2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 23:23:18.66 ID:/W70NLov0

ガシャ パリン


結衣「京子お前今なんて言った?」グイッ


京子「だから出てくって」


結衣「冗談だろ。一人じゃ何もできないお前が」


京子「もう結衣と居ることには耐えられない」


結衣「それはこっちのセリフだ」


京子「今から荷物まとめて出て行っちゃうから」ガサガサ


結衣「おい正気か」

001

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/04(水) 23:30:31.91 ID:/W70NLov0
京子「もう二度と結衣の顔なんて見たくない!」


結衣「かってにしろ。こっちもお前がいなくなって気が楽だ」


京子「結衣のばか!」エイッ


ガチャ バタン


……



結衣「馬鹿はお前だろっつうの…」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/04(水) 23:32:45.66 ID:/W70NLov0

結衣「(京子のことだからどうせ1時間もしないうちに帰ってくるだろう)」


結衣「(大体あいつがあんな態度ばっかりとるから)」


スタスタ


ガチャ バタン


結衣「(ほらやっぱり戻ってきた)」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 23:34:01.59 ID:/W70NLov0
結衣「出てくと言ってたわりにはあっさり帰ってきたな」

京子「忘れ物取りに来ただけだし」

結衣「もういいだろ、私も悪かったって。だからいつまでも意地張ってないで」

京子「じゃあね」

結衣「えっ」

京子「もう二度と会えないかもね」

結衣「そんな…ちょっと待てよ」

京子「今まで我慢してこんな私に構ってくれてありがとう。さよなら…結衣」

結衣「おい!何言ってんだって」

バタンッ

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 23:41:33.77 ID:/W70NLov0



~三日後~

結衣「(あれから京子は帰って来ない)」

結衣「(まさか本当に帰って来ないなんて…)」

結衣「…っ…ぅっ…」

結衣「(もう涙が止まらない…)」

結衣「(なんで…なんで私はあんなことを言ってしまったんだ…)」

結衣「(あの時なんで引きとめてあげれなかったんだろう…)」

結衣「(なんで思っても無いこと言っちゃうんだろう…

結衣「(京子と過ごす時間を、一瞬たりとも無駄にしたくなかった…)」

結衣「(ただそれだけのはずなのに…)」

結衣「(戻ってきてよ…京子…)」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 23:47:09.12 ID:/W70NLov0



~七森高校3-5教室~

沙織「ちょっと吉川さんに聞きたいことがあって」

ちなつ「沙織ちゃんどうしたの?」

沙織「船見先輩のことなんだけどさ…船見先輩ってたしか大学生だよね…?」

ちなつ「そ、そうですけど、先輩がどうかしたんですか?」

沙織「それがさ…」

沙織「私がバイトで寿司屋さんに務めていて、偶然に船見先輩もそこでバイトしてて顔見知りになったってことは前にも言ったよね?」

ちなつ「うん、聞いたけど…」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 23:49:01.25 ID:/W70NLov0
沙織「じつはさ、ここ最近バイト来てないらしいんだよね。それも一向に連絡も取れなくて、携帯の電話番号にかけても駄目だって…」

ちなつ「そ、そうなんですか?!」

沙織「ちなつちゃんはたしか中学の頃からの付き合いだって聞いたから、何か知ってることあるかなって思って」

沙織「ごめんね、変なこと聞いちゃって。家族の事故とか、急な用事かもしれないし」

ちなつ「今日先輩の家に行ってみるよ」

沙織「あっ、ありがとう。迷惑掛けちゃって悪いね」

ちなつ「最近結衣先輩と会ってなかったから、たまにはいいかなって」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 23:50:08.80 ID:/W70NLov0


~結衣宅玄関前~


ちなつ「(そもそも私が来ていいのかな…)」

ちなつ「(たしか結衣先輩は京子先輩と同居しているんじゃ…)」

ちなつ「(でも結衣先輩も京子先輩もいつでも遊びに来てって言ってくれたし…)」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:01:14.98 ID:9LqtscJA0

ピーンポーン


……

ちなつ「留守…なのかな」

ちなつ「(しつこいみたいで気が引けるけど)」

ピンポン ピンポン

ちなつ「やっぱりいないのかな…」

ちなつ「新聞も郵便受けに入りっぱなしだし…」

ちなつ「鍵は…」

ガチャ

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:02:44.81 ID:9LqtscJA0

ちなつ「あっ」


ちなつ「(鍵開いてる…)」


ちなつ「(京子先輩の靴がない…)」


ちなつ「(ここは思い切って…)」


ちなつ「ゆ、結衣先輩~?」


……


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:05:41.80 ID:9LqtscJA0

ちなつ「(この様子だと結衣先輩は家に居るはず。バイトも何日も休んじゃって一体どうしたんだろう…)」


ちなつ「(家の中も散らかってるみたいだし…)」


ちなつ「結衣せんぱ…」


ちなつ「(あっ、ゲームやってる)」


ちなつ「(それに可愛い女の子の)」


ちなつ「結衣先輩ってば」トン


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:13:32.25 ID:9LqtscJA0
結衣「っ…」


ちなつ「結衣先輩のバイト先の友達から先輩が1週間以上もバイト来てないって聞いたから、心配してきたんですよ」


結衣「…」


ちなつ「京子先輩はどこ行ったんですか?」


結衣「…」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:18:42.42 ID:9LqtscJA0
ちなつ「もう京子先輩ったら、こんなに部屋だけ散らかしてどっか行っちゃうなんて」プンスカ


ちなつ「チーナ激おこです!」


結衣「京子はもう帰って来ない…」


ちなつ「え…」


結衣「私から解放された京子はきっと幸せなんだよ…」


ちなつ「そんな…まさか京子先輩が?」


結衣「全部私が悪いんだ…」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:25:00.67 ID:9LqtscJA0
ちなつ「どうゆうことですか、詳しく聞かせてください!」


結衣「もういいよ、京子を失った私なんて生きてる価値がないんだ」


ちなつ「結衣先輩…そんな…やめてくださいよ」


結衣「死にたくて、死にたくて、毎日仕方がないんだ…」


ちなつ「結衣先輩らしくないです…。そんなこと言うのはもうやめてください…」


結衣「いっそのこと誰かに殺されてしまいたい…」


パチン


結衣「…ちなつ…ちゃん?」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:33:20.75 ID:9LqtscJA0
ちなつ「いい加減にしてください!」


ちなつ「今の結衣先輩の元に京子先輩が帰ってくるわけないじゃないですか!」


ちなつ「結衣先輩が今とても辛いのは分かります」


ちなつ「だからって、カーテンも開けずに1日中家に閉じ籠っているなんて…」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:45:54.83 ID:9LqtscJA0
結衣「ごめん、ちなつちゃん。でも今はまだ…」


ちなつ「あっ、私こそすいません。手まで出しちゃって…」


ちなつ「(私ったら最低ね…)」


ちなつ「(結衣先輩は苦しんでいるのに、自分でこんなの私の憧れる結衣先輩じゃないって…


遠ざけちゃった…)」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:53:12.76 ID:9LqtscJA0


数時間後



ちなつ「夕食作っておきましたので、よかったら食べてください…」


結衣「…」


ちなつ「バイトはしばらく休みを取るように私から伝えておきますね」


ちなつ「じゃあ私、もう遅いんで帰ります」


結衣「…」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:55:09.92 ID:9LqtscJA0
ちなつ「お邪魔しました」サッ


ガチャ バタン



結衣「(情けないな私…)」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 00:56:42.27 ID:9LqtscJA0

プルルルルルル ガチャ



ちなつ『もしもし、京子先輩?』


京子『ちなつちゃん!久しぶりだね。ちなつちゃんからわざわざ電話してくるなんて嬉しいよーちなちゅ~♪』


ちなつ『元気そうでなによりです。てか、京子先輩なんで私が電話掛けたか分かってますよね!?』


京子『え…と、結衣のこと?』


ちなつ『分かっているなら早く結衣先輩の元に戻ってあげてくださいよ』


京子『結衣のことだもん、一人でもなんとかやってるしょ』


ちなつ『それがどうもそうじゃないから京子先輩に電話して…』


京子『うん、わかってる…』


ちなつ『分かってるんだったらなんで』


京子『ごめん、ちなつちゃん…』


京子『私…もう結衣とは今までの関係に戻れる自信がない』


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:06:55.96 ID:9LqtscJA0
ちなつ『一体何があったんですか?』


京子『それは言えない…』


ちなつ『…』


京子『ただ…』


京子『最近些細なことで喧嘩することが多くて、家を出る直前も喧嘩の真っ最中だったんだよね』


京子『そのとき怒りに任せて、思ってもないことを結衣に言っちゃって…』



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:09:14.67 ID:9LqtscJA0
ちなつ『結衣先輩になんて言ったんですか…?』


京子『結衣なんかと付き合わなければよかったって』


ちなつ『またなんでそんなこと…』


京子『でもそう思うしかなかったんだ…』


京子『私たちは付き合わなければ幸せだったって…』


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:14:37.90 ID:9LqtscJA0
ちなつ『結衣先輩このままだとずっと後悔していくことになりますよ…』



ちなつ『京子先輩はそれでもいいんですか?』


京子『心配しないでもいつか忘れるよ』


ちなつ『でも…こんなの絶対おかしいですよ』


京子『今結衣の顔を思い出したら、私も辛くなるから…』


京子『あっ、ごめん。もうそろ充電切れるからまたね』


ツー ツー



ちなつ「(京子先輩もきっと辛いんだろうな…)」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:17:08.91 ID:9LqtscJA0
ちなつ「(私今の結衣先輩をほっとけない…)」


ちなつ「(このままじゃ本当に自殺しちゃいそうだし…)」


ちなつ「(私が毎日結衣先輩の家に行って励ましてあげないと)」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:18:55.19 ID:9LqtscJA0


~結衣宅~



結衣「…」


亞々沙『もう二度と会えないのね…▽』


カチ 


秋楓『ごめんね…▽』


カチ





ブチッ


結衣「…!」


結衣「ち…ちなつちゃん?」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:22:03.09 ID:9LqtscJA0
ちなつ「もう結衣先輩ったら、悲しいゲームばっかりやっていたら余計に気分が重くなるだけですよ」


ちなつ「そうだ、一緒に『なもカート7』やりませんか!?」


ちなつ「結衣先輩とやってみたくて家から持ってきたんです!」


結衣「ちなつちゃん受験勉強あるんじゃないの…」


ちなつ「勉強なら家でめちゃくちゃやってますので大丈夫です」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:25:29.15 ID:9LqtscJA0
ちなつ「それよりも、結衣先輩は自分の心配をしてください」


結衣「…」


ポチ
ピコピコ


ちなつ「えっと、これでいいかなっ」


ちなつ「結衣先輩もキャラクター選びましたか?」


結衣「うん…」


ちなつ「コースはどこがいいですか?」


結衣「どこでも…」


ちなつ「じゃあ一番難関なところにしちゃいますからね」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:28:27.03 ID:9LqtscJA0
ちなつ「(どうか結衣先輩が楽しんでくれますように…)」


ちなつ「始まりますよっ、本気でかかってきてくださいね!」


結衣「(リニューアルしてからはまだプレイしてないんだけどな…)」


『3』

『2』

『1』

『Go!』


ちなつ「ウオオオアアアアアアアアアアアアアアアア!」


ボカン


ちなつ「ムキーッ、よくもぉぉぉ」


結衣「…」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:32:55.07 ID:9LqtscJA0



数分後


『タイムアーップ』


ちなつ「(しまった…ついいつもの癖で向きになって///)」


ちなつ「それにしても結衣先輩初めてなのに3着ってすごいですね!ねっ、結衣せんぱ…」


ちなつ「(やっぱり笑顔になってくれない…)」


結衣「ちなつちゃんは京子と同じキャラ使うんだね…」


ちなつ「そ、そうなんですかっ」


ちなつ「(作戦が裏目に出た…)」ガーン




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:34:31.90 ID:9LqtscJA0
ちなつ「こ、こんな時間ですし、夕食作りますね。きょ、今日はオムライス考えているんです」



数十分後



ちなつ「今回のは自信作ですよ」


ドン


結衣「(うちにこんな材料あったっけ…)」


結衣「(何だかスゴイことになってるけど…)」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:39:19.18 ID:9LqtscJA0
結衣「いただきます……あむっ」モグモグ


結衣「(何これ尋常じゃないほど甘い…っ)」


ちなつ「気づきましたか?ハチミツとチョコレートを混ぜたんです」


ちなつ「甘いもの食べたら元気が出ると思って…」


ちなつ「もしかしてお口に合いませんでしたか…?」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:44:49.68 ID:9LqtscJA0

結衣「(ちなつちゃんは変わってないな…)」


結衣「えっと…悪くないと思うけど、ちなつちゃんも食べてみる?」


ちなつ「えっ、あっ、はい……あむっ」モグモグ


ちなつ「うぐっ…おえっ」


ちなつ「(結衣先輩が呆れた顔でこっちを見ている気がする…)」


ちなつ「(それはそうよね。味見はしたはずなのに、これはいくらなんでも酷過ぎたわ…)」


ちなつ「結衣先輩ごめんなさい!無理して食べなくていいです本当にごめんなさい」


結衣「ス、スイーツだと思って食べるから大丈夫だよ…」


ちなつ「(結衣先輩の笑顔を取り戻すのが私の役目だっていうのに…)」


ちなつ「ぐすんぐすん…」ヒック


結衣「ご…ごめん。私が不甲斐ないせいで…」


結衣「き…気持ちだけでもうれしかったから」


結衣「(ちなつちゃんを不幸にさせちゃった…)」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:48:24.13 ID:9LqtscJA0


~ちなつ宅~



ちなつ「予習復習終わったし、もう寝よっと…」


ちなつ「料理…」


ちなつ「そうだなんとかしなくちゃ…」


ちなつ「明日も行くんだし…」


ちなつ「(見た目はともかく問題は味ね…)」


ちなつ「そうと決めたら練習よ」


ちなつ「やると決めたらやるんだからっ!」


ちなつ「(今こそ乙女パワーを発揮する時よチーナ!)」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:55:45.90 ID:9LqtscJA0


ガタゴトガタゴト



とも子「こんな遅い時間に…」ガチャ


とも子「ちなつったら何やってるの?」


ちなつ「カレー作る練習してる」


とも子「あら、美味しそうな香りがするじゃないの」


ちなつ「そうかな…?パッケージの調理法見ながら作ってるだけだけど」


とも子「大切な人にでも作ってあげるのかしら」


ちなつ「うん…」


ちなつ「って、べつにそんなわけじゃないけど」


ちなつ「美味しいもの食べれば笑顔になってくれるはずだから」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 01:59:54.91 ID:9LqtscJA0


次の日


~結衣宅~



ちなつ「あの…昨日はごめんなさい。今日はカレー作ってみたんですけど…もし不味かったら遠慮なく言ってください」


ちなつ「見た目はちょっと悪くなっちゃいましたが…」


結衣「(どことなくおぞましい雰囲気が漂ってるけど、ちなつちゃんがせっかく作ってくれたから…)」


結衣「いっ、いただきます……あむっ」モグモグ モグモグ モグモグ


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 02:05:52.70 ID:9LqtscJA0
ちなつ「ど…どうでしょうか?」


結衣「イケる」


ちなつ「えっ」


結衣「ちなつちゃんのカレー美味しいよ」


ちなつ「ほ、本当ですか///」


結衣「うん、すごく美味しい」


ちなつ「嬉しいです///」



ザクリ


結衣「んん?」


ちなつ「…!?」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 02:06:53.90 ID:9LqtscJA0
結衣「リ…リンゴ丸ごと…?」


ちなつ「…」


結衣「…」


ちなつ「あっ、すりおろすの忘れてました///」カァ


ちなつ「(私ったらなんてミス…これで台無しじゃないの)」ガーン


結衣「うふっ…うふふ」


ちなつ「ゆ…結衣先輩?」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 02:09:20.18 ID:9LqtscJA0
結衣「くっ…あははは」


ちなつ「ど、どうしたんですか結衣先輩?な…何かよくないものでも…?」


結衣「いや、何だかちなつちゃんが面白くてさ」


ちなつ「もう結衣先輩ったらからかわないでくださいよー」


ちなつ「(よかった…やっと結衣先輩の笑顔見れた…)」エヘ


ちなつ「うふふっ」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 02:21:16.86 ID:9LqtscJA0


~ある日の帰り道~



ちなつ「ゆ、結衣先輩にお見送りしてもらえるなんて…嬉しいです///」


結衣「私がこうして前を向くことができたのもちなつちゃんのおかげだよ」


ちなつ「そ、そんな…結衣先輩が辛い時期を耐え抜いたからであって、わっわっわたしなんて何も…///」


結衣「感謝してるよ、ちなつちゃん」


ちなつ「結衣先輩///」


ちなつ「…」ギュッ


結衣「ちなつちゃん!?」


ちなつ「これからは私も少しくらいは甘えてもいいかな…なんて」


ちなつ「じょ、冗談ですからねっ///」カァ


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 02:30:11.20 ID:9LqtscJA0
結衣「ちなつちゃん」


ちなつ「な…なんでしょうかっ」


結衣「手…繋がない?」


ちなつ「えっ…///」


結衣「なんていうか…ちなつちゃんが喜んでくれることたくさんしてあげたいなって」


結衣「あっごめんね…恥ずかしい…よね?」


ちなつ「いいえ、そんなことないです!」


ちなつ「私も結衣先輩と手…繋ぎたいです」


結衣「ちなつちゃん手温かいね」ムギュッ


ちなつ「結衣先輩の手…何だかとっても安心します///」

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 02:40:45.90 ID:9LqtscJA0
~七森高校3-5教室~



沙織「やぁーよかったよ」


沙織「船見先輩も無事バイト来るようになったし。あの人喋ってみると案外面白いんだよねー」


ちなつ「ふぅ…」


沙織「ど、どうしたの?溜息なんかついて」


ちなつ「な…なんでもないよ」フゥー…


沙織「もしかして辛いことでもあるの?」


ちなつ「べ、べつに…」


ちなつ「(今がこんなにも幸せすぎるから不安なのかもしれないな…)」


沙織「悩み事があったらいつでも相談してよ。私なんかでよければっ」


ちなつ「うん、沙織ちゃんありがとう」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 02:50:31.88 ID:9LqtscJA0
放課後



ちなつ「今日も急いで結衣先輩の家に行かなきゃっ」


ちなつ「(今日は結衣先輩と何話そうかなっ///)」


ちなつ「(もう私ったらなんでいつも以上にウキウキしてるんだろう)」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:03:22.97 ID:9LqtscJA0

結衣宅玄関前



ちなつ「あれ…?鍵開いてる」ガチャ


ちなつ「あっ、置手紙だ。『先に家あがってていいよ』って」


ちなつ「どうしたんだろう…バイトかな」


ちなつ「ちょっと早いけど、夕食の準備しようかな。昨日は結衣先輩にご馳走してもらったし」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:04:50.26 ID:9LqtscJA0



ガチャッ



結衣「ただいま」


ちなつ「あっ、結衣先輩お帰りなさい」


結衣「ちなつちゃん」


ちなつ「今日は前回のリベンジでオムライス作ってみました。家で試行錯誤したので味付けは大丈夫だと思うんですが…」


結衣「誕生日おめでとう」


ちなつ「た…誕生日?だ、だ、誰の誕生日でしたっけ」アセアセ


ちなつ「(ま、まさか私の誕生日覚えていてくれてたなんて///)」


結衣「ちなつちゃんのためにケーキ買ってきたんだ。ご飯の後一緒に食べよう?」


ちなつ「ありがどうございますぅぅぅ」グスグス


結衣「そ、そんな泣くほど喜ばなくても」


ちなつ「幸せすぎて罰が当りそうですぅ」グスン


ムギュー


結衣「もうちなつちゃんは甘えん坊さんなんだから」ナデナデ


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:19:15.08 ID:9LqtscJA0
1ヶ月後…



結衣「(ちなつちゃんがどうしても来てほしい場所があるっていうから着いてきたけど)」


結衣「(一体なんだろうな…)」


ちなつ「(大丈夫よちなつ…絶対泣いたりしないんだから)」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:27:42.19 ID:9LqtscJA0


結衣「えっ、どうして…京子………?」


京子「結衣…」


結衣「京子…なんだよな…?」


京子「結衣!」バサッ


ギュツ


京子「会いたかったよ…結衣」


結衣「お前今までどこで…」


京子「結衣がいない毎日は本当に辛かった。寂しくて…いつも結衣の顔ばかり思い浮かんで…」グス


京子「やっぱり結衣は誰よりも優しいんだって…あと…あの時のことをずっと謝りたくて」ポタポタ


結衣「京子…」ギューッ


結衣「もう私の前から突然いなくなったりしないで……」ポタポタ


京子「もう離れてあげないんだから…やっぱり私には結衣しかいない」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:33:25.56 ID:9LqtscJA0


結衣「あれ、そういえばちなつちゃんは…」






スタスタ スタスタ



あかり「いいのぉ…ちなつちゃん、さっさと帰っちゃって…」


ちなつ「うん…」


ちなつ「これで…よかったの…」


あかり「ちなつちゃん…」


ちなつ「いいんだ、私とっても幸せだったから」


ちなつ「私が幸せにしてもらった分、今度は京子先輩と結衣先輩が幸せになってほしい」


あかり「大好き…」


ちなつ「えっ…?」


あかり「あかりはそんなちなつちゃんが大好きだよ!」エヘヘ










おわり


ちなつ「結衣先輩が駄目になった」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386166973/)