 11:47:13 ID:FAFAdi9q0
みほ「えっと、それでお話って」

しほ「……あなた、まだ犬を躾けていないそうね」

みほ「えっ?」

しほ「西住流にはこうある」

しほ「どんな時でも主の命令をきく、忠実なる僕を作れと」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 11:50:39 ID:FAFAdi9q0
しほ「この子は、あなたが黒森峰を去ってすぐに作ったわ」

まほ「……」ジャラ

みほ(エリカさんに、首輪!?)

しほ「あなたも戦車道を続けるなら、この流儀に従い、僕を作りなさい」

みほ「……」

みほ「私はそんな、友達をそんな風にはできない……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 11:55:31 ID:FAFAdi9q0
しほ「……そう」

しほ「貴方はまだ、戦車道に友情というものを求めているのね」

しほ「確かにあなたは先の試合で見事に優勝した」

しほ「だけどあれはほんの偶然、次はないわ」

しほ「ほんの少し歪めば使い物にならないものを、よく使う気になったわね」

しほ「他人を気にしていれば、それが原因で負けることもあるのはわかっているでしょう?」

みほ「うぅ……」ズキ


「西住殿を批判するのはそこまでです!」ガラッ!

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 12:00:11 ID:FAFAdi9q0
エリカ「何奴!?」

しほ「……」

まほ「Ⅳ号の装填手か」

優花里「はぁ……はぁ……」

みほ「優花里さん、どうして……」

優花里「西住殿がピンチを感じ取って、すぐに駆けつけました」


しほ「……」ニヤリ

しほ「いい素質を持った犬がいるじゃないか、みほ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 12:07:01 ID:FAFAdi9q0
優花里さんじゃねぇや秋山さんだろ


みほ「そんな! 秋山さんはそんなのじゃない!」

しほ「そうか」

しほ「……時に、廃校の件は未だに厳しいようだな?」

みほ「!」

しほ「大会で優勝したとはいえ、予算はギリギリ……」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 12:10:44 ID:FAFAdi9q0
しほ「だがあくまでも娘の通う学校をそんな目に合わせたくはない」

しほ「西住家として援助を申し入れても構わない……」

しほ「だけどそれは、みほ、あなたが西住流を受け入れたらの話よ」

みほ「それってつまり……」

しほ「あなたの犬を作りなさい」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 12:15:03 ID:FAFAdi9q0
みほ「友達のだれかを犬にするなんて」

みほ「そんなこと……」

優花里「……西住殿!」

みほ「秋山さん……?」

優花里(西住殿は、お友達を奴隷にするなんてできる方ではありません)

優花里(ならここは、私が!)

優花里「私が、西住殿の犬になります!」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 12:54:46 ID:lHvsILTm0
しほ「あなたが犬になるのね?」

優花里「これで解決、ですね? 母上殿」

しほ「本当に犬としての素質があるかを確かめる必要があります」

みほ「素質?」

しほ「主の命令には絶対服従」

しほ「まほ、あなたの犬に>>25を命令しなさい」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:05:45 ID:xCCc5qw6I
おしっこ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:12:18 ID:lHvsILTm0
まほ「エリカ、トイレだ」

エリカ「ここで、ですか」

まほ「そう、ここでだ」

エリカ「りょ、了解」スッ

チョロロロロ…


みほ「わ、わわ!」

優花里「これが、西住流」ゴクリ

エリカ「んんっ…ふぅ」

まほ「後片付けもな」

エリカ「はっ」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:16:53 ID:lHvsILTm0
フキフキフキ

しほ「そう、これが西住流」

しほ「あなたにその覚悟はある? 秋山優花里」

優花里「……っ」

優花里「ええ、あります! ありますよ!」

優花里「西住殿の命令なら、どんなことでもききます!」

しほ「そうか」

しほ「みほ、彼女に>>30を命じなさい」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:34:44 ID:rsFxc2rFP
バター犬

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:41:06 ID:lHvsILTm0
みほ「ばたー犬?」

みほ(ってなんなんだろう)

優花里(せ、性的行為の要求とはっ!)

優花里(恐らく西住殿はこのような言葉ご存じでない可能性も……)チラ

みほ「秋山さん、何なのか知ってる?」

優花里(やっぱりです! 西住殿は無垢な子です!)

優花里(しかし、この状況は///)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:47:35 ID:lHvsILTm0
しほ「どうした、できないのか?」

みほ(自信があるような物言い)

みほ(もしかして、とてもつらい事なのかな)

優花里(この行為、もはや私一存で決めれることではありません)

優花里「西住殿、命令してください」

みほ「秋山さん?」

優花里「私は、姉上殿でもなく母上殿でもなく、西住みほ殿の命令だけを受けます」

優花里「例えここで逃げても、私だけは西住殿の味方をします」

優花里「ご命令を、西住殿」

>>35

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:49:55 ID:YiCjNLn40
お姉ちゃんがお手本見せてよ!

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 13:55:27 ID:lHvsILTm0
みほ「ねぇ、お姉ちゃん」

まほ「なんだ?」

みほ「その、私ばたー犬ってのがよくわからなくて」

みほ「ちょっとお手本見せてくれないかなって」

まほエリカ優花里「!?」

しほ「……やり方がわからないとすれば、させることができないのもまた道理」

しほ「策士に成長したわね、みほ」

しほ「まほ、見せてあげなさい」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:02:16 ID:lHvsILTm0
まほ「はぁっ、はぁっ」ビクビク

エリカ「んんっ」ピチャピチャ

みほ「こ、これがばたー犬?」

優花里「バター犬とは、動物を使った性的行為のこと、です」

優花里(ああ、思わず姉上殿に西住殿を重ねてしまいます)ウズウズ

みほ「秋山さん?」

優花里「はいっ!?」ビクンッ!

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:08:11 ID:lHvsILTm0
みほ「秋山さん、きつそうだけど」

優花里「いえ、そんなことは」タラッ

みほ「太ももに何か垂れてるよ」ピト

優花里「あっ」ビクン!

みほ「……」ドキッ

みほ「もしかして秋山さん、エッチな気分になっちゃった?」

みほ「お姉ちゃんとエリカさんの見て……」

優花里「い、いえ決してそんなことでは」


みほ「優花里さんになら、させてあげてもいいかな?」

優花里「!?」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:16:48 ID:lHvsILTm0
みほ「恥ずかしいけど……」スルッ

優花里(あの西住殿が、あんな姿に……)ウズウズ

みほ「でもまだ駄目だよ」

優花里「っ!」ビクッ

みほ「私がいいっていうまでダメだよ」

みほ「優花里さん、我慢できるかな?」

優花里(め、目の前にしてお預けだなんて……)

みほ(なんでだろう、今の秋山さんを見ているととてもドキドキする)


まほ「やはり、みほは西住家の血をしっかり継いでいます」

しほ「そう、数時間のうちにここまでできるとは思わなかったわ」

まほ「Ⅳ号の装填手も満更ではないようです」

しほ「彼女をどこまで調教できるか、見ものね」


しほ「みほ、あなたはまだ犬を躾けていないそうね」 みほ「!」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378521816/)