1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:26:49 ID:WI3lmJRyi
ことり「ふわふわ~もこもこ~ふわふわわ~~~」ナデナデ

穂乃果「ことりちゃんは本当にアルパカが好きなんだねー」

ことり「うん!だってこんなにかわいいんだよ?穂乃果ちゃんと海未ちゃんもそう思うでしょ?」

海未「私は・・・動物はちょっと・・・」

穂乃果「そういえば海未ちゃん動物苦手なんだっけ?」

海未「ええ・・・昔ほどではありませんが・・・やはり苦手意識はありますね」

ことり「あ~、小学校の頃3人でワンちゃんに追いかけられたことがあったっけ」

穂乃果「あの時の海未ちゃんすっごく怖がってたよねー」

海未「あの犬も最初はじゃれていただけななのにいきなり追いかけてきましたからね・・・動物はなにを考えているかわからないので苦手です」

穂乃果「じゃあもし動物とおしゃべりできたら平気なの?」

海未「まあ、意思の疎通ができるならあまりこわくないかもしれませんね」

ことり「アルパカさんとお話か~そんなことができたら素敵かも!」

ことり「ねーアルパカさん?」

??「呼んだぱかー?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:30:50 ID:WI3lmJRyi
穂乃果「・・・」

海未「・・・」

ことり「え・・・?今の誰の声?」

穂乃果「穂乃果じゃないよ!」

海未「私も違います」

ことり「じゃあ一体誰が・・・?」

海未「あの、あそこの隅に何かいません?」

穂乃果「あ、ホントだ!ピンク色の・・・羊のぬいぐるみ?」

??「ぱかー」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:31:37 ID:WI3lmJRyi
ことり「あーーー!!!」

穂乃果・海未「」ビクッ

海未「突然大きな声を出してどうしたんですか、ことり!」

穂乃果「びっくりしたよー」

ことり「だってだって~」

ことり「あなた、ジュエルペットのエンジェラちゃんでしょ!?初めて見た~!」

エンジェラ「そうぱかー、エンジェラはエンジェラぱかー」

海未「え、ジュエルペットって・・・あのジュエルランドに住んでいるという魔法の動物のことですか?」

穂乃果「テレビで観たことあるよー!」

エンジェラ「その通りぱか。エンジェラ、ジュエル学園の遠足で秋葉原に遊びにきたぱかー」

ことり「」プルプル

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:32:37 ID:WI3lmJRyi
海未「ことり?」

ことり「・・・」

ことり「かっわいいーーー!!!」ダキッ

エンジェラ「むぎゅっ・・・苦しいぱかー」

ことり「あ、ごめんなさい!」ナデナデ

エンジェラ「ぱかー・・・」

ことり「ふわふわ~気持ちいい~」

穂乃果「穂乃果もナデナデするー!」

エンジェラ「くすぐったいぱかー」

穂乃果「ほら、海未ちゃんもさわってみなよ!」

海未「うっ・・・!ところで、秋葉原に遠足にきてなんでこんなところにいるんですか?ここは駅前からは大分離れていますが・・・」

ことり「そういえば・・・エンジェラちゃん、学校のみんなはどうしたの?」

エンジェラ「気がついたらはぐれちゃってたぱか。探してるうちにおなかが空いて、食べ物のにおいにつられてここに来たぱかー」

海未「そうだったんですか、それでアルパカ小屋に・・・」

エンジェラ「ぱかー」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:33:13 ID:WI3lmJRyi
穂乃果「じゃあみんなでエンジェラちゃんの友達を探してあげようよ!」

海未「し、しかし、練習はどうするのですか?」

穂乃果「みんなにも事情を説明して手伝ってもらえばいいんだよ!」

ことり「穂乃果ちゃん・・・!」

ことり「うん、それがいいよね!ね、エンジェラちゃん?」

エンジェラ「ぱかー!ありがとぱかー」

穂乃果「とりあえず一緒に部室にいこう!」

ことり「あ、じゃあことりがだっこしていってあげるね~」もっぎゅー

エンジェラ「ぱ・・・」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:35:30 ID:WI3lmJRyi
-部室-

絵里「へぇ・・・この子があのジュエルペット・・・」

希「かわいいやん!」

凛「初めて見たにゃー!」

花陽「ジュエルランドは秋葉原からは遠いから・・・みんなジュエルペットを見るのは初めてなんじゃないかな?」

真姫「ことりはなんでエンジェラにずっとくっついているのよ?」

ことり「だってぇ~かわいいんだもん~」

穂乃果「ことりちゃんとエンジェラちゃんはすっかりなかよしだね!」

エンジェラ「ぱか~」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:36:08 ID:WI3lmJRyi
にこ「そんなふわもこよりにこの方がかわいいに決まってるじゃない!」

凛「にこちゃんはμ'sのマスコットの座を奪われそうで必死にゃー」

にこ「誰がマスコットよ!」

希「にこっち・・・」

絵里「にこ・・・」

にこ「なに!?なんなのその目は!」

真姫「まあまあにこちゃん、ちょっと落ち着きなさいよ」ヨシヨシ

にこ「にこぉー」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:37:10 ID:WI3lmJRyi
穂乃果「それで、みんなにはエンジェラちゃんの友達を探すのを手伝って欲しいんだけど・・・どうかな?」

絵里「そうね、学校で困っている子がいたら放っておくわけにはいかないわ」

希「せやな」

真姫「ま、いいんじゃない?」

凛「賛成にゃー!」

穂乃果「みんな、ありがとう!」

絵里「ところで、海未はなんであんなに離れているのかしら?」

海未「い、いえ・・・別に・・・」

穂乃果「海未ちゃんは動物が苦手なんだよー」

ことり「でもさっきお話ができるならこわくないって言ってたよ?」

海未「それは・・・その通りですが・・・」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:38:13 ID:WI3lmJRyi
ことり「エンジェラちゃんは噛みついたりしないよね~?」

エンジェラ「時と場合によるぱか」

海未「時と場合によっては噛むのですか!?」

エンジェラ「うざい赤髪熱血男はきらいぱかー」

海未「ずいぶんと具体的ですね」

ことり「エンジェラちゃんにも苦手な人がいるんだね~」

エンジェラ「あまり思い出したくはないぱか」

ことり「じゃあ海未ちゃんのことはどう?」

エンジェラ「エンジェラ、むやみに噛みついたりはしないぱか。うざいやつだけぱかー」

ことり「ほら!大丈夫だって、海未ちゃん?」

海未「まあそれなら・・・」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:38:44 ID:WI3lmJRyi
絵里「おしゃべりはそのぐらいにして、そろそろエンジェラの友達を探す相談をしましょう」

ことり「そうだね、エンジェラちゃんは秋葉原の駅前から来たんだよね~?」

エンジェラ「そうぱか」

絵里「じゃあとりあえず秋葉原駅に向かいましょうか」

みんな「おー!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:41:09 ID:WI3lmJRyi
-秋葉原駅・電気街口-

穂乃果「秋葉原で観光と言ったら、やっぱり電気街だよねー」

絵里「そうね。エンジェラ、この辺りに居たということで間違いないかしら?」

エンジェラ「ぱかー」

絵里「・・・それはどっちの意味なの?」

ことり「『うん』って意味だよね~?」

エンジェラ「ぱかー」

絵里「なんでわかるのかしら・・・?」

穂乃果「ことりちゃんすごーい!アルパカ使いだね!」

ことり「えへへ・・・」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:41:50 ID:WI3lmJRyi
絵里「まあいいわ・・・全員で一緒に探すのは効率的じゃないし、何グループかに分かれましょうか」

ことり「ことりはエンジェラちゃんと一緒がいいなー」

穂乃果「穂乃果も!海未ちゃんも一緒にいこうよ!」

海未「わかりました」

絵里「ことり・穂乃果・海未は決まりね。他のみんなは?」

凛「凛はかよちんと真姫ちゃんと一緒がいいにゃー!」

希「それなら残りはうちとにこっちとえりちやね」

絵里「ちょうど学年別になったわね。それでいいかしら?」

真姫「構わないわ」

花陽「はい」

にこ「おっけー」

絵里「なら決まりね」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:42:49 ID:WI3lmJRyi
希「そういや、エンジェラちゃんが居ないと誰を探せばいいかわからないんとちゃう?」

絵里「それもそうね。エンジェラ、みんなの写真とかないかしら?」

エンジェラ「ぱかー。それが、今エンジェラのジュエルポッドが電池切れになってて使えないぱかー」

海未「ジュエルポッド?」

ことり「ジュエルランドにあるスマホみたいなものだよ」

海未「そんなものがあるんですか」

絵里「なるほど、携帯があればすぐに探せるんじゃないかと思ったけど、電池切れだったのね」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:43:26 ID:WI3lmJRyi
ことり「あ、そういえば、ことりジュエルペットの画像持ってるよ」

穂乃果「さすがことりちゃん!」

絵里「ならみんなの携帯にその画像を送ってもらえるかしら」

ことり「はーい、送信っと」

凛「来たにゃー!」

真姫「ジュエルペットにも色々な動物がいるのね」

穂乃果「ところでエンジェラちゃんはジュエルペットだけで遠足に来たの?」

エンジェラ「人間の女の子も一緒ぱか。頭の弱そうな薄幸少女と、お団子頭の姉御と、お嬢様っぽいお嬢様がいるぱかー」

花陽「エンジェラちゃんって意外と・・・」

凛「意外と毒舌にゃー!」

にこ「アンタがそれを言うの!?」

凛「なんのことかにゃー?」

花陽「あはは・・・」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:44:43 ID:WI3lmJRyi
絵里「それでは各自わかれて探しに行きましょう」

穂乃果「穂乃果たちは中央通り沿いを探してみるよ!」

凛「凛たちは裏通りの路地とかを見てみるにゃー!」

希「ほんならうちらは一応昭和通りの方に行ってみよか」

絵里「お互い見つかったら携帯に連絡しましょう」

穂乃果「はーい!」

凛「了解にゃー!」

no title

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:46:26 ID:WI3lmJRyi
-2年生組・中央通り-

ことり「ふわふわ~」ナデナデ

穂乃果「ことりちゃんばっかりずるーい!穂乃果にもさわらせてよー」ナデナデ

エンジェラ「ぱかー・・・」

海未「・・・」

穂乃果「ほらほら、海未ちゃんも撫でてみなよー」

海未「ですが・・・」

エンジェラ「ナデナデするぱかー?」ウルウル

海未「うっ・・・!」キュン

エンジェラ「なでるがよいぱかー」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:47:03 ID:WI3lmJRyi
海未「・・・」そっ・・・

海未「・・・」ふわっ

海未「やわらかい・・・」ナデナデ

エンジェラ「ぱかー」

ことり「ね、ふわふわでしょ?」

海未「これは確かに・・・やみつきになりますね」ナデナデ

エンジェラ「エンジェラ、なでられるの好きぱかー」

ことり「うふふ」ナデナデ

穂乃果「あはは」ナデナデ

海未「・・・」ナデナデ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:48:32 ID:WI3lmJRyi
-3年生組・昭和通り-

希「中央通りとちごて、こっち側は静かやなぁ」

絵里「そうね、まるで別世界だわ」

にこ「・・・」

希「にこっち、今日はえらい無口やね」

にこ「そんなことないわよ」

絵里「凛が言うように、エンジェラにマスコットの座を奪われそうで不安なのかしら?」

にこ「違うわ」

絵里「ジュエルペットは確かにかわいいけど、別にμ'sのメンバーになるわけじゃないのよ?」

にこ「だから違うの!むしろ・・・逆」

絵里「逆?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:49:25 ID:WI3lmJRyi
にこ「にこは・・・本当はジュエルペットが大好きなの!エンジェラをナデナデしたいのよ!」

絵里「ハラショー・・・ちょっと意外だわ」

にこ「悪い!?」

絵里「そんなことはないけど・・・」

希「うちは意外とは思わへんけどなぁ」

にこ「・・・え?」

希「だって、にこっちってなんだかんだかわいいもんが好きやろ?アイドルもそうやし、私服とかも」

絵里「そういえばそうね」

希「さっきも勢いであんなこと言っちゃったから撫でられなかったけど、ちょっと後悔してるんやな?」

にこ「・・・ええ、その通りよ」

希「好きなもんは好きって言ってええんよ?誰もそれでにこっちを笑ったりせんよ」

絵里「そうね、私もμ'sに入る前は意地を張っていたけど・・・今思えばそれでいいことなんか何もなかったわ」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:50:33 ID:WI3lmJRyi
にこ「・・・本当に?」

にこ「にこもエンジェラをナデナデしていいの?」

希「せや」

にこ「もふもふぎゅーってしても?」

絵里「ええ」

にこ「じゃあクンカクンカペロペロしても!?」

希「うーん・・・」

絵里「それはちょっと・・・」

にこ「やっぱりダメなのね!?」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:51:04 ID:WI3lmJRyi
希「ま、まあ、何事も限度ってもんがあるやん?」

絵里「そうね、でも撫でるぐらいだったら全然いいと思うわ」

にこ「よーし、こうなったら早く他のジュエルペットも見つけてまとめてもっぎゅーするわよ!」

絵里「急に元気になったわね」

希「まあにこっちはこれぐらいの方がええんやない?」

にこ「ほら、二人とも!早くいくわよ!」

絵里「はいはい」

希「ちょっと待ってやー」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:53:12 ID:WI3lmJRyi
-1年生組・裏通り-

凛「とりあえず、UTXの方を通っていこうかにゃー?」

花陽「UTX!ならA-RISEの新作PVをチェックしていかなきゃ!」

凛「かよちんは本当にA-RISEが好きだにゃー」

真姫「花陽のことだから、とっくに観たものだと思っていたけど?」

花陽「もちろん!もう何回も観てるけど、それでも観なきゃ!同じスクールアイドルとして参考になることもあるし!」

凛「今日のUTX前はすごい混んでいるにゃー」

花陽「新作PVが発表されてまだ3日だから・・・みんな観たいのかな」

真姫「これじゃあ通れないわ、下から行きましょう」

花陽「うん・・・残念だけど仕方ないよね・・・」

凛「かよちん元気だすにゃー!PVは後でまた観にくればいいにゃ」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:53:56 ID:WI3lmJRyi
~~~~~~

??「かわいいラブ~」

??「素敵です!」

??「まったく、すごい混み具合だな・・・これじゃあエンジェラが近くにいてもわからないぞ」

??「あっちの方は空いてるラブ」

??「本当だ、じゃあ線路の下をくぐって反対側の通りに行ってみるか」

??「それがよいです!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:55:49 ID:WI3lmJRyi
-2年生組・中央通り(ドンキ前)-

海未「ジュエルペットとはこんなにも愛らしいものだったんですね」ナデナデ

ことり「うふふ、海未ちゃんもすっかりエンジェラちゃんの虜になっちゃたね」

穂乃果「さっきまでがウソみたいだよー!」

エンジェラ「ぱかー」

海未「そういえばエンジェラはみんなとはぐれる前は何をしていたのですか?」

エンジェラ「ぱかー・・・駅をでてこっちの方にみんなで歩いてきて・・・クレープ屋さんを見つけたぱか」

ことり「クレープ屋さんって・・・あそこのこと?」

穂乃果「あードンキの1階の?」

エンジェラ「ぱか。それで、ガーネットがカフェの参考にしようって言って買いにいこうとしたら・・・人ごみにまぎれてはぐれちゃったぱか」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:56:29 ID:WI3lmJRyi
穂乃果「ドンキにはアイドルの劇場があるからねー、それで混んでたんじゃないかな?」

海未「カフェとは?」

ことり「エンジェラちゃん達はジュエルランドでカフェの営業をしてるんだよね~?」

エンジェラ「ぱか」

海未「ことり、詳しいですね」

ことり「ことりもいつかジュエルランドに行ってみたいと思って調べたんだ~」

穂乃果「でも、駅からこっちの方に向かってきたってことは、みんなはもっと先の方に行ったんじゃないかなー?」

海未「そうですね、このまま上野方面へ行ってみましょうか」

ことり「おー!」

エンジェラ「ぱかー!」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:57:30 ID:WI3lmJRyi
-1年生組・蔵前橋通り-

凛「蔵前橋通りまできちゃったにゃー」

花陽「細かい路地も覗いてみたけど、ジュエルペットはいなかったね・・・」

真姫「これ以上先に進んでいる可能性は低そうだし、中央通りを渡って反対側の裏通りに行ってみましょう」

凛「それがいいにゃー」

花陽「うん、そうだね」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:58:04 ID:WI3lmJRyi
~~~~~~

凛「こっちの方はなんだかよくわからないお店が多いにゃー」

真姫「パソコンパーツや電子部品の店が多いわよね」

花陽「10年ぐらい前までは、こういうお店がもっとたくさんあったんだよね」

??「きゃーすごいわ!こんなレアな真空管があるなんて!これは絶対買っていかなきゃ」

??「あら、高貴で素敵なガーネット様にピッタリの服じゃない!カフェの新しい制服にしようかしら」

??「サフィー、ガーネット、早くエンジェラを探しませんと!」

真姫「・・・今、エンジェラって言わなかった?」

凛「言ってたにゃー」

花陽「もしかして・・・」

凛「ちょっと聞いてみるにゃー」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:58:56 ID:WI3lmJRyi
凛「あのー・・・」

??「はい?なんでしょう?」

凛「もしかして、ジュエルランドの人ですかにゃー?」

??「はい、そうですわ。でもどうして?」

花陽「やっぱり」

真姫「じゃああの人が『お嬢様っぽいお嬢様』かしら」

凛「実は、凛たちの学校でエンジェラちゃんが迷子になってたんだにゃー」

花陽「それで私たち、エンジェラちゃんのお友達を探してたんです」

ねね「まあ、そうだったんですか!ありがとうございます、私近衛ねねと申しますわ」

凛「凛だにゃー!あっちはかよちんと真姫ちゃん」

花陽「よろしくお願いします」

真姫「どうも」

ねね「こちらこそよろしくお願いいたします。サフィー、ガーネット!エンジェラが見つかりましたわよー!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 20:59:42 ID:WI3lmJRyi
サフィー「ホントー?ねねちゃん」

ガーネット「まったく、どこに行ってたのよー・・・って、いないじゃない」

ねね「こちらの方たちが見つけてくださったんです」

花陽「わー・・・かわいいねこちゃん」

凛「わんちゃんもいるにゃー」

サフィー「ジュエルペットのサフィーです。犬種はキャバリアよ」

ガーネット「ガーネットよ。あなた、この私のかわいさがわかるなんて、なかなか見所があるわね」

真姫「ずいぶん上から目線・・・にこちゃんみたいだわ」

ガーネット「何か言ったかしら?」

真姫「別に」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:00:17 ID:WI3lmJRyi
ねね「それで、今エンジェラはどちらに?」

凛「そうだったにゃー!今は凛の友達と一緒にいるから、電話してみるにゃー」

サフィー「エンジェラのジュエルポッドはつながらないし・・・」

真姫「電池が切れてるみたいよ」

ガーネット「やっぱり、どうせそんなことだろうと思ったわ」

凛「穂乃果ちゃんたちも他のジュエルペットと合流したみたいにゃ。駅で待ち合わせることになったにゃ!」

真姫「じゃあ戻りましょうか」

花陽「案内しますね」

ねね「よろしくお願いいたしますわ」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:01:48 ID:WI3lmJRyi
-3年生組・昭和通り(仲御徒町駅
前)-

にこ「ジュエルペットいないわねー」

絵里「こっちの方には来てないのかしら」

希「この先はアメ横やんね、秋葉原観光にきてアメ横まではいかへんやろ」

絵里「いったん戻りましょうか」

にこ「そうねー・・・」

??「あっちからお魚のにおいがするラブ!」

??「ヒグマの血がさわぐですー!」

??「おーい二人とも、待てってばー!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:03:05 ID:WI3lmJRyi
にこ「あれはジュエルペット!捕まえるわよ!」

希「よっしゃ!」

絵里「まかせなさい!」

??「るるかも早く来るラブー!」ヒョイッ

??「ラブラ?どうしたです?」ヒョイッ

絵里「捕まえたわ」

希「こっちも捕まえたで~」

るるか「はぁ、はぁ、ありがとうございます」

にこ「あなた、ジュエルランドから来たんでしょう?」

るるか「そうですけど・・・どうして?」

希「うちらの学校でエンジェラちゃんが迷ってたから、一緒にいた友達を探してたんよ」

ラブラ「エンジェラ、どこにいるラブ?」

絵里「私の友達と一緒にいるわよ」

ラブラ「ラブー!良かったラブ」

ローサ「ですです!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:04:15 ID:WI3lmJRyi
るるか「ありがとうございます!私、ジュエル学園の華山るるかっていいます」

ラブラ「ラブララブー」

ローサ「ローサですぅ」

絵里「私は綾瀬絵里。音ノ木坂学院の生徒会長をやっているわ」

希「同じく副会長の東條希や。よろしゅう」

にこ「矢澤にこよ」

るるか「絵里さんに希さんですね。にこ・・・ちゃんは希さんの妹さんですか?」

にこ「失礼ね!にこも二人と同じ高校3年生よ!」

るるか「あ、失礼しました!にこさん」

にこ「まったく・・・」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:04:59 ID:WI3lmJRyi
希「まあまあ、にこっちはちっちゃいから間違えるのも仕方ないやんな」

にこ「希まで!」

希「うちはにこっちのこと、ちっちゃくてかわいいと思っとるよ?」

にこ「え・・・と、当然じゃない!」

ローサ「なんだかあの二人・・・」ヒソヒソ

ラブラ「本当に姉妹みたいラブ」ヒソヒソ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:07:02 ID:WI3lmJRyi
絵里「エンジェラの友達も見つかったことだし、ことりたちに連絡するわね」

にこ「お願いするわ、その間ラブラはにこが預かっておいてあげる」

ラブラ「ラブー?ラブラ、一人で立てるラブ」

にこ「遠慮しなくていいのよー?」ワキワキ

ラブラ「なんだかこわいラブ」

希「にこっち、ここぞとばかりに・・・」

るるか「にこさんはジュエルペットが好きなんですか?」

にこ「ええそうよ!大好きよ!」

ラブラ「・・・そんなに好きなら抱っこさせてやってもいいラブ」

ローサ「ローサもお願いしますです」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:07:37 ID:WI3lmJRyi
にこ「いいの?ホントに?」

ラブラ「本当ラブー」ピョン

ローサ「はいです」ピョン

にこ「ああ・・・ふわふわ・・・」ナデナデ

ラブラ「ラブー」

ローサ「ロサー」

絵里「ことりと凛たちもジュエルペットと合流したって言っていたわ。駅に戻りましょう」

希「ほないこか、にこっち」

にこ「幸せ~・・・そ、そうね、行きましょう」

るるか「よろしくお願いします」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:11:21 ID:WI3lmJRyi
-2年生組・中央通り(上野三丁目交差点付近)-

??「なんだか雰囲気が変わって来たねー」

??「そうだね、戻るー?」

??「どうしよっかー」

エンジェラ「ぱかー?」

ことり「どうしたの、エンジェラちゃん?」

エンジェラ「あの前にいるのは・・・」

??「きゃー!」ズドン

海未「消えました!」

穂乃果「下に落ちたみたいだよ!」

エンジェラ「あの不運っぷり・・・間違いないぱか」

ことり「エンジェラちゃんのお友達?」

エンジェラ「ぱかー」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:12:50 ID:WI3lmJRyi
??「誰かー助けてくださーい」

??「うさぎのジャーンプ!届かないやー」

穂乃果「助けなきゃ!」

ことり「うん!」

海未「私ははしごを借りてきます!」

エンジェラ「ちあり、ルビー?だいじょぶぱかー?」

ちあり「あ!エンジェラ!」

ルビー「どこに行ってたの?探したんだよー」

エンジェラ「みんなとはぐれたあと、この人たちに助けてもらったぱかー」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:13:21 ID:WI3lmJRyi
穂乃果「大丈夫ー?」

ことり「結構深いね~」

ちあり「穴の中から失礼します、ジュエルランドから来た月影ちありです」

ルビー「ルビーだよ!」

ことり「ことりです~、こっちは穂乃果ちゃん」

穂乃果「よろしくね!あともう一人、海未ちゃんって子がはしごを借りにいってるからちょっと待っててね」

ちあり「はい、ありがとうございますー」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:14:10 ID:WI3lmJRyi
海未「借りてきましたよ!」

ことり「あ、海未ちゃん」

海未「さあ、これで登ってください」

ちあり「はいー」

ルビー「よいしょ、よいしょ」

ちあり「ふー、本日初落とし穴だねー」

ルビー「ねー、前半は調子良かったのにねー」

海未「なんでこんなところに落とし穴が・・・?」

ちあり「なんででしょうねー?でも私、よく落とし穴に落ちるんです」

穂乃果「そんなに落とし穴に落ちるのに、ずいぶん前向きなんだね」

ことり「穂乃果ちゃんみたい」

穂乃果「そうかな~?」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:14:59 ID:WI3lmJRyi
ルビー「エンジェラが見つかって良かったー!」

ちあり「うんうん!」

エンジェラ「心配かけてごめんぱかー」

プルルルル・・・

穂乃果「凛ちゃんから電話だ」

ことり「ことりも、絵里ちゃんから」

海未「どうやら他のグループもジュエルペットと合流したようですね」

穂乃果「凛ちゃんたちもジュエルランドの人と一緒だって。駅で会うことにしたよ」

ことり「わかった、絵里ちゃんたちにも伝えるね」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:16:59 ID:WI3lmJRyi
海未「ルビーはうさぎのジュエルペットなのですか?」

ルビー「そうだよ!このうさみみがチャームポイント~」

海未「あの・・・頭をなでさせてもらってもいいですか?」

ルビー「いいよー!」

海未「ありがとうございます」ナデナデ

ルビー「くすぐったいー」

海未「ジュエルペットはかわいいですね・・・」

ちあり「ルビー、かわいいって」

ルビー「えー、照れちゃう~」

ことり「海未ちゃん、すっかりジュエルペット好きになったみたいだね」

海未「ええ、そうですね・・・電話は終わりました?」

ことり「うん!駅に戻ろう」

海未「ルビー、歩き疲れたでしょう?私が駅まで抱っこしていってあげますね」

ルビー「いいの?ありがとー!」

ちあり「良かったね、ルビー?」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:17:33 ID:WI3lmJRyi
ことり「エンジェラちゃんはこのままことりが連れていってあげるね」

エンジェラ「ぱかー」

穂乃果「二人ともずるーい!穂乃果も抱っこしたい!」

ことり「じゃあかわりばんこにしよう?」

穂乃果「うん!」

ちあり「みなさんジュエルペットが大好きなんですねー」

ことり「ここら辺だと、テレビで観たことはあっても、本物を見る機会はないから・・・」

穂乃果「ジュエルランドの人は毎日ジュエルペットと一緒で羨ましいなー」

ちあり「でもルビーの魔法は失敗ばかりで、いつも大変な目に会ってますよ~」

ルビー「あー、ちありひどーい!」

エンジェラ「本当のことぱかー」

みんな「あはははは」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:18:57 ID:WI3lmJRyi
-秋葉原駅・駅前広場-

凛「あ、穂乃果ちゃんたちにゃー!おーい、こっちだにゃー」

穂乃果「凛ちゃーん、みんなー!」

ラブラ・ローサ「エンジェラー!」ピョン

エンジェラ「ぱかー!」

ラブラ「やっぱりエンジェラの背中は落ち着くラブ」

ローサ「ですです!」

にこ「にこに抱っこされるの・・・イヤだった?」

ラブラ「そんなことないラブ、にこの抱っこも気持ち良かったラブ」

ローサ「極上でしたです!」

にこ「そう、よかった!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:19:36 ID:WI3lmJRyi
ことり「にこちゃんもジュエルペットが好きだったの?」

にこ「そうよ!にこの方が、ことりよりもずっとずっと好きなんだから!」

ことり「なら今度一緒にジュエルペットショップに行こうよ~」

にこ「いいわよ!にこの秘蔵のジュエルペットグッズもみせてあげるわ」

ことり「わ~楽しみ~」

ちあり「みなさん今日は本当にありがとうございました!」

エンジェラ「助かったぱかー」

穂乃果「いいよいいよー」

海未「困ったときはお互い様です」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:20:23 ID:WI3lmJRyi
ねね「ところでみなさんはどういう繋がりなんですか?学年もバラバラのようですが・・・」

穂乃果「穂乃果たちはμ'sっていうグループでスクールアイドルをやってるんだよ!」

ねね「スクールアイドル・・・聞いたことがありますわ。たしか、ラブライブというものの出場を目指して頑張っているのですよね?」

絵里「私たちの場合は少し違うけど、一応ラブライブの出場も目標としているわ」

ことり「あとちょっとで出られそうなんだよ~」

ちあり「そうなんだ!すごいね、ルビー」

ルビー「おもしろそー!」

にこ「ちなみに、あそこにあるUTX学院のA-RISEが現在のトップユニットよ。ま、いずれにこたちが追い抜くけど」

ラブラ「さっきみたとこラブ」

ローサ「かわいかったですー」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:21:11 ID:WI3lmJRyi
サフィー「スクールアイドル・・・ジュエル学園でも参考になりそうだわ」

ガーネット「ジュエルペットカフェにも取り入れてみましょうよ!」

ちあり「いいかも!」

ねね「私たちも、帰ったらμ'sの応援をさせていただきますわ」

穂乃果「よろしくねー!」

るるか「そういえば、集合時間まではまだ時間があるけどどうしようか?」

ルビー「秋葉原観光の続きする?」

サフィー「でももしまた誰かが迷子になったら間に合わなくなるおそれがあるわ」

絵里「良かったら私たちで秋葉原を案内しようかしら」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:21:44 ID:WI3lmJRyi
ねね「よろしいのですか?」

にこ「まあアキバはにこの庭みたもんだしー?」

ローサ「にこちゃんすごいですー」

ことり「ことりももうちょっとエンジェラちゃんたちと遊びたいな~」

エンジェラ「ぱかー」

ちあり「じゃあお願いしよっか?」

ルビー「うん!ルビーももっとアキバで遊びたい!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:23:32 ID:WI3lmJRyi
>>56
修正

ねね「よろしいのですか?」

にこ「まあアキバはにこの庭みたいなもんだしー?」

ローサ「にこちゃんすごいですー」

ことり「ことりももうちょっとエンジェラちゃんたちと遊びたいな~」

エンジェラ「ぱかー」

ちあり「じゃあお願いしよっか?」

ルビー「うん!ルビーももっとアキバで遊びたい!」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:24:22 ID:WI3lmJRyi
こうしてことりたちはジュエルランドのみんなと楽しいひと時を過ごしました。そして・・・

ことり「エンジェラちゃん・・・」ウルウル

エンジェラ「ぱかー・・・」ウルウル

にこ「ラブラ、ローサ・・・」ウルウル

ラブラ「にこー!」ウルウル

ローサ「にこちゃん・・・」ウルウル

海未「ことり、にこ、そんな顔をしていたら帰りにくくなってしまいますよ。笑って見送ってあげましょう」グスッ

ことり「そういう海未ちゃんだって・・・」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:25:15 ID:WI3lmJRyi
ちあり「みなさん、今日は本当にありがとうございました。エンジェラを連れてきてもらった上に、秋葉原の案内までしていただいて・・・」

るるか「今度はぜひジュエルランドにも遊びに来てください!私たちが案内します」

ねね「その際にはうちのホテルにご招待いたしますわ」

穂乃果「いいの?ありがとう!ラブライブが終わったら遊びにいくね!ね、みんな」

ことり「うん!絶対にいくよ!」

にこ「当然よ!」

海未「今から楽しみです」

エンジェラ「みんな待ってるぱかー」
ピカー

ねね「これは・・・」

ちあり「魔法の宝石だー!」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:26:10 ID:WI3lmJRyi
絵里「魔法の宝石?」

るるか「人間とジュエルペットの心が通い合った証なんです。今回は・・・エンジェラとμ'sのみなさんの」

ことり「きれー・・・」

海未「そうですね・・・」

ヒューン
台「どうもー!台でーす!宝石入れちゃってー!」

るるか「うわ!お前、ジュエルランドからここまで来たのか!?」

ねね「一体どういう仕組みなんでしょう」

エンジェラ「さあ、ここに宝石を入れるぱか」

ことり「うん!」
カチッ!ピカー

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:26:48 ID:WI3lmJRyi
海未「これは・・・」

穂乃果「全員分のジュエルペットのマスコットだ!」

エンジェラ「こっちはμ'sのマスコットぱかー!」

ローサ「かわいいです!」

ねね「さあ、そろそろ電車の時間ですわよ」

ちあり「うん、じゃあ行こうか」

ことり「またねー!」

にこ「絶対あそびにいくわよ!」

海未「このマスコットも大切にします!」

「ぱかー」「ラブー」「ロサー」

ちあり「さようならー!」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:27:26 ID:WI3lmJRyi
-数日後-

凛「真姫ちゃんのガーネットかわいいにゃー」

真姫「凛はサフィーなのね。花陽のそれは・・・誰かしら?」

花陽「トパーズちゃん!私もあのあとジュエルペットについて調べてみたんだけど、この子が一番のお気に入りなの」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:28:43 ID:WI3lmJRyi
~~~~~~

にこ「ラブラ・・・ローサ・・・エヘヘ・・・」

希「にこっち、現実逃避しとらん?」

にこ「ジュエルランドに住みたいなー」

絵里「全然聞こえてないわね・・・」

希「お、えりち早速もらったマスコット付けてるんやな」

絵里「ええ、私はルビーのをもらったわ」

希「あの子なんだかんだ言ってリーダーっぽいところあったし、えりちにピッタリやな」

絵里「そういう希は・・・ペリドットだっけ?」

希「せや。今回はおらんかったけど、この子占い師やってるらしいやん。ジュエルランドに行ったらぜひ会ってみたいわー」

絵里「希のもピッタリね」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:30:10 ID:WI3lmJRyi
~~~~~~

海未「エンジェラのふわもこが懐かしいです」ナデナデ

ことり「海未ちゃんずっとそのマスコット撫でてるね~」

海未「このマスコットは素晴らしいですが、やはり本物にはかないません」

穂乃果「みんないろいろもらったみたいだけど、穂乃果たち三人はおそろいでエンジェラちゃんだね!」

海未「そうでないとエンジェラを巡って戦争をしなければなりませんからね」

穂乃果「海未ちゃんの目がこわい・・・」

ことり「あ、じゃあ練習に行く前にアルパカさんに会いにいこうよ!アルパカさんもふわふわで気持ちいいよ~」

海未「そうでした!私としたことが、この学校にはアルパカがいるんでしたね」

穂乃果「うん!いいね!」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 21:31:12 ID:WI3lmJRyi
-アルパカ小屋-

ことり「あ~、やっぱりアルパカさんも気持ちいいな~」ナデナデ

穂乃果「そうだねー」ナデナデ

海未「確かにふわふわですが・・・エンジェラのふわもこ感には劣りますね・・・」ナデナデ

茶パカ「キュッキュッキュッキュキュー!」

海未「どうしました?気持ちいいですか?」

ことり「海未ちゃん!その鳴き声は・・・」

茶パカ「ガブッ!」

海未「いったー!」

ことり「その鳴き声は警戒の声だから気を付けて、って言おうとしたんだけど・・・」

穂乃果「海未ちゃんが変なこと言うからー」

海未「ううっ・・・やっぱり動物は苦手です・・・」

海未「カムバーック!エンジェラー!!」



ことり「アルパカさんかわいい~」 エンジェラ「ぱかー」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385638009/)