1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 23:47:58 ID:Jjh7WfJ30
P(あー、今日もかわいいな音無さん)

P(付き合いてーなーあんな人と)チラ

小鳥「……」カタカタ

P(あーかわいい)

小鳥「あの、どうかしましたか?プロデューサーさん」

P「あ!い、いえ!何でも!」

小鳥「?ふふ、変なプロデューサーさん」ニコッ

P(!!!かわいい!そして美しい!)

P(もう決めた 絶対付き合う、落とす!)

P(まず最初は>>3をするか……)

004

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 23:48:26 ID:mnMCzSk80
kskst

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 23:48:28 ID:7+fMgUaa0
襲う

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 23:53:29 ID:Jjh7WfJ30
P「音無さん!!」ガタッ

小鳥「きゃ!な、何ですか?」

P「もう我慢できません!エロ過ぎるんですよ!音無さんは!」

小鳥「え、え?」

P「全くもう、ほら、立って!」

小鳥「え、ちょ、ちょっと プロデューサーさん……?」

P「何ですか!この柔らかそうな腰つき!」ガバッ

小鳥(え、どうして私抱きしめられてるのかしら……?)

P「これはもう、>>15するしかないですね!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 23:55:41 ID:h2cAWR3B0
びっくりするほどユートピア

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:01:09 ID:R3nD9V+W0
P「びっくりするほどユートピアをするしかありませんね!」

小鳥「そ、それって……」

P「ほら、一緒に!」ヌギヌギ

小鳥「きゃあ!じじ、事務所でいきなり服を脱がないでください!」

P「何言ってるんですか!ほら、音無さんも早く脱いでください!」

P「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」パンパン

小鳥「ぷ、プロデューサーさん!見えてます!見えてますから!」

P「何を言ってるんですか!音無さんも一緒にやるんですよ!」

小鳥「>>25

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:02:20 ID:OCaOZyHo0
がっかりするほどディストピア

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:07:14 ID:R3nD9V+W0
小鳥「プロデューサーさん」

P「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」

小鳥「……」

P「ほら、一緒に!びっくりするほどユートピア!」

小鳥「…………」

P「び、びっくりするほどユートピア!びっく……り…するほど……」

小鳥「プロデューサーさん」

P「はい」

小鳥「がっかりするほどディストピアです」

P「はい……」

小鳥「どうしたんですか?一体 どうしちゃったんですか」

P「>>35

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:08:03 ID:vsxvZB9h0
かそくした

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:08:26 ID:lNnLH0Zl0
おかしいな……響から、小鳥さんはこうすれば落とせるって聞いたのに

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:15:16 ID:R3nD9V+W0
P「おかしいな……響から、小鳥さんはこうすれば落とせるって聞いたのに」

小鳥「は?」

P「くそっ、だだすべりじゃないか……」

小鳥「え?あの 響ちゃんが本当にそんなこと……」

P「ええ そうですよ……」

ガチャ

響「はいさーい!おはようございまーす!」

響「って、あれ……?随分静かだな……」

小鳥「響ちゃん」

響「あ、小鳥……って、なんか怒ってる?」

小鳥「びっくりするほどユートピアって知ってるかしら」

響「びっくりするほどユートピア?>>43だぞ」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:16:39 ID:FgH4PmwxP
毎日の日課

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:23:13 ID:R3nD9V+W0
響「それなら、毎日の日課だぞ!」

小鳥「えっ」

響「へへー あれやると心がスッキリするんだ!2chで見たんだぞ!」

P「ひ、響?」

響「あ、プロデューサー……って、うぎゃあ!何で裸なの?」

P「いや、ちょうど今そのびっくりするほどユートピアをやっててだな……」

響「あ!前言ってた、ぴよ子を落としたいってやつ?どうどう?成功した?」

小鳥「響ちゃん、意味が分からないわ」

響「あれやると、身も心もスッキリだからなー!きっとあれを一緒にやったら、仲良くなること間違いなしだぞ!」

小鳥「……響ちゃん >>55よ」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:24:42 ID:uTyerc0H0
クビ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:29:25 ID:R3nD9V+W0
小鳥「クビよ」

響「えっ」

小鳥「そんな常識外れの感覚の娘を置いておく余裕は、今の765プロにありません」

響「そ、そんな…… ウソでしょ!?ねえ?」

小鳥「危なかったわ…… こんなこと公共の場で発言していたら、どんなことになっていたか……・」

響「ちょ、ちょっと!プロデューサーもなんか言ってよ!」

P「……>>65だな」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:30:18 ID:fF2919y60
俺が貰ってやる

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:37:44 ID:R3nD9V+W0
P「しょうがない、俺が貰ってやるよ」

小鳥「!!」

響「え、そ、それって……」

P「職なしじゃあ一人暮らしも辛いだろ だから俺が養ってやるよ」

響「だからそれって ……結婚ってこと?」

P「ああ そうだ 何なら今から役所にでも行こうか」

響「あ、あう……」

P「じゃ、音無さん そういう事で、今日はもう帰りますね」

小鳥「」

P「さー響、帰ろうか これから忙しくなるな!」

響「……プロデューサー」

P「ん?」

響「えへへ、これからよろしくね!」

それから、響とPは末永く幸せに暮らしましたとさ めでたしめでたし

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:39:40 ID:R3nD9V+W0
1、.>>1に戻ってやり直し
2、響とイチャイチャする

>>80決めて

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:39:57 ID:vsxvZB9h0
1

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:42:11 ID:R3nD9V+W0
P「あー前世の響もかわいかったけど、ここは小鳥さんだよなー」

P「今日もかわいいな…… >>92とかで付き合えないかな……」

歯磨きしたいからちょっと待ってな

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:44:55 ID:vsxvZB9h0
かそくした

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:45:06 ID:3lklaZVF0
喜びそうなものをリサーチしてプレゼント

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:50:04 ID:R3nD9V+W0
P「やっぱここはプレゼントだよな、うん」

P「それにしても、音無さんって何が好きなんだろ」

P「ちょったリサーチしてみるかな>>100で」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:50:37 ID:Q4KbWKdQ0
お酒

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:55:15 ID:R3nD9V+W0
P「そうだ! お酒を入れれば本音が聞けるかもしれないな!」

P「それじゃあ早速……」

小鳥「ふんふふーん♪」カタカタ

P「お、音無さん!」

小鳥「はーい?」

P「きょ、今日仕事終わりに飲みに行きませんか!」

小鳥「お!いいですねえ 久しぶりに」

P「は、はい」

小鳥「それじゃあ、あずささんと社長も誘ってパーッと行きますか!」

P「え」

小鳥「どうしました?」

P「>>106

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 00:56:24 ID:Qhr7WdCR0
社長はNO

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:00:40 ID:R3nD9V+W0
P「社長はNOで」

小鳥「えっ」

小鳥「……プロデューサーさん どうしてそんなこと言うんですか!」

小鳥「社長だって765プロの立派な一員です!それを、仲間はずれにだなんて……」

P「あ、あの……」

小鳥「許せません!どういうことか説明してくださいね!」

P「……>>113

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:02:51 ID:v+wRM46F0
社長が酔うと俺の貞操が危険なんです!

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:06:48 ID:R3nD9V+W0
P「実は…… 社長が酔うと俺の貞操が危険なんです!」

小鳥「な、何ですって……!」

P「この前も高木社長と黒井社長が酔って俺のことを……」

小鳥「ピ、ピヨォ……」

P「だから少人数の時は! 勘弁してください!」

小鳥「わ、分かりました…… それじゃあ、誘うのはあずささんだけという事で……」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:09:19 ID:R3nD9V+W0
 夜

あずさ「うふふ~ 美味しいですね、ここ~」

小鳥「あ、あずささん こっちのも美味しいですよ!」

P「よし、大分お酒が入って来たな…… ここらで、リサーチ開始だ!」

P(どんな話題から切り出そうか…… >>123

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:10:24 ID:hFf5AP7W0
ファーストキスは何歳?

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:14:18 ID:R3nD9V+W0
P「そう言えばお二人とも、ファーストキスっていくつのときですか?」

小鳥「おっ、突然恋バナですね!」

あずさ「あら~ 何だかドキドキしちゃいますね~」

P「いやあ、ちょっと気になっちゃって 教えてください」

小鳥「>>130

あずさ「あらあら~」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:15:17 ID:fF2919y60
0歳、お父さんに無理やり

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:17:35 ID:R3nD9V+W0
小鳥「0歳の時にですねー お父さんに無理やり」

あずさ「うふふ、可愛い思い出ですね」

小鳥「ええ、まあ私はよく覚えてないんですけどね……」

P「へえ、そうなんですか」

P(違う、違うんだよ小鳥さん! そういうファーストキスじゃなくて!)

P(どうしよう、掘り下げるべきか否か >>136

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:18:23 ID:fF2919y60
触れないであげよう

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:20:13 ID:R3nD9V+W0
P(でも、こうやってかわしてくるってことは言いたくないのかもな……)

P(嫌なことは聴かない それが大人ってもんだな、うん)

P(それじゃあ、次はこの話題だな…… >>142

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:21:30 ID:eW8ks/LX0
初体験はいつですか?

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:24:14 ID:R3nD9V+W0
P(確かにファーストキスには触れないとは言った)

P(だが路線を変えるとは言っていない)

P(ぶっこんでやる! この話題を!)

P「あ、それじゃあ 初体験はいつですか」

小鳥「え」

あずさ「あ、あらあら~ プロデューサーさん?」

小鳥「……>>152

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:25:24 ID:g93j5sJS0
29さい(予定)

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:30:01 ID:R3nD9V+W0
小鳥「2、29……」

あずさ「えっ?」

P「ん?」

小鳥「29ですう!」

小鳥「何ですか! 馬鹿にしてるんですかあ! どーせ寂しい青春時代でしたよーだ!」

あずさ「小鳥さん……」

P(あ、思ってたより酔ってたな 小鳥さん……)

小鳥「うう…… 何ですかこれ…… 酷いですよ…… グスッ」

P(あ、やば 泣く)

P「こ、小鳥さん! >>162

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:30:50 ID:v+wRM46F0
先に帰ってください

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:33:04 ID:R3nD9V+W0
P「音無さん、先に帰ってください」

小鳥「!」

あずさ「ぷ、プロデューサーさん!」

P「だって >>176だし……」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:33:49 ID:CRWTN1B20
明日朝早いし

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:38:55 ID:R3nD9V+W0
P「だって、明日朝早いし……」

小鳥「ええ?」

P「いや、そう言えば音無さんだけ明日も通常業務だったなって」

P「もうそろそろ、帰った方がいいかなって……」

あずさ「プロデューサーさん!」

P「は、はい」

あずさ「タイミングを考えてください! ひどすぎますよ!」

小鳥「グスッ、そうですよ…… ひどいです……」

P(何とかしなきゃ…… >>183だ)

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:40:24 ID:CRWTN1B20
すいません、だけど仕方ないんです

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:45:03 ID:R3nD9V+W0
P「すいません、だけど仕方ないんです」

小鳥「!!」

あずさ「さ、最低です……」

P「……(どうして二人はこんなに怒っているんだろうか……?)」

それから俺と音無さんの関係は修復できず、ギスギスしたままの裏方のいる仕事場が上手くいくはずはなかった

765プロはついに花開くことなく倒産し、それから音無さんとはもう2度と会うことは無かった……


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:46:08 ID:R3nD9V+W0
やり直す、すまんな

>>195 どっからやり直すか決めてくれ

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:46:59 ID:1ANt52SU0
飲みに誘う所

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:50:57 ID:R3nD9V+W0
P(嫌な事件だったね…… 世の中には取り返しの付かないこともあるよね……)

P(ごめんな皆、そして音無さん)

P「よし、気を取り直して 音無さんを飲みに誘うか」

P「音無さん、今日飲みに行きませんか?」

小鳥「いいですね! 社長とあずささんも誘いましょう!」

P「>>204!」

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:52:55 ID:H7aXgxya0
二人きりじゃ…ダメですか?

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:56:16 ID:R3nD9V+W0
P「二人きりじゃ…ダメですか?」

小鳥「え?」

P「きょ、今日は音無さんと二人で飲みに行きたいです」

小鳥「……」

P(ど、どうだ……?)

小鳥「うふふ、いいですよ」

P「ほ、ホントですか!」

小鳥「その代わり、お店 調べておいてくださいね?」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 01:59:17 ID:R3nD9V+W0
P「おお、音無さんと二人きりか……」

P「プレゼントのリサーチをと思ってたけど、攻めたな、俺……」

P「取りあえずお店を決めて……>>212だな」

P「あと、他にやるべきことってあるだろうか……? >>218

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:00:35 ID:gafJfcCI0
さいぜ

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:01:33 ID:F2PS86No0
婚約指輪を買う

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:06:30 ID:R3nD9V+W0
P「お店は、サイゼリヤ そして……」

P「け、け、結婚指輪を……」

P「よし、頑張れ、俺……」

 そして夜

小鳥「プロデューサーさん、今日のお仕事終わりましたよ」

P「あ、それじゃあ、行きましょうか」

小鳥「うふふ、何処に連れて行ってくれるんですか?」

P「サイゼリヤです!」

小鳥「……? サイゼリヤ?」

小鳥「>>236

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:07:42 ID:6rGS3vBQ0
死ねカス

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:11:12 ID:R3nD9V+W0
小鳥「死ねカス」

P「え」

小鳥「何なんですか! あんな誘い方しておいてファミレスって!」

小鳥「からかってるんですか? そうなんですね!?」

小鳥「うわ、あいつ、本気にしてるぜって! 馬鹿にしてたんでしょう!」

小鳥「プロデューサーさん、酷いです!」

P「お、音無さん! >>247!」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:11:54 ID:c00omcti0
結婚してください

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:15:37 ID:R3nD9V+W0
P「結婚してください!」

小鳥「は、はあ!?」

P「そんな、からかってただなんてとんでもない!」

P「俺本気です! 本気で音無さんのこと好きです!」

小鳥「じゃ、じゃあ何ですかサイゼリアって!」

P「すみません! だって俺、今まで彼女とかいたことなくて」

P「どうすればいいか分からなかったんです!」

小鳥「……それじゃあ、本気、なんですね?」

P「もちろんです!」

小鳥「>>258

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:16:14 ID:2caxLYZv0
チョロイ女だな
安価した

259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:16:29 ID:CRWTN1B20
よろしくお願いします

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:21:45 ID:R3nD9V+W0
小鳥「よろしくお願いします」

P「ほ、ホントですか?」

小鳥「……まあ、こんなムードのない告白でびっくりしましたけど」

小鳥「ちょっと変な人だって言うのは、分かってましたから」

P「すみません……」

小鳥「……ふふ、謝らなくていいですよ」

小鳥「サイゼリヤはさすがにびっくりしましたけど、それでもプロデューサーさんがいいです 私」

小鳥「これからよろしくお願いしますね?」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:22:35 ID:R3nD9V+W0


これじゃない感が凄い

もう一回やっていい?

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:24:15 ID:R3nD9V+W0
>>280 もう好きなシチュ書いてくれ

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:25:53 ID:o0U2CPGf0
老後

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:33:15 ID:R3nD9V+W0
小鳥「……なんてこともありましたね」

P「よしてくれよ、恥ずかしい……」

小鳥「あのあと本当にサイゼリヤに行っちゃうんですから……ふふ、おかしいですよね」

P「……」

小鳥「……」

小鳥「……あれから、もう何十年も経って……」

小鳥「Pさん、私、幸せでした……」

P「なんだよ急に……」

小鳥「うふふ、私ももういつまでか分かりませんから 言いたいことは言っておこうって」

小鳥「大好きですよ、Pさん……」

老後ってこう? これで大丈夫?

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:39:45 ID:R3nD9V+W0
小鳥「あ、テレビ…… 春香ちゃんの若いころの特集ですって」

P「本当だ 若いなあ春香も……」

P「小鳥にもこんな頃があったなあ……」

小鳥「……」パシッ

P「あいてっ」

小鳥「もう、デリカシーのないのは変わりませんね」

P「……そうかな」

小鳥「そうです」

294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:43:20 ID:R3nD9V+W0
P「そんなことないと思うんだけどな……」

小鳥「もう、分からないなら筋金入りですね まったく」

小鳥「……あら、もうこんな時間かあ お夕飯作らなくちゃ」

P「なあ、小鳥」

小鳥「何です?」

P「今日、外食でもしないか」

小鳥「え、今からですか?」

P「ああ」

小鳥「良いですけど、あんまり高い所は嫌ですよ」

P「大丈夫だよ、さ、行こう」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19 02:49:21 ID:R3nD9V+W0
小鳥「うふ、うふふふ……」クスクス

P「何だよ、そんなに笑う事じゃないだろ」

小鳥「うふふ、すみません まさか行きたいっていうのがサイゼリヤだとは……」

小鳥「かわいいのも変わりませんねー うふふ」

P「えー、ロマンチックだろう? これって」

小鳥「ええ、ロマンチックです とっても」

P「……」

小鳥「……」

P「ふふ、あはは」

小鳥「うふふ……」

P「まあ、それじゃあ、恋人気分で乾杯と行こうか」

小鳥「はーい」

P「それじゃ、乾杯」チン

小鳥「乾杯」チン

小鳥「愛してますよ、プロデューサーさん♪」
                          おわり


P「765プロのかわいい事務員をそろそろ本気で落とす」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379515678/)