1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 16:48:52 ID:6cwk3RQS0
ー1-B教室ー

ワイワイ

アリス「お昼休みだよー」

忍「お弁当食べましょうか、アリス」



陽子「おっ綾、その唐揚げうまそうだなー」

綾「そ、そう?」

綾「これ自分で作ったんだけど、良かったら食べる?」

陽子「おーマジか!」

陽子「ありがとういただきまーす!」ヒョイパク

陽子「んーおいしい! 綾料理うまくなったなー」ムシャムシャ

綾「そ、それほどでもないわよ///」

陽子「なんかいつももらってばっかりで悪いね」

カレン「……」

003

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 16:52:03 ID:6cwk3RQS0
カレン「だったら、ヨーコもお弁当少しアヤヤに分けてあげたらどうデス?」

綾「えっ」

陽子「おっ、ナイスアイディア。じゃあ綾、この肉団子あげるよ」

陽子「はい、あーん」

綾「え、ええっ!?」

綾「いや、別に私そんなつもりじゃ……」

陽子「まぁまぁ。綾ちょっと痩せ気味だしもうちょっと食べた方がいいと思うよ?」

カレン「そうデスそうデス」ムフフ

陽子「ほらほら。カレンもそう言ってるじゃん」

陽子「はい、あーん」

綾「う、うう……仕方ないわね」

綾「あ、あーん……///」パクッ

陽子「どう? おいしいでしょ!」

綾「え、ええ……///」ムグムグ

綾(……恥ずかしさで味が全く分からない///)シュー

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 16:55:38 ID:6cwk3RQS0
ー廊下ー

綾「はぁ……」

カレン「あれ? ため息なんかついてどうしたデス? アヤヤ?」

カレン「陽子の好物を弁当に入れて交換してもらう作戦、成功したじゃないデスか!」

綾「そ、それはカレンが勝手に言ってただけじゃない」

カレン「でもしっかり実行してるじゃないデスか。唐揚げ自作までして」ムフフ

綾「今日はお弁当自分で用意しないといけなかったから……偶然よ!偶然!」

綾「別に陽子のことなんて全然意識してないから!」

カレン「はいはい、分かったデスよ」フフッ

カレン「それで、ため息なんかついてどうしマシタ? 何か悩み事でもあるデス?」

綾「いや、まぁ、ちょっと……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 16:59:20 ID:6cwk3RQS0
綾「私って、友達相手にでも緊張してばっかりじゃない」

カレン「え、ああ、ハイ」

カレン(友達というか、その中の約一名相手のときだけデスけどね)

綾「それで、最近思うんだけど……」

綾「友達相手でもこんなにぎこちない素振りになっちゃうのに、」

綾「まして好きな人なんかできちゃったら、私どうなっちゃうんだろう……って」

綾「絶対素直に振るまえる気がしないわ。私こんなのでいいのかしら……」

カレン「……」





カレン(……アヤヤの言うことはたまに冗談と本気の区別がつかないデス)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:03:15 ID:6cwk3RQS0
カレン「Hm……よく分かりませんが、ヨーコと付き合ったときに素直に振るまえるようになりたい、ということデスね?」

綾「そ、そんな、私陽子のことなんて一言も言ってないじゃない! なんでそうなるのよ! ///」カァッ

カレン「そういうことなら、私にいい案がありマス!」

綾「大体カレンは私のこと見ていつも陽子陽子言ってるけど」

綾「私、別に陽子のことなんてそんなに……って」

綾「えっ?」



カレン「アヤヤ、私と付き合うデス!」

綾「」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:07:17 ID:6cwk3RQS0
綾「えっ、えっ、えっ???」

綾「そんな、付き合ってって、私……」

綾「急にそんなこと言われても……///」オロオロ

カレン「OKデスね?」

カレン「じゃあ今度の日曜日、〇〇駅前に来てクダサイ!」

綾「……えっ?」

カレン「楽しみに待ってマスよ!」タタッ

綾「ちょ、ちょっとカレン!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:11:16 ID:6cwk3RQS0
ー〇〇ランドー

綾「……って」

カレン「ワォ! 私ここ一度来てみたかったデスよー!」アハハ

綾「ここ遊園地じゃない!」

カレン「そうデスよ?」

カレン「そうじゃなければアヤヤは一体何だと思ってたデス?」

綾「付き合って、って言うから私てっきり……///」

綾「い、いや、そんなことより!」

綾「あの流れからどうして遊園地なのよ!」

カレン「恋人どうしで来る場所と言えば遊園地じゃないデスか!」

カレン「アヤヤにいずれ恋人ができたとき、自然に振るまえるよう今から練習しておこうというわけデス」

綾「いや、それカレンが遊園地来たかっただけじゃないの……」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:14:27 ID:6cwk3RQS0
カレン「まぁまぁ、細かいことはいいじゃないデスか!」

カレン「せっかく来たんだから沢山遊ばないと損デスよ!」

カレン「私と恋人の練習でもしながら、せいいっぱい楽しみマショー!」タタッ

綾「こ、恋人だなんてそんな……///」



カレン「Heyタイショー! 子供二枚!」

綾「……カレン、高校生は大人料金よ?」

カレン「What!?」ガーン

綾「……もう、カレンったら」

綾「なんだか、恋人というより子供と来てるみたいね」クスッ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:18:00 ID:6cwk3RQS0
ワイワイガヤガヤ

カレン「まずはどこから行きマスか?」ワクワク

綾「うーん、一応恋人と行く場所を考えるんでしょ?」

綾「そもそも遊園地で恋人らしいことって、何をすればいいのかしら」

カレン「アヤヤならよくそういうこと想像してるんじゃないデスか?」

綾「カレンの中の私はどんなキャラなのよ。あんまり考えたことなかったわ」

綾「うーん、恋人と遊園地かぁ……」

カレン「何か思いつくデス?」

綾「そうね……遊園地と言えば普通わいわい騒ぐ所だけど、そこは逆にカップル二人だけの時間が流れてるのがロマンチックだと思うわ」

綾「メリーゴーランドやコーヒーカップで周りの喧騒をよそにゆったりと過ごす二人……。甘い音楽の下で静かに動き続ける乗り物の腰掛けながら、これからの幸せな日々に想いを馳せるの。
言葉なくとも、ただ好きな人がそばにいるだけで感じられる確かな幸せ。それこそが二人の心に通う真のアトラクション……なんて」ペラペーラ

カレン「あっ、アヤヤこれなんかどうデス?」

カレン「もぐらたたきー!」ジャン

綾「カレン、私の話聞いてた?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:21:08 ID:6cwk3RQS0
ピコピコピコ

カレン「I did it! 3位デスよ3位!」

綾「遊園地に来てまずゲームコーナーに来るカップルがどこにいるのよ……」

カレン「ほら、アヤヤもやってみるデス」ヒョイ

綾「え!? 私!? いいわよ別に見てるだけで……」

カレン「ノンノン、何事もチャレンジデスよ!」

カレン「今ここで練習しておけば、陽子とデートに来たときいいとこ見せられるかもしれマセンよ?」

綾「べ、別に陽子にいいカッコなんて……///」

カレン「……もぐらたたきに挑むアヤヤを見てヨーコはこう言うデス」

カレン『アヤってハンマー使えるんだね!スゴーい!』

カレン『これなら二人で同棲して万一新居にもぐらが出ても安心だな!』 

綾「そ、そんな陽子……気が早いわ同棲だなんて……」キュン

綾「それに二人の新居って……キャー!! ///」バンバンバン

パンパカパーン

カレン「あ、ハイスコアデス」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:24:18 ID:6cwk3RQS0
カレン「アヤヤ、あれは一体何デス?」

綾「コーヒーカップね。中に入ってぐるぐるカップを回して遊ぶのよ」

カレン「ワォ、何だか面白そうデス!」

カレン「やってみマショウ!」

綾「コーヒーカップっていいわよね……とっても幻想的で」

綾「あんなところで恋人どうしゆったり過ごせたら素敵だわ……」ウットリ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:27:22 ID:6cwk3RQS0
グルグルグルグル

カレン「ワォー! どんどん速くなって楽しー!」アハハハハ

綾「ちょっとカレン、回しすぎよ!」ゴー

綾「目が回るし、飛び出しそうで危ないわ!」

カレン「……」

カレン『なに、アヤ、怖いのかい?』ヨーコモード

カレン『だったら私の手を握りな……恐怖なんてかき消してあげるよ……』キリッ

綾「手を差し出す前にカップを回す手を止めてぇっ!」ゴー

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:31:24 ID:6cwk3RQS0
綾「うう……気持ち悪い」ゲッソリ

綾「恋人との幻想どころか悪い幻覚が見えてきそうだわ……」

カレン「大丈夫デスか? アヤヤ」

綾「何でカレンは平気なのよっ!」

カレン「ついはしゃぎすぎたのは悪かったデス」

カレン「ちょっとそこのベンチで休みマショウ」

綾「そうさせてもらうわ……」フラフラ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:34:32 ID:6cwk3RQS0
綾「ちょっと休んだらだいぶ落ち着いてきたわ」

カレン「それは良かったデス」

カレン「悪い思いをさせたお詫びにそこのアイスクリームおごりマスよ」

綾「そう? 悪いわね」

カレン「いいってことよ。デス!」タッタッタ

カレン「Heyタイショー、アイスクリーム二つ!」

「お味はどうなさいますか?」

カレン「私は……レモン味で!」

カレン「……アヤヤはどうしマス?」クルッ

綾「カレンと同じでいいわよ」

カレン「じゃあチョコミントで!」

綾「何で聞いたのよ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:37:47 ID:6cwk3RQS0
アリガトーゴザイマシター

カレン「はいドーゾ」

綾「私ミント味あんまり好きじゃないんだけど……」

カレン「ふっふっふ、甘いですねアヤヤ」

カレン「二人別の味にしたのはちゃんと理由がありマス」

綾「はぁ」

カレン「別々の味なら、恋人同士食べさせあいっこできるからデス!」

綾「えっ……」

カレン「同じ味を食べさせあってもしょうがないデショウ?」

カレン「というわけで、アヤヤに私のレモン味食べさせてあげマス」

カレン「はい、あーん♪」ヒョイ

綾「ちょ、ちょっと///」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:41:44 ID:6cwk3RQS0
カレン「どうしたデスか?」

綾「こんな公衆の面前で……///」

カレン「何を言いマスか!」

カレン「食べさせあいっこは恋人の愛情表現の基本デス!」

綾「そ、そうかもしれないけど……///」

カレン「これをどれだけ恥ずかしがらずにできるかが、カップルのステータスを表すのデス」

カレン「熟練のカップルになると食べさせあいっこだけで相手の料理を完食できると聞きマス」

綾「それ最初から相手の料理食べてるのと同じじゃない?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:45:21 ID:6cwk3RQS0
カレン「とにかく、これをなさないことには何も始まりマセン!

カレン「さ、早く!」

綾「わ、分かったわよ……」

カレン「はい、あーん♪」

綾「あ、あーん……///」パクッ

カレン「えへへ♪」

カレン「次、アヤヤの番デス」

綾「分かってるわよ……」

綾「はい、あーん……」

カレン「あーん♪」パクッ

ミテミテー アノコタチ タベサセアッテルー

綾(何この羞恥プレイ……///)





カレン「ミントまずっ」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:48:55 ID:6cwk3RQS0
カレン「さぁアヤヤ、元気になったならめいいっぱい遊びマショー!」

カレン「まだ乗ってないアトラクションは沢山ありマスよ!」

綾「ええ」

ージェットコースターー

綾「私、こういう絶叫系苦手なんだけど……」

カレン「大丈夫デス」

カレン「私がずっと手を握っておいてあげマスよ」

綾「えっ……」ドキッ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:52:13 ID:6cwk3RQS0
ゴォーッ

カレン「ワーオゥ!! たーのしー!!」\バンザーイ/

綾「キャーーーッ!!!」

―――――

綾「手握ってくれるんじゃなかったの……」ゲッソリ

カレン「Oops! 興奮しすぎてつい忘れてマシタ!」

カレン「ソーリーソーリー」アハハ

綾「Oh……」



カレン「さ、気を取り直して次行きマショー!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:55:20 ID:6cwk3RQS0
―――――

カレン「あー楽しかったデス」

綾「これで大抵のアトラクションは行ったわね」

綾「もうそろそろ観覧車とか落ち着いたやつでもいいんじゃないかしら」

カレン「でもでも、まだメインで行ってない所がありマスよ!」

綾「えっ、どこ?」

カレン「あれデス!」

ーお化け屋敷ー

綾「」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 17:59:06 ID:6cwk3RQS0
ギュッ

綾「手離さないでね」

カレン「ハイ」

綾「さっきみたいに急に離すのなしだからね」ギュッ

カレン「分かってマスよ」

綾「絶対だからね!?」ギュギュッ

カレン「痛いデス」



ヒュードロドロドロ

綾「キャーーーッ!!」ババッ

カレン「アヤヤー?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:02:29 ID:6cwk3RQS0
綾「うう……もうヤダ……」ブルブル

カレン「アヤヤはホントに怖がりデスねー」

綾「怖がりでも何でもいいから早く出ましょうよー……」ガクガク

カレン「……」

ダキッ

カレン『アヤ、怖いのなら私の中にいな』

カレン『ここにいる間は、私が守ってあげるから』

綾「えっ……」ドキッ



カレン「……ヨーコの真似デス」

綾「……」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:05:39 ID:6cwk3RQS0
綾「馬鹿ね……陽子はそんなキザなこと言わないわよ」

綾「陽子なら、黙ってこう……」ダキッ

カレン「えへへ、ナルホドー」ギュッ



綾「……」ギュッ

カレン「……」ギュッ



「……」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:09:12 ID:6cwk3RQS0
綾(カレンって思ったよりちっちゃくて抱き心地いいわね……)

ドキ……ドキ……

綾(あれ、カレン、意外とドキドキしてる?)

綾(なんだ、カレンもホントは怖かったんじゃない)クスッ

綾(何だか、私一人だけおびえてて馬鹿みたい)

バッ

綾「さ、落ち着いたらさっさと次行きましょう」テクテク

カレン「あっ……」



カレン「一人で先行っちゃうと……」

ヒュードロドロドロ

綾「キャーーーッ!!」

カレン「ほら言わんこっちゃないデス」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:12:52 ID:6cwk3RQS0
綾「もうお化け屋敷はこりごりよ……」ゲッソリ

カレン「それじゃあ、アヤヤお待ちかねの観覧車に行きマショウか」

カレン「時間もそろそろいい頃デス」

綾「……?」

ー観覧車ー

綾「わぁ……夕日がとっても綺麗……」

カレン「ここの観覧車は、夕暮れ時には太陽の光で輝く海が見えて、とっても眺めがいいと聞きマシタ」

カレン「噂どおりの美しさデスね」

キラキラ

綾「素敵……」ウットリ


「……」

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:16:35 ID:6cwk3RQS0
カレン「……アヤヤは、今日来てよかったと思いマスか?」

綾「……えっ、それは勿論だけど……」

綾「どうしたの急に。まだ今日は終わってないわよ?」クスッ

カレン「いえ……ふと思っただけデス」

カレン「今日はほとんど何も告げずに連れてきちゃったし」

カレン「そもそもアヤヤが私と二人だけで遊ぶことなんて滅多にないから、本当に楽しんでくれたかどうか、不安になって……」

綾「なによ。らしくないわね」

カレン「楽しい日の夕暮れ時はセンチな気分になるのデス」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:20:37 ID:6cwk3RQS0
綾「……そんなに心配しなくても、私は十分楽しかったわよ?」

綾「カレンと一緒に色んなアトラクションに回って、私一人じゃできないような経験も沢山できたし」

綾「恋人の練習も、遊園地でやるのはどうかとも思うけど、カレンと一緒で楽しかったわ」

綾「実際にカレンの恋人になる人は、退屈しなさそうでいいわよね」クスッ

カレン「……」



カレン「……そうデスか。それなら良かったデス」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:25:00 ID:6cwk3RQS0
綾「あーあ、私にも恋人ができたら、したいこと沢山あるのになぁ」

カレン「恋人なんて、アヤヤが望めばすぐできマスよ」

綾「そうかしら? 私自身にも色々問題があると思うのよねぇ」

カレン「大丈夫デスよ」

カレン「アヤヤはかわいいデスから、素直になりさえすれば相手はイチコロデス」

綾「か、かわいいって……おだてても何も出ないわよ」テレ

カレン「本当デスよ」クスッ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:28:43 ID:6cwk3RQS0
綾「またまた……例えば?」

カレン「えっ? うーんと……」

カレン「……?」

綾「ほら、出てこないじゃない」

カレン「……ヨーコに一途だけど、なかなか素直になれないところとか?」

綾「ちょっと! それどういう意味よ! ///」ガタッ

カレン「ごめんなさいよく分からないデス!」アハハ

綾「もー! 適当なこと言ってるんじゃないわよー!」ぷんすか

カレン「あははっ」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:33:02 ID:6cwk3RQS0
綾「もうすっかり日も落ちたわね」

カレン「ほんと、楽しいときは一瞬デス」

綾「まだ何かやり残したことはないかしら?」

カレン「うーん……」

ジャジャーン ヒュードンドンドン

綾「えっ!? なになに? 何の音!?」

カレン「夜のパレードデスよ」

綾「へぇ……」

カレン「!」

カレン「そうだ、アヤヤ、こっち来てクダサイ!」ガシッ

綾「えっ!? ちょっとカレン、パレード見ないの!?」

カレン「いいデスからいいデスから!」タッタッタ

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:36:46 ID:6cwk3RQS0
ー高台ー

テンテレテンテンテンテレテレテレ♪

カレン「ここなら、パレードが一望できるデス」

綾「わぁ……凄い……」

綾「こんなところ、よく知ってたわね」

カレン「……実は、この遊園地に来る前にアヤヤの好きそうなイベントについては色々調べてたデス」

カレン「観覧車のことも、パレードのことも」

綾「そうだったの」

カレン「こんな素敵な話もありマスよ」

カレン「パレードが佳境に入る8時ちょうどに、お城の鐘が鳴るそうデスが」

カレン「その鐘がなってるときにキスしたカップルは末永く結ばれるらしいデス」

綾「なにそれ……とってもロマンチックじゃない……」ウットリ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:40:17 ID:6cwk3RQS0
綾「素敵ね……私もいつか好きな人と一緒にそんな経験できたらなぁ……」ポー

テレテレレレレテテレテレレレレ♪

綾「……」ウットリ

カレン「……」



綾「……カレン」

カレン「ハイ?」

綾「今日はありがとうね」

カレン「……」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:44:11 ID:6cwk3RQS0
綾「最初遊園地に連れてこられたときは、ただカレンがここで遊びたかっただけかと思ってたけど」

綾「カレンはカレンなりに私のこと考えてくれてたのね」

綾「おかげで楽しいこと沢山できて、素敵なものも沢山見れて、とっても良かった」



綾「カレン」

綾「今日は本当にありがとう」ニコッ



カレン(……!)ドキッ

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:47:17 ID:6cwk3RQS0
ドンドン ワーワー

カレン(……)

カレン(……ああ、やっと分かりマシタ)

カレン(アヤヤのかわいいところは、こういう根は素直で、とっても礼儀正しいトコロ)

カレン(そして、この素直になったときの優しい笑顔デス)

カレン(私が今までアヤヤのために尽くしてきたのは、きっとこの笑顔が見たかったから……)

カレン(アヤヤ……)

カレン(アヤヤ)

カレン(アヤヤ!)

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:51:45 ID:6cwk3RQS0
綾「……もうすぐ8時ね」


カレン「―――――」フラッ


綾「えっ? 今なんて?」

クイッ

綾「?」



ちゅっ



綾(えっ……)

  ゴーン
      ゴーン
 

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:56:39 ID:6cwk3RQS0
綾(えっ? なに? なに?)

綾(何が起こったの?)

綾(急に顔をつかまれたと思ったら、カレンの顔が近くなって)

綾(くちびるに何か柔らかい物が触れて……)



綾(うそ……私)

綾(キス……されてる……)



綾(えっ、どうして?)

綾(カレンが私にキスを?)

綾(そんな)

綾(ありえない)

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 18:59:42 ID:6cwk3RQS0
ゴーン ゴーン

(カレン『その鐘が鳴ってるときにキスしたカップルは末永く結ばれるらしいデス』)

綾(そう言ってたじゃない、カレン)

綾(なのに、どうして……?)

綾(また何かの冗談なのよね……?)

カレン「……」ギュッ

綾(い、痛っ!)



レロッ……



綾(え、うそ)

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:03:13 ID:6cwk3RQS0
チュル……ヌチュッ……

綾(これって)

綾(し……)

ハッ

綾「い、いやっ!!」


ドンッ





カレン「……!」トトッ

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:07:27 ID:6cwk3RQS0
ゴーン……

ヒューヒュー ワーワーワー


綾「はぁ……はぁ……」

カレン「……」




綾「」ダッ

カレン「あっ……」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:10:32 ID:6cwk3RQS0
ダッ ダッ ダッ

綾(なんで? なんでなの?)

綾(今さっきまで、お互い楽しんでたじゃない)

綾(なのに、どうして最後の最後にこんなことするの……?)

綾(分からない……)

綾(カレンが何を考えてるのか分からないわ!)

タッタッタ……





カレン「……」



カレン「アヤヤ……」ポツリ

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:14:27 ID:6cwk3RQS0
ー遊園地出口ー

……タッタッタッタ

綾「はぁっ、はぁ……」

係員「お帰りですか?」

綾「……」コクッ



ー電車ー

ガタンゴトン ガタンゴトン

綾「……」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:17:50 ID:6cwk3RQS0
ー綾の部屋ー

ガチャ

バタン

綾「……」

ハァー

フゥー

「……」

綾(……これから、どうしよう……)

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:21:40 ID:6cwk3RQS0
―――――――――

綾(その日は結局、夜にあった出来事のことで頭が一杯になって、ほとんど眠れなかった)

綾(けれど、朝はいつも通りやって来て……翌日、月曜日)

綾(カレンのした行動の意味が分からないまま、私は重い足取りでいつもの待ち合わせ場所に向かった)

綾(だけど、そこにカレンの姿はなくて……)

綾(代わりに、陽子の携帯に一通のメールがあった)

綾(どうやらカレンは後で学校に来るらしい)

綾(私はカレンに会ったときの言い分を考えながら、学校に向かった)

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:24:43 ID:6cwk3RQS0
綾(……けれども、結局その日一日カレンの姿を目にすることはなかった)

綾(一応学校には来ていたようだけど、向こうもどうやら顔を合わせる気はないようだ)

綾(いつも休み時間は欠かさずB組に来ていたのに、それもパタリと来なくなった)



後(一方、私の頭の中も相変わらず混乱したままで)

綾(カレンと会わずにすむことにちょっと安心もしたけれど)

綾(向こうもそのことを意識してるんだと思うと、いつもじゃ想像できない状況に戸惑いを隠せなかった)



綾(そんな日がしばらく続いて……)

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:28:30 ID:6cwk3RQS0
ー1-B教室ー

ワイワイ

アリス「お昼休みだよー」

忍「お弁当食べましょうか、アリス」



陽子「綾、机こっち寄せて」

綾「ええ」ズズ

パクパク

モグモグ

「……」



 

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:31:55 ID:6cwk3RQS0
陽子「……最近カレン来ないよなぁ」

アリス「そうだねー。たまに見かけても何だか元気なさそう……」

忍「どうしたんでしょうか……いつも元気なカレンらしくないですよね」

アリス「さぁ……」

陽子「先週までは普通だったよな」

忍「今週からですよね。なんだか素っ気なくなったのは」

陽子「うーん……」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:36:08 ID:6cwk3RQS0
綾(カレン……)

綾(やっぱり、日曜のこと気にしてるの?)

綾(いつものあなたじゃ、大抵のことは気にもしなさそうなのに)

綾(やっぱり、“あれ”はカレンにとって大事な意味があったの?)

綾(もしかして、それを私がついはねのけたのがいけなかった?)

綾(どうしよう……もしかして私のせいなのかしら……)ムム

陽子「……」

陽子「綾はなにか心当たりある?」

綾「え、えっ?」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:39:19 ID:6cwk3RQS0
綾「な、なんの話だったかしら」

陽子「だから、最近カレンが元気なさそうだってこと」

陽子「なんでか分かる?」

綾「なんでって……」

綾(日曜のことは三人には言ってない)

綾(私自身もよく状況を分かってないし、あんまり適当なことは言わない方がいいかしら)

綾(もしかしたら、日曜のことは関係ないかもしれないし)

綾「私には……分からないわ」

陽子「……そう」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:42:22 ID:6cwk3RQS0
忍「どうしたもんですかね……」

アリス「心配だね……」

「……」

綾(カレン……)

綾(やっぱりあなたがいないとみんな暗くなっちゃうわ)

綾(いつもカレンの行動力にみんな元気を分けてもらってたのね)

綾(私も例外じゃないわ)

綾(前に陽子と喧嘩したときは、カレンに背中を押してもらって、陽子と仲直りできたし)

綾(日曜だって、カレンは私に恋人ができたときのことを考えて、遊園地に連れて行ってくれたんだから)

綾(カレンはいつも友達のこと思って行動してくれてる)

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:45:33 ID:6cwk3RQS0
綾(でもあのときは……)

綾(私に……キスしたときは、カレンは何を考えてたのかしら)

綾(どうしてあんなこと……)

綾(分からない……分からないわ)



綾「はぁ……」カチャ

陽子「あれ? 綾、弁当もう食べないの?」

綾「……ええ。最近食が細くて」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:48:52 ID:6cwk3RQS0
陽子「ダメだよー。前も言ったけど綾はちょっと痩せすぎだよー? もっと食べなきゃ」

綾「……ええ」

陽子「ほら、せめてこれ食べな。私の肉団子」

陽子「はい、あーん」

綾「……ええ」パクッ

綾「……」モッサモッサ



綾(ああ、カレン……)モッサモッサ

綾(あなたは今何を考えてるの……?)モッサモッサ

陽子「そんな牛みたいに鈍重な食べ方しなくても……」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:52:44 ID:6cwk3RQS0
ー帰り道ー

忍「それじゃあ、さようなら」

アリス「ばいばーい」

陽子「またなー」

綾「……」フリフリ

――――――

コツ コツ コツ

綾(カレン……)ボーッ

陽子「……」



陽子「……綾はさぁ」

綾「えっ!?」ビクッ

陽子「綾は、カレンが急に顔を見せなくなって、どう思った?」

綾「な、なによ急に……」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 19:56:37 ID:6cwk3RQS0
陽子「いや、カレンが何を考えてるのかよく分かんないからさ」

陽子「逆に、それで私達がどう思ったかってとこから考えてみようと思って」

綾「……なによそれ。ずいぶん遠回りな気がするけど」

陽子「でも現状じゃそれくらいしか分かることないじゃん?」

綾「それもそうだけど………」



綾「うーん……」

綾「カレンと会えなくなってどう思った、かぁ……」

陽子「どう?」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:00:00 ID:6cwk3RQS0
綾「……やっぱり、寂しい」

陽子「だよねー」

綾「私達普段はカレンのやんちゃな行動に振り回されてばっかりだったけど」

綾「それと同時に勇気や元気も沢山もらってたと思うから」

綾「それがなくなると思うだけで、とっても心細い……」



綾「……そうだわ」

綾「私、またカレンに会いたい」

綾「カレンに会って、また一緒に沢山遊んだり、おいしいもの食べたり、素敵なもの見たりしたい」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:03:40 ID:6cwk3RQS0
陽子「……」

綾「……」



陽子「……そう」

綾「……私、何かおかしなこと言ってたかしら」

陽子「いや、別に。私もそう思うよ」

陽子「……またカレンと一緒に遊びたいよなぁ」

綾「そうよね」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:07:48 ID:6cwk3RQS0
陽子「じゃーなー」

綾「また明日」

―――――

コツ コツ

綾(よく分からない相手のことよりも、先に自分のことから考えるべき、か……)

綾(陽子の言うことも一理あるかもしれないわね)

綾(……そうよ。私は今までずっとカレンの気持ちがどうなのか考えてたけど)

綾(カレンの気持ちなんて、本人に聞かないと分かるわけないわ)

綾(無理に他人の気持ちを推し量るより、まず私自身の気持ちを考えよう)



綾(私の気持ち……)

綾(私の気持ちって、何だろう)

綾(カレンに……キスされて、どう思ったか?)

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:11:50 ID:6cwk3RQS0
綾(キスされて、凄く驚いたけど)

綾(よく考えたら、不思議と嫌な感じはしなかったような……)

綾「……」

そっ

綾(カレンのくちびる、柔らかかったなぁ……)

綾(……)





綾(……舌入れるのはさすがにどうかと思うけど)

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:15:44 ID:6cwk3RQS0
綾(初キスの想像は度々してたけど、まさかカレンがその相手になるなんて思わなかったわね)

綾(でもなんだか……今となっては、そう悪い気はしないかも)

綾(そういや、そもそも初キスの想像って、どんなこと考えてたっけ……?)

綾(……)

綾(陽……)

ハッ

綾(ち、違う! 違うわよ! 陽子で妄想なんてしてないから! ///)

綾(ただ、なんとなく理想の相手を思い浮かべると、うっすら陽子が重なって……)

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:19:17 ID:6cwk3RQS0
綾(……はぁ。私って軽い女なのかしら)

綾(今まで深く考えずにいたけれど、私が陽子のこと、ちょっと気になってるのはどうも確かみたい……)

綾(カレンも、そのことを見抜いて今まで私を応援してくれてたんだから)



綾(……でも今は)



綾(カレンのことも確かに気になってる自分がいる……)

綾(私の気持ちって、一体なんなの?)

綾「……」ウーン



綾(……分からないや)

綾(この迷いにもいずれ決着をつけなきゃいけないときが来るのかしら……)

タッ タッ タッ……

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:22:50 ID:6cwk3RQS0
ー綾の部屋ー

綾(……)モンモン

綾(……分からないことをいちいち悩んでてもしょうがないわね)

綾(よし! 決めた!)

綾(この分からない状態も含めて、明日きっちりカレンに会って話そう!)

綾(カレンの気持ちを聞いて見えてくることもあるでしょう)

綾(その結果どうなるかは分からないけど)

綾(とりあえずはカレンが元気を取り戻してくれたら)

綾(またみんなで楽しく過ごせる、いつもの日常が戻ってくる)

綾(とりあえずはそれで、十分じゃない)

綾(そしたら、あの遊園地に今度はみんなで遊びに行くのもいいかも……)

綾(みんなで行くとしたら……どんなコースがいいかしら……)ウツラウツラ

綾(ジェットコースターやお化け屋敷は避けたいけど……動物ショーや観覧車なら……)ウトウト



綾(……)スヤァ……

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:26:19 ID:6cwk3RQS0
ー1-B教室ー

綾「えっ……」

綾「カレン、休み……?」



陽子「そうだって。A組の担任が言ってた」

アリス「今まで一応学校には来てたはずなのに……」

忍「大丈夫なんでしょうか、カレン……」



綾「……」ポカーン

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:29:29 ID:6cwk3RQS0
綾(カレン、どうしちゃったのかしら)

綾(日曜のこと、気にしすぎて学校も来れなくなった……?)

綾(でも、いつものカレンじゃそんな様子想像できないわ)

綾(じゃあ、カレンの身に何か……?)

先生「えー、次の問題を……」

綾(……嫌だわ。そんなこと、考えたくもない……)

先生「小路さん」

綾「えっ、あっ、はい」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:32:54 ID:6cwk3RQS0
綾「……」

先生「どうしたの?」

綾「すみません、聞いてませんでした……」

先生「あら、仕方ないわね……」

先生「今度はちゃんと聞いててね?」

綾「……はい、すみません」

先生「じゃあ、次の人―――」



綾「……」ハァ

陽子「……」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:36:27 ID:6cwk3RQS0
ー帰り道ー

陽子「じゃあ綾、またね」

綾「ええ」

――――――

綾(結局、今日一日全く集中できなかった……)ハァ

綾(ダメだわ、こんなのじゃ)

綾(カレンのことが気になって仕方がない)

綾(学校で直接会うつもりだったけど、それができないならもうしょうがない)

綾(カレンに直接電話しよう)

綾(このままじゃ私の方がダメになる)

綾(それに何より私……)



綾(カレンの声が聞きたい!)

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:39:36 ID:6cwk3RQS0
ー綾の部屋ー

「……電波の届かないところにいるか、電源が……」プチッ

綾(……ダメね。携帯は繋がらない)

綾(……しかたないわ。カレンの家のほうに電話しましょう)

プルルルルル…… プルルルルル……

綾(……)ドキドキ

ガチャ

「もしもし九条デス」

綾「!!」

綾「ももももしもし!? カレン!?」

綾「あああああやややややだけど!?」

「あら、カレンのお友達?」

綾(カレンじゃなかったーーー!)ガーン

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:42:51 ID:6cwk3RQS0
綾「……」シュン

「……もしもし?」

綾「あ、はい。私カレンさんの同級生の小路綾と申します」

「あ、ハイどうも」

綾(……このカレンに似た英国訛りの日本語)

綾(そして、カレンよりもちょっぴり大人びて、どこか艶のある声……)

綾(……もしかしてカレンの……)

綾「お姉ちゃんですか!?」

カレン母「母です」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:46:11 ID:6cwk3RQS0
カレン母「……カレンに何かご用事?」

綾「あ、はい」

綾「カレンさん、今日は学校を休んでいたのでちょっと心配になって……」

カレン母「そうなの。わざわざありがとうね」

カレン母「でもごめんね。今日はカレン、昼にふらっと外に出て行ったっきり、まだ帰ってなくて……」

綾「えっ……」



カレン母「カレン、今日は朝体調が悪いって言って学校休んだのよ」

カレン母「昼にはちょっと回復したみたいで、そのとき散歩に行ってくるって言って出掛けて、そのまま……」

綾「……」チラッ

<5時>

綾「……」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:49:21 ID:6cwk3RQS0
カレン母「ごめんね? うちの娘がいつも迷惑かけっぱなしでしょ?」

綾「い、いえ」

カレン母「今日だってせっかくお友達が心配して電話までかけてきてくれたのに……」

カレン母「そんなことも知らず、カレンったら一体どこいっちゃったのかしら」

綾「……」

カレン母「携帯にかけても出てくれないから、わざわざ家にまでかけてくれたんでしょ?」

カレン母「それなのに、まったくカレンったら友達のこと考えられない子でごめんね?」

綾「……!」



綾「それは違いますよ!」ガタッ

カレン母「!」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:52:30 ID:6cwk3RQS0
綾「カレンは、とっても友達思いな子です!」

綾「人が何か悩みごとを抱えてるときは、それに真っ先に気づいてくれて」

綾「相談ごとも進んで聞いてくれる」

綾「誰かのために積極的に行動できる、優しい子です!」

カレン母「……」



綾「そんなカレンが今日、出掛けたまま帰ってこないのも」

綾「きっと、私とのことで、何か深い考えがあるから……」

綾「それを、友達のことも考えられないなんて、絶対ありえません!」

綾「私、カレンの、そういう友達思いなところ」

綾「す……」





綾「好きですから……!」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:56:17 ID:6cwk3RQS0
カレン母「……」

綾「……」

綾「」ハッ

綾(私ったら、勢いに任せて何を……!)

綾「ご、ごめんなさい!」バッ

綾「お母さんについ、失礼なことを……!」

カレン母「……」



カレン母「」クスッ

カレン母「いいのよ」

綾「えっ……」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:00:07 ID:6cwk3RQS0
カレン母「あなたが、カレンのこと大切に思ってるのが分かったから」

綾「は、はぁ……」

カレン母「私も、イギリスから日本へ環境がガラリと変わって、カレンが馴染めてるかどうか心配だったの」

カレン母「今日ももしかして、そのストレスが溜まったせいで体調を崩したのかも……と少し思ってたけど」

カレン母「その様子じゃ学校生活の方は心配なさそうね」

カレン母「小路綾ちゃん、だっけ」

綾「は、はい!」

カレン母「これからも、カレンのことよろしくね」

綾「……はい!」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:03:28 ID:6cwk3RQS0
カレン母「カレンがまだ帰ってきてないことは、私達も心配してるの」

カレン母「こっちはこっちで探してみるから、見つかったら綾ちゃんにも連絡するわね」

綾「分かりました」

カレン母「それじゃあ、お電話ありがとう」

ガチャ ツーツーツー

綾「……」

綾「……ふぅ」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:06:31 ID:6cwk3RQS0
綾「……」ポツン

綾(……カレン、あなた一体どこへ行ってしまったの……?)

綾(学校を休んだのに、昼に出て行ってまだ帰ってないなんて……心配だわ)

綾(……まさか、自分で自分を傷つけるような真似してないでしょうね)

綾(あなたに万が一のことがあったら、私、私……)ウルッ

綾「……」グスン



綾(こうしちゃいられない……!)ガタッ

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:12:13 ID:6cwk3RQS0
バン

綾(外は曇り模様……いつ雨が降るとも分からない様子)

綾(こんな天気でどこに出掛けるっていうの?)

綾(カレンがどこに行ったかなんて、全く想像もつかないけど)

綾(行くしかない)

綾(カレンを迎えに行かなきゃ)

綾(……いえ、違うかも)



綾(私が、カレンに会いたいの!)

ダッ

139: さるさんってどうすれば解除されるんだ… 2013/11/09 21:17:29 ID:6cwk3RQS0
ワイワイガヤガヤ

綾(……カレン)キョロキョロ

――――――

プァーン ガタンゴトン ガタンゴトン

綾(カレン)

――――――

ザワザワ ザワザワ

綾(……カレン!)

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:21:05 ID:6cwk3RQS0
綾「はぁ、はぁ……」

綾(……ダメ。こんな広いエリア、あてもなくさまよって見つかるはずがない)

綾(ちょっと、落ち着こう)

綾「……はぁ」



綾(……だいたい私、カレンに会ってどうしたいんだろう)

綾(前から考えてたけど、カレンに会って何を伝えればいいの?)

綾(……今の私の気持ち?)



綾(……そんなの、決まってる)

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:24:32 ID:6cwk3RQS0
綾(……でも、そのためには、カレンに会う前にやっておくべきことがあるんじゃない?)

綾(そうよ。私には先にやっておかなくちゃいけないことがある)



綾(今まで応援してくれたカレンのためにも)

綾(この想いだけは……しっかり伝えなくちゃ!)

ダッ

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:27:52 ID:6cwk3RQS0
ピンポーン

綾(……居るかしら)ドキドキ

「はーい」

綾(き、来たっ!)ピーン


ガチャ


綾「……こ、こんばんは」





陽子「おう、綾じゃん。入って入って」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:31:11 ID:6cwk3RQS0
―陽子の部屋―

陽子「そこのベッド座っていいよ」

綾「ありがとう」

ギシッ

陽子「……それで、どうしたの? こんな時間に」

綾「そ、それは……」ドキドキ

綾(うう……陽子の前だとやっぱり緊張しちゃう)

綾(それに話す内容が内容だものね……もうすでに心臓が飛び出そうだわ)ドキドキ

綾「あ、あの……」

陽子「……」

陽子「……緊張しなくていいよ」

綾「えっ、あっ……」

陽子「先にココアでも飲む?」

綾「……はい」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:34:20 ID:6cwk3RQS0
ズズ……

綾「……落ち着くわね」

陽子「なら良かった」

綾(人の気を察して、こういう気遣いができるところ、陽子らしいわよね)

綾(まるで私の……)

綾(……)

綾(うん、ありがとう陽子。私勇気出た)

綾(今まで曖昧にしてきた想い、今伝えるね)コトッ

綾「……陽子」

陽子「なに?」



綾「私、あなたに言いたいことがあるの」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:37:40 ID:6cwk3RQS0
陽子「……うん」

綾(言え、言うのよ綾!)

綾「……今まで言いたくても言えなかったこと」

綾「とっても大切なこと」

陽子「うん」

綾「陽子」



綾「わ、私……」



綾「す、す、す……!」

―――――――――――

――――――

―――

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:41:30 ID:6cwk3RQS0
ー猪熊家前ー

綾「さて……と」

綾(次はカレンね)

綾(一体どこにいるのかしら……)



綾(カレンだってここに来てから一年も経ってないんだから、そう多くの場所は知らないはず)

綾(行けるとしたら、どこかで見知った場所……?)



綾(……そうだ)

綾(カレンがあのときこと、大切に思ってくれてるのなら、きっとあの近くに……)

綾(……行ってみましょう!)

ダッ

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:44:49 ID:6cwk3RQS0
ー海岸ー

ザァ…… ザザァ……



カレン「……」



カレン「……」チラッ

カレン(……あの山のふもとにある遊園地)

カレン(日曜日には、あそこの観覧車からこの海を見ていたんデスね)

カレン(あの時は、太陽の光を反射してあんなに輝いて見えた海も)

カレン(今日はなんだかとっても濁って見えマス)

カレン(それは、はたしてこの曇り空だけのせいなんデショウか……?)

カレン「……なんて」

カレン(最近は夕暮れ時以外も感傷的になってマスね)

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:47:55 ID:6cwk3RQS0
カレン「はぁ……」

カレン(あのときみたいな楽しい時間は、もう味わえないんデショウか)

カレン(私が……あの夜……)



カレン(あんなことさえしなければ……)

カレン「……」

カレン(……アヤヤ……)

――――――

綾「はぁ……はぁ……」

綾(ここにいなかったら、もう……)キョロキョロ

綾「!!」



綾「いた!!」



綾「カレン!!!」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:51:47 ID:6cwk3RQS0
「カレーン……」

カレン(……? 何か聞こえマス)クルッ

「カレーン!」

ダダダッ

綾「カレン!!」

カレン「アヤヤ!?」

ダッ

綾「カレン!!!!」ダキッ

カレン「わわっ」トトッ

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:55:15 ID:6cwk3RQS0
綾「良かった……カレンだ……」ウルッ

綾「うぐ……ひっく……」グスッ

カレン「アヤヤ、どうしてこんなところに……」

綾「良かった……良かった……カレン、無事で……」ポロポロ

綾「私、もしかしたら、カレン、死んじゃうんじゃないかって、心配して……」グスッ

綾「うっ、ひっく、うわああああん」

カレン「そんなオーバーな」

綾「……うっ、うっ……」

綾「……だったらなんでこんなところにいるのよっ! 学校にも来ないでっ!」

カレン「うっ……それは……」

綾「きっちり話してもらうからね」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 21:58:21 ID:6cwk3RQS0
ザザァ…… ザァ……



カレン「……私が最近ずっと一人でいたのは、その間考えごとをしていたからデス」

カレン「その内容をお話ししマス」

カレン「私が、アヤヤのことどう思っているかについてデス……」

綾「……」



カレン「……始まりは、ちょっとした好奇心からデシタ」

カレン「ヨーコのことですぐ顔真っ赤にするアヤヤが面白くて、ちょっとからかってみよう、くらいに考えていたんデス」

カレン「でも、ヨーコに一途なその姿をずっと見ていると……」

カレン「不思議と、その恋をからかうよりも、応援したい……と思うようになっていきマシタ」

カレン「……今思うと、その頃からすでにアヤヤのことが他より気になっていたのかもしれマセン」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:01:39 ID:6cwk3RQS0
カレン「それからはずっと、アヤヤの恋路を応援したいという気持ちで一杯デシタ」

カレン「アヤヤを遊園地に誘ったときも、ただ純粋にアヤヤの恋の後押しをしたい、と考えていたのデス」

カレン「……あのパレードのときまでは」



カレン「遊園地で恋人の練習をしているときは、とっても楽しかったデス」

カレン「……いや、あのとき私が感じていたのはそれ以上の感情……」

カレン「アヤヤの恋人を演じていたときの私は、とっても幸せデシタ」

カレン「だけどその分、終わりが近くなると感じる悲しさも大きくなって……」

カレン「でも、私のそんな顔はアヤヤに見せたくなかったから、頑張って最後までアヤヤを勇気づけようとしたデスよ」

カレン「そうして、パレードの時間がやってきマシタ」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:04:49 ID:6cwk3RQS0
カレン「私の心遣いに、アヤヤはとっても喜んでくれて、私も嬉しかったデス」

カレン「そのときは、こうやってアヤヤとヨーコもいつかカップルなるんだな……としみじみ感じていマシタ」

カレン「……けれど」

カレン「私がアヤヤとヨーコの間にあることを望んでいた――」


( 綾『今日は本当にありがとう』ニコッ )


カレン「――あの笑顔が私に向けられたとき」

カレン「それよりずっと強い気持ちが湧いてきマシタ」

カレン「アヤヤを手放したくない」

カレン「ずっと私のそばにいて欲しい――って」

綾「……」

カレン「それからは我を忘れて、アヤヤにむりやり……知っての通りデス」

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:08:08 ID:6cwk3RQS0
カレン「私は……アヤヤにとってもひどいことをしてしまいマシタ」

カレン「アヤヤには好きな人がいるのに……」

カレン「私はそのことを十分知っていたはずなのに……」ウルッ

カレン「それを……裏切って……」ジワッ

カレン「アヤヤのこと奪うような真似……!」ポロポロ

カレン「ごめんなさい……」ポロポロ

カレン「うっ……ひっく……」グスッ

カレン「本当に……! ごめんなさいっ……!」ポロポロポロ

綾「カレン……」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:12:10 ID:6cwk3RQS0
綾(そうか……)

綾(カレンは人一倍友達思いな性格だから)

綾(私の期待を裏切ったと思って、余計に罪の意識を感じてたのね……)

綾(いつも気丈なカレンが、ずっと一人で抱え込んでしまうほどに……)



ギュッ

カレン「……!」グスッ

綾「いいのよ。カレン……」

カレン「うっ……ううっ……」ジワッ

カレン「うわああああん!」ボロボロ

カレン「うわああああああああん!」ボロボロ

綾「……」サスサス

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:15:39 ID:6cwk3RQS0
ザザァ…… ザァ……

カレン「……私……」グスッ

綾「……」

カレン「私、アヤヤのことが……好きデス」

綾「……!」

カレン「いつもひたむきに好きな人を想うアヤヤの姿に心打たれマシタ」

カレン「なかなか素直にはなれないけれど、一度素直になったときの笑顔……とってもかわいいデス」

綾「……」

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:19:05 ID:6cwk3RQS0
カレン「その笑顔を私だけのものにしたいと思いマス」

カレン「けれど……アヤヤが好きなのは、ヨーコなんデスよね」

カレン「私が好きなのは……ヨーコを好きなアヤヤデス」

カレン「だから私は……アヤヤのことは……諦めマス」ウルッ

カレン「その代わり……アヤヤはいつも通り……ヨーコのことを好きでいてクダサイ……!」ポロポロ

カレン「私のことはもう……いいデスから……!」ポロポロ

綾「カレン……」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:23:07 ID:6cwk3RQS0
カレン「うっ……うっ……」グスッ

綾「……泣かないで、カレン」

カレン「もういいんデス……私のことは……」

綾「いえ……違うの」

カレン「えっ……?」グスッ

綾「カレンの気持ちはよく分かったわ」

綾「だから、今度は私の気持ちも聞いて欲しいの」

カレン「……?」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:26:16 ID:6cwk3RQS0
綾「カレン、今までずっと私のこと支え続けてくれてありがとう」

綾「……私ね」

綾「さっき、陽子に告白してきたの」

カレン「……!!」

カレン「それじゃあ、とうとう……!」

綾「ええ」



―――

――――――

―――――――――――

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:29:41 ID:6cwk3RQS0
ー陽子の部屋ー

綾「――……今まで言いたくても言えなかったこと」

綾「とっても大切なこと」

陽子「うん」

綾「陽子」

綾「わ、私……」

綾「す、す、す……!」









綾「……好きな人がいるの!」

 

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:32:50 ID:6cwk3RQS0
陽子「……」

陽子「……そう、なんだ」

綾「ええ」

綾「その子は……私にとって大切な人」

綾「いつも弱気な私を支え続けてくれた、とっても友達思いな子」

綾「けれど……今はその子がふさぎこんでいるから」

綾「今度は、私が支えてあげなきゃいけないの」

綾「だから……私行ってくる」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:36:02 ID:6cwk3RQS0
綾「……ありがとう、陽子」

綾「この気持ちに気づけたのは……きっとあなたのおかげ」

綾「あなたが……私の……」

綾「……」

綾(……理想でいてくれたから)

綾「……私のこと、励ましてくれたから」

陽子「……」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:39:12 ID:6cwk3RQS0
綾「……それだけ」

綾「ごめんなさい、変なこと言って……」

綾「でも、これだけは、聞いておいて欲しかったから……」

陽子「……」

陽子「……そう」



陽子「よかった」

綾「……え?」

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:42:34 ID:6cwk3RQS0
陽子「最近、カレンだけじゃなくて綾まで元気なさそうだったから、心配だったんだよ」

陽子「けれど、今の綾は……なんだかしっかりして見えるから」

綾「それは……心配かけてごめんなさい」

陽子「うん」



陽子「……じゃあ、その人の所に行ってあげなよ」

陽子「待ってるんでしょ?」

綾「ええ」

綾「ありがとう……陽子」

タッ

ガチャ



綾「……」ピタッ……

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:45:44 ID:6cwk3RQS0
陽子「……どうしたの?」


綾「……」

綾「……陽子は」

綾「……陽子は、止めないの?」


陽子「……」

陽子「……綾は」

陽子「止めて欲しいの?」


綾「……いえ」


陽子「じゃあ、止めない」


綾「そう」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:48:49 ID:6cwk3RQS0
綾「……ふふっ」

綾「ごめんなさい。変なこと聞いて」

綾「行ってくるわ」

陽子「うん」

スッ

綾「……最後になったけど」

綾「陽子の、そういう優しいところ」

綾「結構……好きだったわよ」



陽子「……そりゃどーも」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:52:21 ID:6cwk3RQS0
綾「うん。じゃあね」

ダッ

タッタッタ……



陽子「……」


陽子(綾……頑張れ)

―――――――――――

――――――

―――

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:55:30 ID:6cwk3RQS0
ー海岸ー

ザァ…… ザァ……

綾「――ということなの」



カレン「……えっ? うそ……」

カレン「それじゃあ、アヤヤは」

カレン「ヨーコを、自らあきらめたんデスか……?」

カレン「なんで……?」



綾「そんなの……決まってるじゃない」



綾「それより大切なものが……できたから」

カレン「!」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 22:58:41 ID:6cwk3RQS0
綾「私、気づいたの」

綾「私は最初……好きな人の前でも素直に振るまえるようになることを望んでいたけど」

綾「そうじゃなくて、私が自然体に振るまえて、一緒にいて楽しいと思える人こそが、私にとっての好きな人じゃないかって」



綾「カレン」

ぎゅっ……

カレン「……」ドキドキ



綾「私、あなたといるときが一番自然になれる」



綾「そして、これからも、あなたと一緒に楽しい時間を過ごしたいから――」

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:02:04 ID:6cwk3RQS0




綾「カレン、私と付き合って」




 

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:05:19 ID:6cwk3RQS0
ザッパーン

カレン「……」

綾「……」



カレン「……本当に?」

綾「ええ」

カレン「……ジョークじゃなくて?」

綾「こんな状況で言わないわよ」

カレン「……同情じゃなくて?」

綾「私の想いがそんな風に思われるなんて、心外ね」



カレン「……」

綾「……」



カレン「……じゃあ」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:08:31 ID:6cwk3RQS0
カレン「本当に」

カレン「本当に……」

カレン「いいんデスね……!」ジワッ

綾「ええ」



カレン「うっ……」ブワッ

カレン「ううっ……ひっく……」ポロポロ

カレン「うわぁぁああああん!」

ガバッ

カレン「私も……」グスッ

カレン「私も……大好きデス……!」ポロポロ

カレン「アヤヤ……」

カレン「アヤヤ」

カレン「アヤヤ……!!」ポロポロポロ

綾「カレン……」ジワッ

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:11:54 ID:6cwk3RQS0
カレン「うっ……うっ……」ポロポロ

綾「私も……」

綾「大好きよ……!」ホロリ



綾「うっ……ひっく……」ポロポロ

カレン「うわぁああん!」ボロボロ

綾「ううっ、うわあああ……」ボロボロ

カレン「うわぁぁぁぁあああああん!!」ボロボロ

綾「うわぁぁぁぁあああああん!!」ボロボロ


ウワーン

ウワーン

ウワーン……

ウワーン……

……

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:14:57 ID:6cwk3RQS0
ザザァ…… ザァ……

カレン「……」グスッ

綾「……」グスン



綾「……もう、泣きすぎよ……」

カレン「……アヤヤだって……」

綾「カレンがあんなに泣くから……」

カレン「だって……すっごく嬉しかったから……」

綾「そんなこと言うなら、私だって」

カレン「私こそ」

綾「私の方が!」

カレン「いいえ私の方こそ!」

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:18:00 ID:6cwk3RQS0
綾「……」

カレン「……」

「……」

カレン「」フッ

綾「……ふふふ」

カレン「アハハ!」

綾「あはははは!」

アハハハハ

ハハハハハ

ハハハハ……

267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:21:02 ID:6cwk3RQS0
綾「……」

カレン「……」

「……」

綾「……ねぇカレン」

カレン「……ハイ」

綾「晴れて恋人になったんだから……」

綾「その……」

綾「もう一度……ちゃんと……しましょ」

カレン「……」

カレン「……いいデスよ」

綾「……」

カレン「……」

そっ

「……」

ちゅっ

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:24:05 ID:6cwk3RQS0
綾「んっ……」

カレン「ん……」


すっ


カレン「ふぅ……」

綾「……」

綾(……短い時間が、時が止まったように長く感じる……甘い、甘いキス……)

カレン(……繋がったくちびるの間で、私の気持ちと相手の気持ちが混ざりあうような……幸せな時間……)

綾(ああ、やっぱり)

カレン(私)

綾(カレンのこと)

カレン(アヤヤのこと)



(好きなんだ……)

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:27:26 ID:6cwk3RQS0
綾「……」

カレン「……」



綾「……そろそろ、帰ろっか」

カレン「……そうデスね」

ぎゅっ

タッ タッ タッ……




ザザァ…… ザァ……

―――――――――

―――――

――

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:31:05 ID:6cwk3RQS0
ー1-B教室ー

ワイワイ

アリス「お昼休みだよー」

忍「お弁当食べましょうか、アリス」



陽子「綾、机こっち寄せて」

綾「ええ」ズズ

パクパク

モグモグ

「……」





ガラッ

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:34:59 ID:6cwk3RQS0
カレン「アヤヤー!」

カレン「お弁当食べマショー!」

綾「カレン」

カレン「さ、早く早く」ソワソワ

綾「そ、そんなに嬉しそうにしなくても……」

カレン「今日のお弁当はお楽しみなんデスよ!」

カレン「今日は朝からママに教わってお弁当自作してみたデス!」

綾「へぇー……。いつも菓子パンのカレンがねぇ」

カレン「アヤヤの好物の玉子焼きもありマスよ」

カレン「特に念入りに作りマシタ!」

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:38:02 ID:6cwk3RQS0
カレン「はい、アヤヤ」

カレン「あーん♪」

綾「えっ」

綾「ちょ、ちょっとカレン……もう少し人目を気にして……」

カレン「いいじゃないデスかー♪」

カレン「アヤヤが可愛すぎるからいけないんデスよー♪」ムフフン

綾「な、なによそれ……///」

カレン「はい、あーん♪」ヒョイ

綾「も、もう……カレンったら……///」パクッ



アリス「またカレンがB組に来てくれるようになって良かったね」

忍「……でもなんだか、綾ちゃんに付きっきりな気が……?」

陽子「……」

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:41:06 ID:6cwk3RQS0
忍「カレン!」ガタッ

カレン「?」

忍「カレンは私に興味なくなってしまったのですか!?」

忍「何だか最近は構ってくれなくて寂しいです……」

カレン「Oh! そんなことないデスよ!」

カレン「もちろんシノも大好きデース!」ガバッ

忍「あ、ああ、これです……。この金髪感、たまらない……」ウットリ

アリス「あ、ちょっとシノ!」

カレン「私の金髪ならいくらでも感じていいデスよ!」



綾「……」ゴゴゴゴメラメラメラ

カレン「ハッ!?」

忍「……?」

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:44:15 ID:6cwk3RQS0
カレン「ま、まぁたまにならいいんじゃないデスかね、アハハ、ハハ」ヒョイ

忍「あれー? どうしちゃったんですか? カレーン」

アリス「カレンにも色々都合があるんだよ」

忍「ならしょうがないです。足りない金髪分はアリスから摂取します」スリスリ

アリス「きゃっ、私ならいつでも大歓迎だよ?」アハハ

カレン「……」ホゥ

カレン「私の金髪分もアヤヤに分けてあげマース!」スリスリ

綾「ひゃっ! わ、私は別にいいわよ!」

カレン「まぁまぁそう言わずに♪」スリスリ

綾「……ま、たまになら……」

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:47:18 ID:6cwk3RQS0
カレン「ついでに私のくちびるも分けてあげマース」ンー

綾「!!」

綾「そ、それはやりすぎだから!」グイ

カレン「まぁまぁ♪」ンー

綾「ちょ、ちょっとカレン!」

綾「もう! こっち来て!」ガシッ

カレン「ワォ」

ズカズカズカ

ガララッ

タッタッタ……

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:50:21 ID:6cwk3RQS0
「……」

忍「……カレン、元気になって良かったですね」

アリス「やっぱりいつも通りが一番だよ」

陽子「……」



陽子(綾……)

陽子(……上手くいったんだな)

陽子(良かった)

陽子(これからもどうか、幸せに……)

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:53:30 ID:6cwk3RQS0
ー屋上への階段ー

綾「もう……」

カレン「どうして怒ってるデス?」

綾「……別に怒ってるわけじゃないんだけど……」

カレン「私達が付き合ってることは、みんなに知られたくないデスか?」

綾「うん、それもあるんだけど……」

カレン「……?」

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:56:32 ID:6cwk3RQS0
綾「その、なんていうか……」

綾「私達が付き合うきっかけになったのって、ある意味あのキスがあったからじゃない」

カレン「ハイ」

綾「だから……私達のキスには特別な意味があるような気がして……」

綾「軽々しくしたくないっていうか……」

カレン「……」

カレン「ふむ」

カレン「二人のキスはもっと大切にしたい、ということデスね?」

綾「う、うん……」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 23:59:58 ID:6cwk3RQS0
カレン「分かりマシタ」

カレン「じゃあこうしマショウ」

綾「……?」

カレン「また、あのキスをすればいいんデス」

綾「!」

カレン「またあの遊園地で、パレードの時間……夜8時に、キスしマショウ」

カレン「今度は、恋人の練習じゃなくて……」

綾「本当の恋人として、ね?」

カレン「……ええ」

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10 00:03:32 ID:936qNpuL0
カレン「残念デスが、それまでキスはお預けということにしておきマス」

カレン「二人のキスは大切にする……こういうことでいいんデスよね?」

綾「……いいわよ」

カレン「じゃあ、決まりデスね!」

カレン「……日時は、今度の日曜日。場所は、あの遊園地で――――」



――――――――――――



カレン「アヤヤ、私と付き合うデス!」


おわり


カレン「アヤヤ、私と付き合うデス!」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383983332/)