1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:16:29 ID:Q5QHuTP60
穂乃果「あーヒマヒマヒマヒマヒマ」

にこ「そうねえ。せっかく練習休みにしたっていうのに、こう暑いんじゃなにもする気になれないわね」

真姫「だからってみんなして部室に来ることないじゃない」

希「そんなこと言って、真姫ちゃんだって部室に来てるやん」

真姫「ほ、ほかにすることがなかっただけよ」

004

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:18:00 ID:Q5QHuTP60
凛「あついーとけるニャー」

かよちん「暑い暑いって言うと本当に暑くなってくるよ」

凛「じゃあ涼しいって言ったら涼しくなるニャ?」

かよちん「多分」

凛「涼しい涼しい涼しい涼しい」

真姫「そんなわけないじゃない。ばかね」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:20:27 ID:Q5QHuTP60
穂乃果「そうだ!」ガタッ

海未「いきなり立ち上がって、どうしたんですか?」

穂乃果「自己紹介ごっこをしよう!」

にこ「はあ?」

穂乃果「皆初対面って設定で、好きなモノとかを言っていくの」

にこ「それの何が楽しいのよ」

希「いや、改って言う恥ずかしさを楽しむと思えば・・いいやん!」

えりち「何をどう楽しむっていうのよ。まあ他にすることもないし、いいんじゃないの?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:23:02 ID:Q5QHuTP60
穂乃果「じゃあ決定だね!」

ことり「どういう順番でやっていくの?」

穂乃果「クジをひいて、当たった人からやっていこう」

海未「そのクジは今から作るのですか?」

穂乃果「んーん、実はここにあります!」

どん!

凛「ティッシュ箱ニャ」

にこ「用意周到ね」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:25:30 ID:Q5QHuTP60
にこ「じゃあここは代表して部長のこのにこにーが引いて――」

穂乃果「一番目は――希ちゃん!!」

にこ「ってさらっと無視してるんじゃないわよ!」

希「うちから?何を言えばいいん?」

えりち「なんでもいいんじゃない?」

穂乃果「ではどうぞ!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:30:59 ID:Q5QHuTP60
ぱちぱち

希「んー、なんか緊張するやん」

希「えーと・・東條希、好きな食べ物は焼き肉。趣味は占いです。よろしくおねがいします」
ぺこり

凛「はいはいしつも~ん」

穂乃果「どうぞ」

凛「占いってなんですかー?当たるんですかー?どうやるんですかー?」

希「カードで占うんよ。自慢やないけど、うちの占いは百発百中――」

凛「もう一個質問するニャ。焼き肉ばっかり食べてるからそんな身体になったんで」グサッ

えりち「か、カードが額に刺さった・・」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:33:57 ID:Q5QHuTP60
希「カードが言ってたんよ。天罰がくだると」

穂乃果「はい、異常です。じゃあ次のクジひきまーす」

かよちん「凛ちゃん大丈夫?」

凛「ひどいニャ。冗談だったのに」

希「冗談でも言っていいことと悪いことがあるって知ってる?」にっこり

凛「知ってますすいません」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:47:27 ID:Q5QHuTP60
穂乃果「じゃあ次はことりちゃん」

ことり「は、はいっ」

がたんっ

にこ「何マジに緊張してんのよ」

ことり「み、南ことり。好きな人は園田海未ですっ」

にこ「えっ」

ことり「――あ。じゃなくって、ちがくって、その・・チーズケーキが好きですよろしくおねがいします」ぺこり

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:49:35 ID:Q5QHuTP60
シーン

えりち「ちょっと今のは・・」

凛「フォロー出来ないニャ」

ことり「う、うう・・」

穂乃果「ということですが、海未ちゃんはどう想ってるんですか?」

海未「しゅ、趣旨が変わってませんか?」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:54:40 ID:Q5QHuTP60
穂乃果「海未ちゃん、穂乃果達はどうして自己紹介ごっこなんてくだらないことをしてるんだっけ?」

にこ「くだらないって認めた」

真姫「認めたわね」

海未「それは、暇だから・・です」

穂乃果「そう。暇だから何か面白いことをしたくて、やってるの」

穂乃果「で、今最も面白いことはなんでしょうか。はなよちゃん!」

かよちん「ことりちゃんの告白です!」

穂乃果「正解!!」

ことり(プルプル)

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:56:39 ID:Q5QHuTP60
かよちん「やったー」

海未「やったーじゃありません!そんなふうにからかって、ことりが可哀想です」

穂乃果「そうだよね、可哀想なことりちゃん。勇気を出して告白したのにこんなふうにはぐらかされて」

海未「なっ」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:57:10 ID:Q5QHuTP60
真姫「みんながいるから答えづらいんじゃない?」

にこ「一理あるわね」

凛「おじゃま虫は退散するニャー」

穂乃果「えー、面白くなりそうなのにー」

にこ「いいから。いくわよ」

うみこと以外退散

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 21:58:43 ID:Q5QHuTP60
海未「ええー」

ことり「・・・」

海未(な、何か話しかけなければ・・)

海未(しかし、さっき言ったことは本当なのでしょうか?)

海未(ことりがあんな冗談を言うとは思えません)

海未(けど、女の子同士ですよ・・?)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:01:02 ID:Q5QHuTP60
海未「元気だしてください。何かの間違いで言ったんですよね?私から、みんなにそう伝えておきますから」

ことり「冗談じゃない・・って言ったら、どうする?」

海未「えっ」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:02:47 ID:Q5QHuTP60
海未(まさか・・本当に?)

ことり「私ね、本気なの」立ち上がる

海未(し、しかし私には穂乃果が・・)

ことり「私、海未ちゃんのことが好きなの!」

海未(か、顔が近い・・)

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:05:29 ID:Q5QHuTP60
ことり「でも、迷惑だよね・・ごめんね、私のせいで変な空気になっちゃって・・」グスッ

海未(はうっ!涙目のことりかわいい!)

海未「クジ引きますね・・」

ことり「え?」

海未「どうやら次は私のようです」

ことり「どうしてこのタイミングで続きをするの?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:09:26 ID:Q5QHuTP60
海未「園田海未、16歳、魚座、好きな食べ物穂乃果の家のまんじゅう」

ことり「海未、ちゃん?」

海未、「趣味は読書と書道、得意料理は餃子と炒飯。得意科目は古文と漢文」

ことり「海未・・ちゃん?」

海未「そして――好きな人!!」

ことり(ビクッ)

海未「南ことり」

ことり(!!)

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:11:07 ID:Q5QHuTP60
海未(女の子同士とか、穂乃果のこととか、もうどうでもいいです。いえ、穂乃果は大切な友達ですが――)

海未(そういうことではなく、私はただことりに悲しんでほしくないだけ)

海未(いえ、違いますね。この胸を締め付けるような感覚は――)

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:13:08 ID:Q5QHuTP60
海未「ことり・・私も貴方が好きです。そのことに、私はずっと気付けていなかった」

ことり「海未ちゃん・・」

海未「ことり。愛しています。私と付き合ってください!」

ことり「ううっ・・」

海未「ええっ、ど、どうして泣くんですか?」おろおろ

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:14:49 ID:Q5QHuTP60
ことり「う、うう・・」

海未「あわわ・・えっと、す、すいません・・」

ことり「違うの。違うんだよ」

ことり「私、嬉しいの。嬉しいはずなのに・・涙が止まらないの・・」

海未(ことり・・貴方はずっと一人で想いを抱え込んでいたのですね)

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:16:42 ID:Q5QHuTP60
海未「無理して泣き止まなくていいですよ」

ことり「でも、でもっ」

海未「いいんです」ぎゅっ

海未「泣きたいのなら、私の胸でいっぱい泣いてください。それだけ私を想ってくれているってことなんですよね?」

ことり「うん・・」ぎゅっ

ことり「海未ちゃん・・あったかい・・」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:19:04 ID:Q5QHuTP60
ことり「海未ちゃん」

海未「ことり」

ことり「海未ちゃん」

海未「ことり」

ことり「海未ちゃん海未ちゃん」

海未「ことりことり」

ことり「海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん」

海未「ことりことりことりことりことりことりことり」

海未「ふふ、私の方が一回多いです」

ことり「私だって負けないよ。海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん」

海未「ことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことりことり」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:20:41 ID:Q5QHuTP60
海未(どうしてでしょう)

ことり(ただ名前を呼び合っているだけなのに)

海未(苦しくて)

ことり(切なくて)

海未(だけど嬉しくて)

ことり(温かい)

海未・ことり(ずっと、こうしていたい)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:23:19 ID:Q5QHuTP60
ことり「海未ちゃんの髪、すっごく綺麗」

海未「ことりの髪だって負けていません」

ことり「海未ちゃんの声、すごく好き」

海未「ことりの声も好きです」

ことり「うみちゃん大好き、愛してる」

海未「愛してますことり・・」

ことり「こうして抱き合っていると、海未ちゃんの鼓動が伝わってくる」

海未「ことりの鼓動もドキドキですね」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:25:10 ID:Q5QHuTP60
ことり「もうだめ・・言葉だけじゃ、我慢できない」

海未「私もです・・キス、してもいいですか?」

ことり「うん。お願い」目を瞑る

海未(ああ・・なんて柔らかそうな唇)頬に手を当てる

海未「んっ・・」

ことり「んんっ・・」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:28:36 ID:Q5QHuTP60
ことり(あっ、何か温かいものが・・これは・・舌?)

海未(ことりの舌を感じます。吐息も・・唾液も・・全部が愛おしい)

ことり「ん、んんっ・・ちゅくちゅく・・うみ・・ちゃ・・んあっっ・・んっ・・ちゅぱちゅぱ・・」

海未「・・じゅるじゅる・・んんっ・・」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:30:28 ID:Q5QHuTP60
海未「ぷはっ」

ことり「はあ・・はあ・・」

ことり「海未ちゃんのキス、激しい。本当にはじめてなの?」

海未「初めてだなんて、いつ言いました?」

ことり「ええっ・・んっ」

海未「ちゅぱちゅぱ・・・ふうっ・・冗談です。初めてですよ。ことりが私の初めてです」

ことり「もうっ。いじわる」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:33:16 ID:Q5QHuTP60
海未「ことり!」押し倒す

ことり「きゃっ」

海未「ことり、ことりっ」
胸を揉む

ことり「あっ、そんな激しく・・やんっ」

ワイシャツのボタンを外し、ブラまで取る

海未「こうして生で見ると、私より大きくて柔らかそうで・・」

海未「ずるいって想ったこともありました。でも、今はこれが私のものだと思えば・・」

乳首をつまむ

ことり「ひゃんっ」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:36:04 ID:Q5QHuTP60
ことり「海未ちゃんのも・・見せてぇ?」

海未「ことりが脱がしてください・・」

ことり「うん。じゃあ、私が上になるね?」

入れ替わる

ことり「海未ちゃんの乳首・・綺麗」

海未「そんなこと言われたの初めてです。見せたのも初めてですけど・・」

ことり「えいっ」乳首と乳首をあわせる

海未「あっ」

ことり「おっぱいとれいん連結!」

海未「ちょっ・・こすれて・・んぁっ」

ことり「はあ・・はあ・・」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:38:00 ID:Q5QHuTP60
ことり「下も脱がすね?」

スカートに手を入れ

海未「た、タイム!」

ことり「だめです」

海未「そ、そこはさすがに・・あ、ちょっ・・くすぐらないでっ・・」

ことり「隙あり!」一気にパンツを引っ張る

海未「はうっ」手で隠す

ことり「どうして隠すの?」

海未(だって・・こんなに濡れて)

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:40:46 ID:Q5QHuTP60
ことり「手ぇどけて?」

海未(そんな目で言われたらどけるしかないじゃないですか)

海未(けどやっぱり恥ずかしいっ)

海未(迷いの振り子が止まりません)

でも手をどける

ことり「凄い。海未ちゃんのここ、ピンク色で綺麗だよ」

くちゅくちゅ

海未「あっ!」(ゆ、指が・・)

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:43:07 ID:Q5QHuTP60
海未「あぅ、ぁっ、そんなっ、ぁあっ! んあっ・・んあぁっ・・そんなに・・いじられたらぁっ! ひゃんっ!・・いっちゃ・・ああああっ」

ことり「今度は海未ちゃんがして?」

海未「は、はい・・」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:45:43 ID:Q5QHuTP60
海未(こうして私達は一線を越えた関係になりました)

海未(このことは二人だけの秘密にしようって想ったんですけど、すぐにばれてしまって・・)

海未(けど、みんなは祝福してくれました)

海未(いい仲間に巡り会えて私は幸せです)

海未(もちろん、ことりといる時が一番幸せなんですけど)

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 22:46:29 ID:Q5QHuTP60
にこ「という夢を見たんだけど」

希「スピリチュアルやね」


おしまい


ことり「南ことり、好きな人園田海未」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383394589/)