1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:40:36 ID:sljc5k7i0
~元旦~

ちなつ「はー、元旦に集まったのはいいんですが、京子先輩が居ないと何か盛りあがりませんね」

あかり「うん……京子ちゃん、お正月早々風邪なんてかわいそうだよね……」

結衣「昨日お見舞いに行った時は割と元気だったから、きっと明日には顔を出してくれるよ」

ちなつ「で、ですよね……よし、じゃあ気を取り直して盛り上がって行きましょう!」

あかり「おー!」

ちなつ「じゃあ、あかりちゃん?景気づけに何か面白いこと言って?」

あかり「え、ええー!突然そんな事言われても……」

結衣「あかり、頑張れ」

あかり「えっと、えっと……そ、そうだ!今年は午年だったよね!?」

ちなつ「うん」

002

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:43:19 ID:sljc5k7i0
あかり「午年に食べたお節料理も、とっても、うまかったよぉ!」

結衣「……」

ちなつ「……」

あかり「うまかった……よぉ……」

あかね「……」

ともこ「……」

あかり「う、うま……」

結衣「……」

ちなつ「……」

あかね「……」

ともこ「……」

あかり「う、ううっ///」


キャー

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:46:08 ID:sljc5k7i0
1/7

赤座宅


ピピピピピピピピピピ


あかり「……ん、んぅ」モゾモゾ

あかり「あれえ、どうしてこんな時間に目覚ましなんて……」

あかり「……」ボー

あかり「……あ、そっか、今日から、学校始まるんだった」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「よしっ」ガサゴソ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:49:00 ID:sljc5k7i0
タッタッタッタッ


あかり「お姉ちゃん、おはようっ」

あかね「……」

あかり「お姉ちゃん、何してるの?」

あかね「……」ゴソゴソ

あかり「あ、そっか、お弁当作ってるんだ、お姉ちゃんも今日から学校?」

あかね「……」

あかり「……ご、ごめんね?お姉ちゃん忙しいんだよね?」

あかね「……」

あかり「じゃ、あかり、今から学校だから、行ってきます!」

あかね「……」

あかり「行ってきまーす……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:51:23 ID:sljc5k7i0
あかり(はあ、お姉ちゃんの様子、今日もおかしかったなあ……)

あかり(あれ以来、ずっとだよお……)

あかり(もう、前みたいに普通に接してくれることはないのかな……)

あかり(……)

あかり「だ、だめだめっ!今から学校なんだから、こんな暗い顔してたら皆心配しちゃうよお」プルプル

あかり「よ、よーし!学校、頑張るぞっ!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:53:26 ID:sljc5k7i0
あかり「あ、京子ちゃんだ!結衣ちゃんも!」

あかり「おーい!京子ちゃーん!結衣ちゃーん!」タッタッタッ


京子「……」ボソボソ

結衣「……」ボソボソ


あかり「2人とも、何のお話してるの?」

京子「……」

あかり「京子ちゃん?」

結衣「……」

あかり「結衣ちゃん?」

京子「……」

あかり「あ、あはは、あかりには内緒のお話……なのかな?」

結衣「……」ペッ

あかり「……!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:57:48 ID:sljc5k7i0
あかり「ゆ、結衣ちゃん、お行儀悪いよ?」

結衣「……」

京子「……」

あかり「あ、2人とも、待ってよぉ!」タッタッタッ


あかり(うう、2人もやっぱりおかしいよお……)

あかり(けど、あんな事があったんだから、仕方ないのかもね……)


あかり「……そういえば、ちなつちゃんはどうしたのかな」

あかり「あれ以来、姿見てないけど……」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 20:59:04 ID:sljc5k7i0
~学校~

ザワザワ


あかり「うぅ……何か、新学期に教室入るの、ちょっと緊張するよお……」

あかり「け、けど、頑張るって決めたし……」

あかり「よ、よーしっ!」


ガラッ


あかり「み、みんなー!おっはよー!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:01:45 ID:sljc5k7i0
シーーーーーーーーーン


あかり「み、みんな?」


シーーーーーン


あかり(あかりが教室入った途端、みんな黙っちゃった……)

あかり(さっきまでは、割と騒がしかったと思うんだけど……)

あかり(あ、そ、そっか、多分そろそろホームルームが始まるから、みんな準備する為に黙ったんだよね)

あかり(きっとそうだよね……)


あかり「櫻子ちゃん、向日葵ちゃん、おはよっ!」


櫻子「……」

向日葵「……」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:04:17 ID:sljc5k7i0
あかり「あ、あれ?あかりの机が……」


ベチャー


あかり「……何か、変なドロドロだらけになっちゃってる……どうしたんだろ」

櫻子「……」

向日葵「……」

あかり「あ、あはは、そっか、きっと冬休みの間に、汚れが溜まっちゃったんだよね」

あかり「そうだよね、二週間もお休みだったんだし、汚れも溜まるよねっ!」

向日葵「……」

あかり「ね!櫻子ちゃんも、そう思うよねっ?」

櫻子「……」

あかり「……あはは」



あかり「お掃除、しよっと……」ゴソゴソ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:05:37 ID:sljc5k7i0
あかり「よし、何とか綺麗になったよお……」

あかり「先生が来る前に終わって良かったぁ」

あかり「……あ、あれ?もう9時過ぎてる」

あかり「先制遅いなあ……」

あかり「どうしちゃったんだろうね、向日葵ちゃん」

向日葵「……」

あかり「……どうしちゃったんだろ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:06:38 ID:sljc5k7i0
 



結局、お昼を過ぎても先生は教室に来なかった



 

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:08:21 ID:sljc5k7i0
あかり「はあ……」

あかり「先生、どうしちゃったんだろうね、櫻子ちゃん」

櫻子「……」

あかり「もしかして、冬休み終わったの、忘れちゃってるのかなあ」

向日葵「……」

あかり「……」

櫻子「……」

あかり「あ、あかり、そろそろ部活に行くねっ!」ガタンッ

あかり「じゃ、じゃあ、みんな、さよなら~!」タッタッタッ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:10:48 ID:sljc5k7i0
バタンッ


ザワザワザワ


あかり(……うう、あかりが居た時は、みんな静かだったのに)

あかり(あかりが教室を出たら、みんなお話しはじめた……)

あかり(あかり、あかり、邪魔なのかなあ……)

あかり(今日はまだ、誰ともお話できてないよお……)

あかり「……」

あかり「そ、そうだ、部室に行こうっと」

あかり「もしかしたら、ちなつちゃんとかも来てるかもしれないしっ」

あかり「そ、そうだ、そうしようっと!」タッタッタッ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:13:36 ID:sljc5k7i0
~娯楽部~


あかり「……」ソーッ

結衣「……」

あかり「あ、結衣ちゃん」

結衣「……」

あかり「結衣ちゃん、ひとりなの?京子ちゃんは?」

結衣「……」

あかり「おトイレ、かなあ……」

結衣「……」

あかり「……」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:15:14 ID:sljc5k7i0
あかり「……ね、結衣ちゃん」

結衣「……」

あかり「結衣ちゃんは、前に行ってくれたよね」

結衣「……」

あかり「こんな事が、ずっと続くはずないって」

結衣「……」

あかり「きっと、しばらくしたら、全部解決するはずだって、言ってくれたよね」

結衣「……」

あかり「言って……くれたよね?」

結衣「……」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:29:26 ID:sljc5k7i0
あかり(……結衣ちゃん、あれ以来ずっと喋ってくれないよお)

あかり(何だか、凄く、寂しいな……)

結衣「……」

あかり「……」

結衣「……」

あかり「京子ちゃん、遅いね」

結衣「……」

あかり「あ、あかりも、ちょっとおトイレ行って来るね!」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:31:48 ID:sljc5k7i0
あかり(はあ……どうしよう、このままお家に帰ろうかな……)

あかり(けど、お家にはお姉ちゃん達が居るし……)

あかり(……そうだ、ちなつちゃんだ)

あかり(ちなつちゃん、今日お休みみたいだし、ちなつちゃんの所へ行こうっと)

あかり「えへへ、ちなつちゃんと会うの、久しぶりだなあ」

あかり「きっと、ちなつちゃんなら、喜んでくれるよねっ」

あかり「……そうだ、一応、結衣ちゃん達にもそう言ってこようっと」

あかり「突然帰ったら、2人とも心配するかもしれないし」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:42:12 ID:sljc5k7i0
あかり「……」ソーッ



京子「……」ボソボソ

結衣「……」ボソボソ



あかり(……京子ちゃん達、あかりが居ない所では、何かお話してるんだよね)

あかり(何のお話してるのかな)

あかり(……)

あかり(ご、ごめんね、京子ちゃん、結衣ちゃん、立ち聞きみたいなことしてごめんね)ソーッ

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:43:28 ID:sljc5k7i0
 



京子「ご……ご、ごご、ご……」

結衣「……き、き……き……」




 

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:44:00 ID:sljc5k7i0
 




あかり(何言ってるか、判んないや……)




 

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:47:22 ID:sljc5k7i0
~吉川宅~


あかり「ちなつちゃんのお家、久しぶりだよねえ」

あかり「けど、何かちょっとイメージが変わったかなあ?」

あかり「窓も全部カーテンが閉まってるし、そこら中に、板が打ちつけられてる」

あかり「りふぉーむってやつかなあ」

あかり「……えっと、インターホン押して……あれ?」スカスカ

あかり「音が鳴らなくなってるよお……」

あかり「ど、どうしよう……」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:49:48 ID:sljc5k7i0
あかり「もしかして、お留守なのかな……」

あかり「だったら、今日はもう帰って……」

あかり「……あれ?」

あかり「今、二階の窓のカーテンの陰から、誰かがこっちを見てたような……」

あかり「あの部屋って、ちなつちゃんのお部屋だよね?」

あかり「やっぱり、ちなつちゃん、お部屋にいるのかも……」

あかり「ちょっとだけ、ノックしてみよっと……」


コンッコンッ


あかり「あ、あのっ!赤座あかりですっ!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:52:41 ID:sljc5k7i0
コンッコンッ


あかり「ち、ちなつちゃん、居ますかっ!」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」


キィィィィーーーー


あかり(あ、扉が開いた)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:53:45 ID:sljc5k7i0
「……あかりちゃん?」


あかり「ちなつちゃん?」


「……どうしたの、こんな所で」


あかり「よ、良かったぁ、ちなつちゃんは普通だぁっ……」ウルッ


「……」


あかり「あ、あのね!あかりね!」


「うるさい」


あかり「え……」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:54:57 ID:sljc5k7i0
「声が大きい」


あかり「あ、ご、ごめんね、あかりちょっと興奮して……」


「1人なの?」


あかり「え?」


「1人できたのって聞いてるの」


あかり「う、うん、そうだよぉ?」


「……そう」


あかり「あ、あの、ちなつちゃん?どうしてドアのチェーン越しにお話するの?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:55:54 ID:sljc5k7i0
「……怪我は?」


あかり「え?」


「怪我とか、してない?見たところ、大丈夫そうだけど」


あかり「う、うん、あかりは元気だよ?」


「……」


あかり「あの、ちなつちゃ……」


グイッ


あかり「ひゃっ!?」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 21:57:54 ID:sljc5k7i0
あかり「い、いたた、酷いよ、ちなつちゃん、突然引っ張りこむなんて……」

ちなつ「……」ガチャガチャ

あかり「ちなつちゃん?どうしたの?」

ちなつ「鍵、閉めてるの、危ないから」

あかり「あぶない?」

ちなつ「……」

あかり「あ、あの……」

ちなつ「……あかりちゃん」ギュッ

あかり「ち、ちなつちゃん?」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:00:29 ID:sljc5k7i0
ちなつ「よかった、よかったよぉっ、無事で、無事で本当に良かった、良かった……」グスッ

あかり「ちなつちゃん……」

ちなつ「私、私、あれから、ずっと1人で、1人でっ」ヒック

あかり「ど、どうしちゃったの、ちなつちゃん?」

ちなつ「ずっと1人で家に籠ってて、電話もつながらなくなるし、不安でっ」グスッ

あかり「ちなつちゃん、ともこさんとか、お母さん達は?」

ちなつ「……おねえ、ちゃん」

あかり「う、うん、お正月は、家族で家にいるって言ってたよね?」

ちなつ「……おねえちゃんたちは、にかいにいるよ」

あかり「二階に?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:03:03 ID:sljc5k7i0
ちなつ「あのね、私がね、あねえちゃんたちを、二階の私の部屋にとじこめたの」

あかり「え……」

ちなつ「それでね、私はずっと、ずっと1階の居間に隠れてたの」

ちなつ「ずっと、静かにしてて」

ちなつ「そうしないと、気付かれちゃうし」

ちなつ「一人や二人だったらね、扉とか破られないけど、いっぱいになるとね」

ちなつ「あいつら、扉破って入ってくるの、だから、だから、しーっ」

あかり「ち、ちなつちゃん……」

ちなつ「あかりちゃん、しーっ」

あかり「う、うん……」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:06:52 ID:sljc5k7i0
ちなつ「静かにしてれば、平気だから」

ちなつ「あいつら、気付かないから、ふ、ふふ、馬鹿だから」

ちなつ「きっと脳味噌無いんだよ、または腐ってるか」

ちなつ「そう、そうだよね、結衣先輩も言ってた、電話が不通になる前に励ましてくれた」

ちなつ「ずっとこんな事が続くはずないって」

ちなつ「あいつらだって、ずっと歩いていられるわけじゃないって」

ちなつ「そのうち腐るって」

ちなつ「頭も手も足も腐って動けなくなるって」

ちなつ「そうしたら、そうしたら外に出られるよね」

ちなつ「また、結衣先輩や京子先輩たちとも会えるよね」

ちなつ「そうだよね、あかりちゃん」

あかり「……」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:09:29 ID:sljc5k7i0
ちなつ「ね、あかりちゃんもここにいよ?」

あかり「え?」

ちなつ「ここだったら、大丈夫だよ、ご飯もちゃんと用意してあるし」

ちなつ「多分、3週間くらいなら持つと思う」

ちなつ「きっと、あいつらだって3週間もたてば、腐って動けなくなるよ、だから、ね?」

あかり「ちなつちゃん……」

ちなつ「ね?いいよね?」

あかり「……ごめん」

ちなつ「は?」

あかり「あかり、そんなに遅くまではいられないよお、お家に帰らないとお姉ちゃん達、心配するし」

ちなつ「……何言ってるの、あかりちゃん」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:11:37 ID:sljc5k7i0
ちなつ「帰れるはずないじゃない、だってここから、あかりちゃんの家までどれくらい距離があると思ってるの?」

ちなつ「道は、あいつらでいっぱいだよ?」

ちなつ「だから、だからね?あかりちゃんずっとここに居よう?ね?」

あかり「けど、明日も学校があるし……」

ちなつ「学校!?」

あかり「うん、学校」

ちなつ「行けるはずないでしょ!?」

あかり「そんなことないよお」

ちなつ「……あかりちゃん、さっきから何言ってるの」

あかり「あ、あのね、ちなつちゃん」

ちなつ「なに」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:16:44 ID:sljc5k7i0
あかり「あの人達ってね、ちなつちゃんが言うほど、酷い人達じゃないよ?」

ちなつ「は?」

あかり「ちょっと、ドロドロの液体をあかりの机にかけたりするけど、悪気があってやってる訳じゃないと思うし」

ちなつ「わ、悪気も何も、あいつら凄い勢いでこっちを食べようとしてくるじゃない!」

あかり「それは、そうだけど……」

ちなつ「というか、良く考えたら、あかりちゃん、どうやって私の家まで来たの?」

あかり「え?道を歩いてだけど……」

ちなつ「……道って、あの、大通りを?」

あかり「うん」

ちなつ「あいつらが、沢山いなかった?」

あかり「いた」

ちなつ「え」



ドンドンッ

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:17:53 ID:sljc5k7i0
ちなつ「……!」

あかり「……!」


ドンドンドンドンッ!


あかり「ち、ちなつちゃん、誰かが扉を叩いてるよ?お客さんじゃないかなあ」


ドンドンドンドンッ


ドンドンッ


ドンドンッ


パリンッ


ちなつ「あ、あ、う、うそ、うそっ……」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:21:15 ID:sljc5k7i0
ちなつ「うそ、うそっ!ずっと大丈夫だったのに!ずっと気づかれずに隠れてたのにっ!」


ドンドンドンッ

パリンパリンッ

ドンドンッ


ちなつ「は、入ってきちゃう、あいつらが、入ってきちゃうっ!」

あかり「ち、ちなつちゃん?落ち着いて……」

ちなつ「あ、あかりちゃん、逃げよう?ね?一緒に逃げよ?」

あかり「う、うん、いいけど……どこへ?」

ちなつ「に、二階に……」

あかり「二階って、ともこさんたちが居るんだよね?」

ちなつ「……」

あかり「ちなつちゃん?」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:22:52 ID:sljc5k7i0
ちなつ「は、ははは、だめ、だめだよ、そう、もう駄目なんだ……もう」

あかり「ちなつちゃん、大丈夫?ちなつちゃん?」

ちなつ「だって、あんなにいっぱい、あいつらが入ってきてるもん」

ちなつ「私は、きっと食べられるんだ、あいつらに、あいつらに……」

あかり「ちなつちゃん!危ない!」

ちなつ「え?」


ガブッ


ちなつ「痛っ……!」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:24:43 ID:sljc5k7i0
ちなつ「やっ、だ、だめ、やだ、やっぱりやだっ!」

ちなつ「た、助けてっ、助けてあかりちゃんっ!」


ガブッ


ガブガブッ



あかり「あ、ああ……ち、ちなつちゃんが、ゾンビさん達に食べられてる」

あかり「だ、駄目だよっ!ゾンビさん達、駄目っ!」グイッ


ちなつ「痛いっ、痛いよぅっ、いたいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」


あかり「だめ!ちなつちゃんを食べちゃ駄目っ!」グイグイッ

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:27:10 ID:sljc5k7i0
あかり「う、うう、駄目だよぉ、またみんな、あかりの事を無視するよぉ……」

あかり「ど、どうしてなのかな、どうして無視するのかな」

あかり「あかりだって、あかりだって……」


ちなつ「あ……あかりちゃ……」


あかり「あかりだって、みんなみたいに、ゾンビさんになってしまいたかったのに……」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:34:20 ID:sljc5k7i0
ちなつ「……たす……け……」

あかり「そ、そうだ、あかりが、あかりがちなつちゃんに覆いかぶされば……」

あかり「そうすれば、ゾンビさん達はちなつちゃんの事を無視してくれるんじゃ……」

ちなつ「……」

あかり「ちなつちゃんっ!」ガバッ

ちなつ「……あか……り……」

あかり(あ、ゾンビさん達が……)



あかり(……あかりを見た)

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:38:30 ID:sljc5k7i0
あかり(そっか、きっと、あかりは美味しそうじゃなかったから、今まで無視されてたんだ)

あかり(美味しそうなちなつちゃんの血がついたから、無視されなくなったんだ)

あかり(だったら……もう、ゾンビさん達の仲間に、入れてもらえるかな)

あかり(京子ちゃんや結衣ちゃんや櫻子ちゃんや向日葵ちゃん達の仲間に、入れてもらえるかな)

あかり(そうだったら、嬉しいなあ……)


ううううう……


あああああ……


あかり(ああ、あかりとちなつちゃんに、ゾンビさん達が群がってくる)

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:40:48 ID:sljc5k7i0
ちなつ「あかり、ちゃ、逃げ……て……」

あかり「ううん、逃げないよ、ちなつちゃん……」

ちなつ「あかりちゃ……ん?」

あかり「ちなつちゃんと、一緒にいてあげる」

ちなつ「う……うう……」

あかり「だから……一緒に、ゾンビさんになろう?」

ちなつ「うう、痛いよお……痛い……」

あかり「少しの我慢だから、ね?」

ちなつ「ううう……」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:41:33 ID:sljc5k7i0
 



「キィアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!」



 

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:44:09 ID:sljc5k7i0
あかり「ひゃっ!」

ちなつ「……」

あかり「い、今の叫び声は……?」

ちなつ「……」

あかり「あ、あれ?ゾンビさん達が……」

ちなつ「……」

あかり「ゾンビさん達が、帰って行っちゃう……」

ちなつ「……」

あかり「ど、どうして……」

ちなつ「……」


「……ご、ごご、ご」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:47:26 ID:sljc5k7i0
あかり「あれ、京子ちゃん?」


京子「……ご、ごご」


あかり「結衣ちゃんも」


結衣「……き、き……き」


あかり「……あかりを追いかけて、来てくれたの?」


京子「……」


あかり「……もしかして、さっきの叫び声でゾンビさん達を追い払ってくれたの?」


京子「……ご、ごごご、ご」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:49:39 ID:sljc5k7i0
あかり「……そっか、ゾンビさん達があかりの事を無視するのって……」

あかり「京子ちゃん達が、居てくれたからなんだ……」


京子「……」フラフラ

結衣「き……き、きき」フラフラ


あかり「あ、あれ?2人とも、もう帰っちゃうの?」


京子「……」フラフラ

結衣「……」フラフラ


あかり「……ばいばい、京子ちゃん、結衣ちゃん」

あかり「また明日、学校でね……」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:51:52 ID:sljc5k7i0
ちなつ「あ、ああ、あ……」

あかり「ちなつちゃん、痛い?大丈夫?」

ちなつ「あ、ああ……あああ、あか……」

あかり「ごめんね、助けられなくてごめんね」

ちなつ「あか、あ……ああかりちゃ」

あかり「ちなつちゃんは、ゾンビさん達に噛まれたから、もうゾンビさんになっちゃうの」

ちなつ「あ、あああああ……」

あかり「けど、何だか、羨ましいなあ……」

ちなつ「あ……あ……」

あかり「あかりも……あかりも、みんなと一緒に、なりたかったなあ……」

ちなつ「あ……」

あかり「おやすみ、ちなつちゃん」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:52:35 ID:sljc5k7i0
1/8

赤座宅


ピピピピピピピピピ



あかり「う、ううーん……」

あかり「今日も、学校行くよお……」

あかり「1人は、いやだもんね」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:54:41 ID:sljc5k7i0
あかね「……」

あかり「お姉ちゃん、おはようっ」

あかね「……」

あかり「うう、やっぱり、反応してくれないよお……」

あかり「まあ、ゾンビさんになったんだから、仕方ないけど……」

あかり「じゃあ、行ってきまーすっ!」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:56:40 ID:sljc5k7i0
あかり「京子ちゃん、結衣ちゃん、ちなつちゃん、おはようっ!」

京子「ご、ごご……ご……」

結衣「き……きき……きょ」

ちなつ「あ……ああ……あ……」

あかり「あ、三人とも、今日はちょっとだけ反応してくれたっ!」

あかり「わあい!あかり、嬉しいなあ!」

京子「……」

結衣「……」

ちなつ「……」

あかり「うう、そう思ったとたんに無視されたよお……」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:58:36 ID:sljc5k7i0
あかり「けど、あれだよね、京子ちゃん達、全然腐らないよね」

京子「……」

あかり「結衣ちゃんは3週間くらいで腐るだろうって言ってたけど」

結衣「……」

あかり「……あのね、もしね」

ちなつ「……」

あかり「もし、皆が腐らなくって、成長もしなくて」

あかり「ずっとこんな時間が続くなら」

京子「……」

あかり「きっと、きっとさっきみたいに、あかりの言葉に反応してくれる日が、来てくれるよね?」

結衣「……」

あかり「だからね、あかりは」

ちなつ「……」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 22:59:31 ID:sljc5k7i0
あかり「あかりは、そんな日が来るまで、頑張って生きようと思います!」













おわり

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:08:28 ID:sljc5k7i0
【ログイン】

【西垣奈々】


「私がこのシェルターに入ってもう1週間がたつ」

「そして、外に残った彼女からの通信が途絶えて24時間が経過している」

「恐らく彼女は既に生きてはいないのだろう」

「ざまあみろ」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:16:13 ID:sljc5k7i0
「この世界に生きている人間は、もしかしたら私が最後なのかもしれない」

「だから残された者の使命として、記録を残したいと思う」

「シェルターに残されたPCは外部と繋がっていたので、そこから得た情報を繋ぎ合わせてみよう」


「事件は七森市から始まった」

「風邪とよく似た症状が大流行したのだ」

「その症状は、潜伏期間が非常に長く、七森市から徐々に都心部まで広がり」

「空港を経由して世界中に広がった」

「気がついた時にはもう遅かった」

「世界の全てが汚染されていた」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:19:27 ID:sljc5k7i0
「その症状が空気感染する事を突きとめた彼女は、私をシェルターに閉じ込めた」

「私は、その事を今も恨んでいる」

「どうして、私1人を閉じ込めたのか」

「どうして、私を一人ぼっちにしたのか」

「私のその問いかけを一切無視して、彼女は情報だけを私に送ってきた」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:28:43 ID:sljc5k7i0
「七森市を中心に発生した現象の初期症状は風邪とほぼ大差なかったらしい」

「だが、時間が経過すると感染者の身体に重大な変化を齎した」

「私は見たことが無いから知らないけど」

「映画で言う、ゾンビとよく似た状態に変異するらしい」

「その事について、彼女は通信でこう言った」


 『映画の中のゾンビは空気感染とかしないから安心だぞ』

 『何かあれば感染源を爆撃すれば大抵は解決出来るしな』

 『そのシェルターの中に保管してあるデータにはゾンビ映画も沢山含まれてるから』

 『もし暇なら見ておくといい』



「当たり前だけど、こんな状況で映画を見るほど私は呑気ではない」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:32:21 ID:sljc5k7i0
「事件から数日経った頃、彼女から妙な情報が送られてきた」

「感染者……まあ、彼女の言葉に従って、ここはゾンビと言っておくけど」

「ゾンビ達が生前の生活を模した行動をしているということなのだ」

「働いていた物は職場へ」

「学生は学校へ」

「それ以上に重要な事があった者は、それぞれの特徴を生かせる場所へ」


「生前の習性に則った行動を取る」

「ここは映画の通りだな、と彼女はまた笑った」

「前よりも声に力が無かった気がする」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:41:26 ID:sljc5k7i0
「彼女はそれからも細かい情報を送ってきたが、正直、私ではよく判らない」

「だから、幾つかを抜粋しようと思う」

「まず感染源について」

「この症状は七森市から発生したのだから、当然、感染源も七森市の中にある」

「彼女は、その感染源の特定に成功したらしい」

「感染源の名前は……私も、良く知っている人物」

「1/1より以前から、調子が悪いと言っていたのを覚えている」

「名誉の為に名前は書き残さない事にする」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:46:04 ID:sljc5k7i0
「次に感染源の人物と、それを取り巻く状況について」

「その人物はどうやら、他のゾンビ達に対して何らかのイニシアチブを持っているらしかった」

「彼女の言葉を借りて言うと……」


 『感染源の人物の周囲ではゾンビ達は妙に行儀が良かったんだよ、躾けられた犬みたいに』


「場合によっては、人を食べない事もあったとか」

「この情報についての真偽は良く判らない」

「何故ならば、この情報について更に調べに行くと言って通信を切ったのを最後に」

「彼女からの連絡が途絶えているからだ」

「最初に言った通り、きっと惨めに1人で死んだのだろう」

「ざまあみろ」

「私を傍に置いておけば、少なくとも1人で死ぬことは避けられただろうに」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:48:01 ID:sljc5k7i0
「その頃には、ネットからの情報も途絶えていたから、私か気が狂いそうになった」

「何度も扉を叩いた」

「けど、開かなかった」

「当然だろう、彼女が外からロックしたのだから」

「彼女用のログインアドレスが判らなければ、ロックを解除することはできない」

「だから探した、私は探した」

「死に物狂いで探した」

「そして」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:51:31 ID:sljc5k7i0
りせ「……」カタカタカタ


「そして、見つけました、西垣先生」


りせ「……」カタカタカタ


「貴女のログインアドレスを」


りせ「……」カタカタ


「貴女のパソコンへ接続し、この扉を開ける為……鍵を」


りせ「……」カタカタカタ

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:53:07 ID:sljc5k7i0
りせ「……」カタカタカタ


「私は望んでなんかいなかったんです」


りせ「……」カタカタカタ


「1人だけ生き残るなんて未来なんて、望んでいなかったんです」


りせ「……」カタカタカタ


「だから」


りせ「……」カタカタカタ、ターンッ


「わたしも、いま、そちらへ行きます」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:55:27 ID:sljc5k7i0
 


扉が開く

1週間、ずっと閉まっていたシェルターの扉が

きっと、外はゾンビでいっぱいなのだろう

か弱い私では、生きていけないのだろう

けど

けど、何とか

彼女の亡骸の元に辿りつくまでは



 


 

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:56:15 ID:sljc5k7i0
 


何とか頑張って生きてみよう



 

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:57:20 ID:sljc5k7i0
ピッピッピッ



「第0号感染者:歳納京子」


ピッピッ



「免疫者:赤座あかり」


ピッ



上記の情報を削除します



ピーーーーーーーー

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 23:58:04 ID:sljc5k7i0
 














おわり




 
あかり「みんながあかりの事を無視するよぉ……」
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390390836/)