1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 19:27:29 ID:qPN7CEA+0
P「まずは>>3でだな」

001

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 19:28:03 ID:EJcTIV//0
麻薬

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 19:32:01 ID:qPN7CEA+0
P「まずは麻薬だ」

P「どう使うかって? そんなの……へっへ」

P「誰がいいかな……そうだな。>>10にしようか……」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 19:38:15 ID:D5zEr2i60
あべさん

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 19:46:44 ID:qPN7CEA+0
安部菜々(永遠の17歳)


ディレクター「お疲れ様でした」

菜々「おつかれさまでしたーっ! ……ふぅ」

P「お、菜々。お疲れ」

菜々「あ、プロデューサーさん。お疲れ様です……」

P「ははは、ずいぶんお疲れみたいだな?」

菜々「いえいえ、そんなことないですよ? ナナはピッチピチの17歳ですからね!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 19:54:07 ID:qPN7CEA+0

no title




P「そうか?」

菜々「そうですよぉ。ピチピチですよ!」

P「へぇー……ピチピチね」

菜々「な、なんですか?」

P「いいや。なんでも……だけど最近忙しいのは事実だしなぁ」

菜々「そ、それはそうですけど」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 19:59:14 ID:qPN7CEA+0
P「本当に疲れがたまってたりしないか?」

菜々「……実は、ちょこっとだけ。で、でもですね? お仕事はやっぱり楽しいですから! ぜんぜん、ジャンジャンバリバリ働けちゃいますから!」

P「そうか。ならいいんだけどな」

菜々「そうですとも! 24時間働けますか~なんちゃってー」

P「菜々、いまどきの子はそれ知らない」

菜々「え”っ」

P「……」

菜々「ち、チガイマスよ? あ、あの、ほら……懐かしの……あ、あの。特集、とか見たんですよ……?」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:06:50 ID:qPN7CEA+0
P「ははは、冗談冗談。まぁとにかく、無理はするなよ? 身体が資本なんだから」

菜々「はーい! ありがとうございます」

P「菜々は危なっかしいからなぁ」

菜々「ご心配には及びませんよぉ。ナナだって、アイドルですから!」

P「ウサミン星まで電車で一時間だもんな」

菜々「ぎ、銀河鉄道でですよ?」

P「名産品は落花生」

菜々「うぐっ」

P「ついでに謎の銀の缶。炭酸ドリンクにしては……」

菜々「わー! わー!!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:08:52 ID:qPN7CEA+0
菜々「なんなんですかもう、今日のプロデューサーさんはイジワルですね」

P「まぁまぁ。そんなお疲れの菜々にいいものをやろう」

菜々「いいもの、ですか?」

P「じゃじゃーん。『ねむらなくてもつかれないくすり』」

菜々「あー、ドラえもんでありましたねぇそういうの」

P「そうそう、それそれ」

菜々「懐かしいなぁ。ナナもよく読んで……あれ? ドラえもんはセーフですよね? 今の子も知ってますよね?」

P「その質問がアウトだよ」

菜々「し、しまった!?」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:20:29 ID:qPN7CEA+0
菜々「うぅ……プロデューサーさんのいじわるぅ……」

P「自爆じゃないか……は置いといてだな。どうする?」

菜々「どうって……そのねむらなくてもつかれないくすり、ですか?」

P「うん。使ってみないか?」

菜々「……また何かからかおうとかしてませんよね?」

P「ハハハ、まさか」

菜々「むぅ……というか、なんですかそれ」

P「何って、だからそのままだよ」

菜々「へ、ヘンなお薬じゃないですか……?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:26:50 ID:qPN7CEA+0
P「違う違う、プラシーボ効果ってあるだろ?」

菜々「あー、あるある大辞典とかでやってたような」

P「……それも微妙に古い」

菜々「う、嘘でしょう!?」

P「小学生は知らないぞ。薫に聞いてみろ」

菜々「そんなばかな……そんな……」

P「ま、それはおいといてどうする?」

菜々「うーん……」


菜々(プロデューサーさん、なんかおかしいような……でも最近疲れてるのは本当だし……)

菜々(受け取ろうかな、どうしよう……)

菜々(うん、やっぱり……>>22かな)


1.うけとる
2.うけとらない

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:27:48 ID:zC1zfwZK0
2

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:35:42 ID:qPN7CEA+0
菜々「い、いえいえ。大丈夫です!」

P「本当か?」

菜々「本当ですよ! ナナはほら、この通り! 元気シャキシャキです!」

P「そうか……ま、いらないならいいや」

菜々「えへへ、今は何よりお仕事が楽しいですから……この疲れも、ナナの……ウサミンのものなんです」

P「えらいなぁ」

菜々「本当に疲れて、もうだめだーって思ったら頼みますね。プロデューサーさん♪」

P「これはもともと気の持ちよう、ってやつだし。そう思えてるうちは大丈夫だな」

菜々「よーしっ、明日からも頑張りますよー!」

P「おぉ、頑張れウサミン!」

菜々「はい!」



P(……参ったな。受け取ってもらえないとは)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:39:50 ID:qPN7CEA+0
P(ま、いいか。今度……酒の席にでも誘って)

P(ちょいと盛ってやろう。少しずつでも使わせれば依存して――)


??「…………」

P(ん? こんな夜に誰かいる。珍しいな――)


no title



阿部「やらないか」

P「……!」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:44:16 ID:qPN7CEA+0
  






P「アオオー!!!」


阿部「クスリなんかより、ブスリ♂ってな」


P「しゅんごぉい……」

阿部「いいか、こんなもんより俺のチンポを思うんだ。いつだって付き合ってやるからさ」

P「は、はひぃ……」

阿部「いい子だ。じゃあ、このまま続きといこうじゃないの」

P「ま、まだやるんですかぁー!?」

阿部「そっちだってまだまだヤる気マンマンだろ? ほぉら」

P「そ、そこは……おほぉっ!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:47:03 ID:qPN7CEA+0
――――

――

P「やぁみんな、おはよう!」

菜々「あ、おはようございます」

P「ハッハッハ、今日もいい天気だね!」

菜々(き、昨日とは別の意味でプロデューサーさんがおかしいような……)

P「フッフッフ、実に晴れやかな気分だ! 歌でもひとつ歌いたいようなイイ気分だ!」

菜々(いや、よそう。私の勝手な勝手な予想でみんなを混乱させたくない)

P「ミミミン♪ ミミミン♪ ウーサミン!」

菜々「えっ、はいっ!」

P「ミミミン♪ ミミミン♪ ウーサミン!」

菜々「はいはーい! ウーサウサ……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:50:55 ID:qPN7CEA+0
P「菜々とミンミンウサミンするのは楽しかった」

P「……はて、何か忘れているような」


P「そうだ。俺はアイドルをダメにするつもりだったんだ!」

P「参ったな。阿部さんのチンポのことが頭から離れねぇや」

P「………それはともかく、>>33してみるか」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 20:56:13 ID:dLfY4hqCO
雫にチェンジ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:06:23 ID:qPN7CEA+0
及川雫(16)
no title



雫「あれー、どうしたんですかー?」

P「おぉ、雫か」

雫「プロデューサーさーん?」

P(さて……薬は確かにあるが……)

雫「?」

P(使おうか、どうしようか――)


P(雫には、>>37かな)

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:07:36 ID:GI0y8hO20
媚薬

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:17:32 ID:qPN7CEA+0
P(きーめーた)


P「雫、お茶のむか?」

雫「わー、ありがとうとうございますー」

P「いいんだぞー」

雫「プロデューサーさんは飲まないんですかー?」

P「……俺は喉かわいてないしな」

雫「そうなんですかー……」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:26:29 ID:qPN7CEA+0
雫「美味しいですー」

P「そうか、よかった」

雫「……」コクコク…

P「……雫は」

雫「はい、なんでしょー?」

P「力持ちだよなー」

雫「えへへー、そうですねー。私、昔から実家のお手伝いをしてましたからー」

P「動物のこと、好きか?」

雫「だーいすきです。牛さんたちのことをみるの、大変ですけど。でも、もーっとがんばろーって思えるんです」

P「そうかそうか」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:34:09 ID:qPN7CEA+0
雫「……んぅ……」

P「どうした?」

雫「い、いいえー。なんでもないですよー……」

P「そうかそうか」

雫「はいー……」

P「………」

雫「……はぁ………ん……」モゾモゾ…

P(効いてきたかな)

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:46:13 ID:qPN7CEA+0
雫「………あのー」

P「どうした雫?」

雫「いえー………なんだか、今日は暑い、ような……」

P「まるで愛梨みたいなこというんだな」

雫「ん………だいじょーぶですよー」

P「そうか? 暖房切ろうか……」

雫「ふぅ……すみません、プロデューサー……」

P「いいんだよ。熱でもあるのかな?」ピトッ

雫「ひゃっ……」

P「どうした?」

雫「い、いえ………プロデューサーさんの手、冷たくって気持ちいいですー……」

P「そうかそうか……」ナデ…

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:54:28 ID:qPN7CEA+0
雫「はぁ………んぅ………」

P(頭に置いた手に、顔を擦り付けてる)

雫「プロデューサー、さん……」

P(自覚あってか、それとも無意識か……でも、雫の髪はなかなか気持ちいいな)

雫「なんだか、へんなんです……わたし……」

P(さーて、薬の効果も出てきたし……)

雫「ぷろ、でゅー、さ………」

P(>>54するとしようか)

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 21:58:01 ID:zC1zfwZK0
イチャラブ子作り

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 22:08:37 ID:qPN7CEA+0
P「しーずく」

雫「は、い……」

P「……なんだか本当に顔が赤いな。熱もあるみたいだし、こっちにおいで」

雫「……ふぅ……ふぅ、ぅぅ………」

P「大丈夫か、雫?」

雫「ん………はい……すみま、せん……」

P「いいんだよ。参ったなぁ、仕事で疲れてるのかな……」ナデナデ…

雫「は、ぁっ………」

P「ん?」

雫「あ……なんでも、ないです……」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 22:22:56 ID:qPN7CEA+0
P「大丈夫か? 本当になんだかおかしいなぁ」

雫「はぁ……ぃ、だいじょぶ、です………」

P「そうは見えない。ほら、こっちおいで……」スッ…

雫「ん、ぅっ………ハァ、ん……」

P「………」ナデナデ…

雫「ぁっ………なん、だか…………」

P「なんだか、どうした?」

雫「わたし、へんになっちゃったみたいですー……」

P「変って、どんな風にだ?」

雫「からだ、あつくって………ふくが………」ポニョンッ

P「おぉ、すごい汗だな……とりあえずもう少し飲み物飲んでだな……」

雫「ん、っはぁ………はい、のみますー……」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 22:32:40 ID:qPN7CEA+0
雫「はぁっ………ぁ………♡」

P「……ほら、汗すごいなぁ。拭かないと」グシ…

雫「あ、ありがとー、ございます……」

P「服脱いで。ぐちゃぐちゃで気持ち悪いだろ?」

雫「ふく、ですかー……? でもー……」

P「大丈夫だ。俺しかいないからなー。ほら、風邪がひどくなっちゃうぞ?」

雫「……そう、ですかー……? でもー……」

P「気にするなよ。俺は平気だからな」

雫「ん…………はい………」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 22:41:40 ID:qPN7CEA+0
雫「はぁ………ふぅ……っ……」

P(汗で肌着が透けて、張り付いて………犯罪的な胸だな)

雫「……わー、本当にびしょびしょですー………ふぅ、っ……」

P「ほら。タオル」

雫「あ。ありがとーございますー………」

P「ふいてやるから、背中向けて」

雫「……えーっと、でもー………」

P「遠慮するなよ。ほら、大丈夫」

雫「………いいんでしょうかー、わるい、ようなー」

P「いいんだよ。俺はプロデューサーだからなー」

雫「はーい……」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 22:47:54 ID:qPN7CEA+0
P「雫の背中、結構おおきいんだな」

雫「そうですかー……?」

P「一杯、手伝ったり働いたりしてるからか。たくましいなと思うよ」ゴシゴシ…

雫「っ、んっ……♡」

P「雫?」

雫「ぁ……は、い。いっぱい、いーっぱいがんばってるからでしょうかー……」

P「そうだよなぁ。手も………結構筋肉あるし……」スリ…

雫「ひぁ……っ、す、すみません……」

P「ん? 悪いなんて思ってないよ……たくましい女の子、いいじゃないか」

雫「ほんと、ですかー………?」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 22:59:17 ID:qPN7CEA+0
P「本当だとも………」

雫「……うれしいですー………」

P「そうか……」

雫「……はぁ……ぅ………ふいて、もらって、きもちいいです………」

P「ならよかった。すごい汗だしな」フニフニ…

雫「…………あ、のー」

P「どうした?」モミモミ…

雫「…なんでも、ないですー………」

P「そうかそうか」


P(重いなぁ。この胸……いつもぶら下げてたら力もつくか)

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 23:04:38 ID:qPN7CEA+0
P「汗、すごいな。前も拭くぞー」

雫「ぁ……ま、まってください………」

P「いいから、遠慮するな。ほら………」

   フニッ   ゴシゴシ…

雫「っ、ふ、ぅ……っ………♡」

P「胸の谷間にも汗が溜まってるなぁ。女の子って大変じゃないか?」

雫「え、ぇっ………な、夏はあせもとか、きをつけてますけれどー……」

P「そうか。汗かいてると気持ち悪いもんなー。よーく拭いとかないと」ゴシ…キュッ

雫「っっぁあっ……!」ビクッ

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 23:14:31 ID:qPN7CEA+0
P「……雫、大丈夫か?」

雫「っ、は、ぃ………」

P「そうか。汗もかいてるしなぁ………寒くはないな? まだ暑いか?」

雫「……だい、じょうぶです…………でもー………」

P「でも、なんだ?」ムニ……

雫「…………P、さん。おっぱいは、じぶんでもふけます……」

P「そうか? でもフラフラじゃないか……遠慮するなよ。ちゃんと綺麗にしないと」キュッ

雫「んぁっ……だめ、ですー………そこ、は………ぁ、ぁ、っ……♡」

P「ほら、しっかりして……」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 23:28:14 ID:qPN7CEA+0
――

P(延々と汗を拭く名目で身体をいろいろと触ったが……)

雫「はぁー………っ、は、ぁぁー………っ……」クテ…

P(だいぶ力が抜けてる感じだな。胸は十分に堪能したし……)

   シュルッ…

雫「………だめ、ですー………」

P「なんでだ? 汗、拭かないと」

雫「だけどー………下は…………」

P「雫は腰回りもしっかりしてていいよなぁ。安産体型っていうかさ……」ピトッ…

雫「……ん………っ♡」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 23:37:29 ID:qPN7CEA+0
P「………どうした雫?」

雫「だめ、ですよー。こんなの………」ギュ…

P「ダメ? 何がダメなんだ?」

雫「だってー………わたし…………」

P「………」バチンッ!

雫「ひぐっ!?」

P「何がダメか、ちゃんと言えるか?」

雫「わ、わたしー………こういうのはー……」

P「こういうのは………?」ナデ…

雫「……はぁっ……♡」ビクンッ

P「…………やっぱり、雫は魅力的な身体だなぁ」グリッ

雫「んんんっ……!!」ビクビクッ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 23:47:13 ID:qPN7CEA+0
P「本当は雫も期待してるんじゃないか?」

雫「そんな、ことー………」

P「じゃあ、なんで………」バチンッ!

雫「ぃ、っっ~~~~♡ ♡」

P「叩いた時にまで反応してるんだ?」

雫「それ、は…………」

P「それは?」

雫「…………わかりませんー……でも………」ムニッ…

P「……」

雫「こんなの、はじめてなんですー……わたしー……」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 23:51:37 ID:qPN7CEA+0
P「そうか……」

雫「……Pさんは……どうですかー……?」

P「どうって、何がだ?」

雫「わたしは………ほしいですー…………もっと、もぉーっと……」

P「………」

雫「私の、奥まで………Pさんが………♡」

P「……ああ、俺も………じゃあ、脱がせるぞ?」

雫「………あのー。自分で脱いじゃ、だめですか……?」

P「ダメだ。俺が脱がせたい」

雫「…………はずかしいですよー」

P「大丈夫。俺も脱ぐから……ほら」

雫「ん………わぁ、おっきくなってますねー……」サス…

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 23:59:43 ID:qPN7CEA+0
P「………こういうのは慣れてるのか?」

雫「うちの子が、ちゃんと種付けできてるかどうかを確認したりとかー、出産は割と身近ですねー……」

P「そうか……」

雫「……男の人のは初めてですけどー。思ったより、かわいいかもしれません」

P「………そうか」

雫「あれー、だいじょうぶですかー?」

P「動物並はちょっとな………でも、そのぶん………」クチッ

雫「……ぁは、ぁっ♡」

P「雫を満足させる方法なら知ってるぞ? ほら」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21 00:07:16 ID:qJMzbl2K0
P「雫。胸を借りるぞ?」

雫「おっぱいですかー……?」

P「あぁ。これだけ大きいと…………」ムニュゥ…

雫「あ、あったかいですー………」

P「完全に埋まっちゃうな。流石だ」

雫「そーですかー……?」

P「うん。やわらかくて気持ちいいな………」

雫「うれしいですけれどー………わたしも……」

P「んんー……じゃあ、下………を……」クリッ

雫「ぃ………っ――――― ♡ ♡」

P「ははは、雫は敏感だなぁ……」

P(薬のせいも多分にあるが、この感じならいつ入れてもいいか――)

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21 00:11:07 ID:qJMzbl2K0
AA_139030686930464800

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21 00:14:10 ID:qJMzbl2K0
P「あのあと滅茶苦茶セックスした」



P「責任とることになった」




雫「あなたー、ご飯ですよー」

P「僕は今しあわせです」







おわれ


モバP「アイドルを堕落させてやる!!」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390213649/)