1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 12:22:19 ID:1/yqPdhK0
アリス「うえぇぇぇんなんでみんなの前で言っちゃうの!」

シノ「そこも可愛いのですが」

アリス「ぐすっなんで寝た振りしてたのシノ」

シノ「アリスが可愛かったので」

アリス「嬉しいけど嬉しくないよぉ」

綾「これが愛ね!」

陽子「ちげーよ!」

005

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 15:45:21 ID:6uPaC2le0
シノ「大丈夫ですよ。アリスは小学生みたいな体型ですから許されます」

アリス「フォローになってないよ…」

シノ「お股を押さえて唇を噛んでこらえるアリス…」

シノ「そして目に涙をためながら限界を迎えておもらし。頭が真っ白に…」

シノ「これはそそりますね」

陽子「うわあ」

シノ「金髪外人のおもらしなんてレア中のレアですよ!シーツを保存したいくらいです」

アリス(理解できないよ…)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 15:52:39 ID:6uPaC2le0
カレン「おはよーごじゃいまーす!」

シノ「カレンはおもらししたことありますか?」

カレン「おもらし、デスか?」

シノ「トイレに間に合わずに放尿することです」

カレン「あはは、そんな恥ずかしいことは小学生で卒業しました!」

綾「そりゃそうよね」

カレン「もし高校生でおもらしする人がいたら大爆笑でーす!」

アリス「うぅ」

カレン「アリスどうしたです、お腹痛いですか?」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:02:03 ID:6uPaC2le0
シノ「カレン、実はアリスは今でもお漏らしするんですよ」

カレン「Oh……それは本当ですか?」

アリス「…」

カレン「あ、あの、今の発言は撤回します。だから怒らないでください」

アリス「大丈夫だよ………カレンだって悪気があったわけじゃないし」

カレン「それにしても……前の日の夜にジュースでも飲み過ぎたんじゃないですか?」

アリス「うーん…思い当たることと言ってもシノが怪談話をしたことぐらいしか…」




アリス「……は!」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:07:51 ID:6uPaC2le0
アリス(ま、まさか…)

シノ「?」

アリス(で、でも、まさか狙ってやったわけじゃないよね…)

アリス「あのさ、シノ。最近よく怖い話をするよね」

シノ「そうですね。その類の話が実は大好きなんですよ」

アリス「へ、へー」

シノ「この間も早く反応がみたくて利尿剤を…………おっと口が滑りました」

アリス「!?」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:12:39 ID:6uPaC2le0
陽子「おいおい…そのおねしょ治らない癖じゃなくて…」

綾「シノが意図的にさせてたってこと…?」

アリス「ひ、ひどいよ!何が楽しくてこんなこと…!」

シノ「だって、アメリカのドラマでもおねしょなんてシーン見ないじゃないですか。
   すごく興味を魅かれて…」

アリス「そういえば克服したはずだけど……日本に来てから再発したと思ってたけど」

シノ「てへぺろ」

アリス「…」

カレン「これは衝撃ですね」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:16:53 ID:6uPaC2le0
シノ「でもねアリス。わたしはもっとすごい欲望を持ってるんですよ?」

アリス「え…?」

シノ「出来ることなら………飲んでみたいんですおしっこを!直接!」

綾「うっわ…」

陽子「とんでもない変態だな」

カレン「シノはああ言ってますが、アリスはどうします?」

アリス「…え、ええと…」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:21:29 ID:6uPaC2le0
アリス「ちょ、直接って…?」

シノ「もちろんアリスのぴったり閉じた下の口に口づけてです!」

陽子「真っ昼間からストレートな下ネタやめろ///」

アリス「い、いくらなんでも直接は駄目だよ!」

カレン「突っ込むところはそこですか」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:28:33 ID:6uPaC2le0
シノ「…」

アリス「……シノ?」

シノ「…その古いお屋敷には厳重に鍵をかけられた扉がありまして…」

アリス「ひぃ!?」

シノ「ある時その扉が開いていたので、好奇心に負けて女の子は入って行きました…」

綾「…」ゴク

シノ「長い階段を下りて見つけた檻の中には…………」

アリス「あっ……あああ……」フルフル

カレン「だめですアリス!今ここでやってしまうと…」

シノ「牛の頭をした女が座っていたんですよ!!!!」クワ

綾「ひゃああああああああ」ジョー

陽子「お前が漏らすのかよ!!」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:32:44 ID:6uPaC2le0
ザワザワ…

シノ「す、すみません…さすがにこれは予想外でした…」

綾「うう……急にそんな怖い話するからぁ……」ヘタ…

陽子「こ、ここはとりあえず保健室に行くか…」

カレン「後の処理はわたしたちに任せるです」

綾「……うん」ヨロヨロ

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:37:55 ID:6uPaC2le0
陽子「大丈夫か綾…」

綾「…大丈夫に見える?」

陽子「そ、そうだよな」

綾「パンツの替えなんて持ってないのに……」ヒック

陽子「そのままってわけにもいかないし……、早く脱ごう」

綾「うう…///」

陽子「な、なに?」

綾「あんまりじっと見られると困るんだけど…///」

陽子「あ、ああごめん気が利かなくて…」

綾「…」ゴソゴソ

陽子(な、なんかドキドキする…)

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:42:23 ID:6uPaC2le0
綾「うわあ……びしょびしょ」

陽子「白だから余計目立つな…」ゴク

綾「陽子…?」

陽子(うわあ……なんかすごく興奮する…)ス…

綾「ちょっと…手にとってなにマジマジと…」

陽子「はむっ…!」ジュルル

綾「は、はああああああ!?」

陽子「んっ……れろ」チュパア

綾「や、やめなさいよ!そんな汚いところ舐めるのは!!」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:46:00 ID:6uPaC2le0
陽子「っふう………あらかた吸ったかな」

綾「とうとう頭おかしくなったの…?」

陽子「いや……全部舐めとれば履けるようになるかなって…」

綾「なにをどうやってそんな思考になるのよ……それに涎だらけだし」

陽子「しまった…」

綾「これじゃノーパンのまま下校するはめに…」

陽子「…よし!」スル

綾「ええ!なんで自分のパンツ脱いで…」

陽子「あたしのパンツあげる!」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16 20:50:27 ID:6uPaC2le0
綾「陽子…」

陽子「で、あたしが綾のパンツを…」ネチョ

綾「ええ…///(陽子があたしのを…)」

綾「し、仕方ないわね」グイ

綾(よ、陽子のぬくもりが…)

陽子「これで万事OK!」

綾「どこがよ」クス

2人「あははは」

シノ「思いがけず仲が深まってよかったですね」

カレン「でもクラスメートに見られましたよ。これはトラウマものですね」

アリス「でも嬉しそうだからいいのかな」

おわり


シノ「アリスは夜のトイレに一人で行けずお漏らしします」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381893739/)