1: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:03:05.06 ID:lbjTGpexo
小鳥「どうしたんですか?いきなり」

グリP「ほら、うちの子たちも段々売れてきたじゃないですか」

小鳥「そうですねぇ」

グリP「だからですよ」

小鳥「……全く繋がらないんですが」

グリP「まあまあ、最初のターゲットは>>4にしましょう」

007

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:05:09.48 ID:B4uWT76MO

5: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:09:40.53 ID:lbjTGpexo
小鳥「茜ちゃんならいいでしょう」

P「即答ですか」

小鳥「まあ、茜ちゃんはそういう星のもとに産まれているでしょうから」

P「さて、じゃあドッキリの内容を……」

小鳥「>>6なんてどうですか?」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:10:46.44 ID:gXQeUFS50
押し倒す

8: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:12:50.75 ID:lbjTGpexo
P「小鳥さんが見たいだけでしょ」

小鳥「いえ!」

P「……鼻血出しながら言っても説得力皆無ですよ」

小鳥「え?あ」

P「まあいいですけどね、じゃあ行きますか」

10: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:17:30.71 ID:lbjTGpexo
P「さて、じゃあ俺は事務所で茜を待ちますので」

小鳥「はい、じゃあ私は会議室でモニターを見てます」

~~~~~~~

茜「じゃじゃーん!かわいいかわいい茜ちゃんの登場だよーっ」

P「お、茜おはよう」

茜「んー、今日は事務所に誰もいないんだー」

P「みたいだな、茜と二人っきりだ」

11: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:23:37.92 ID:lbjTGpexo
P「さて、じゃあ仕事の話だが」

茜「えー、そんなことより何かいうことないの」

P「……何がだ?」

茜「ほらほら~、茜ちゃんのことカワイイと思ってるんでしょ?誰もいないんだから、隠さなくていいんだよ!」

P「……そうか?」

茜「そうそう、それじゃ、茜ちゃんのかわいさをほめたたえる言葉、はい、どうぞ!」

P「……じゃあ」ガタッ

茜「え?……キャッ!」

12: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:30:12.48 ID:lbjTGpexo
茜「さ、さすがに、押し倒されるのは予想外かな?プロちゃん」

P「茜、可愛いよ」

P「茜が可愛すぎるのがいけないんだぞ?」

茜「プ、プロちゃん?」カアーッ

P(あ、やべえ可愛い)

茜「た、確かに茜ちゃんがカワイくて我慢ができなくなるのもわかるけど、そういうのはまだ……」

茜「…………で、でも、プ、プロちゃんなら……いいよ?」プイッ

P(照れてそっぽを向く。なんて可愛いんだ)

P(普段はあんなにウザカワイイのに、強引に行くとここまで殊勝になるのか……)

P(正直このまま一線を越えてしまいたい感はあるが、ドッキリだからしかたない)

P「残念!ドッキリ─」

ガチャ

琴葉「おはようございま……プロデューサー?」

P「あ」

13: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:34:41.91 ID:lbjTGpexo
琴葉「プロデューサー……茜ちゃんと……今何を?」

P「ち、違うんだ!これは」

茜「プロちゃんなら……」

琴葉「……なるほど」

P「違う!違うんだ!分かってくれお願いだ!」

小鳥(……これは、私が出ていった方がいいかもしれませんね)

P「これは……」

琴葉「これは?」

小鳥「ドッキリでした~!」ガチャ

茜「」

P「遅いですよ小鳥さん!」

14: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:37:54.26 ID:lbjTGpexo
茜「ドッキリ?」

カクカクシカジカ……

琴葉「そういうことだったんですか……誤解されるようなことはしないでくださいね」

小鳥「まあやってることは十分アウトですけどね」

P「やらせた張本人がそれを言うか?」

茜「…………」

茜「茜ちゃん、ちょっとコンビニ行ってくるね!」ダッ

小鳥「めちゃくちゃ顔赤かったですね……」

P「少し反省してます」

琴葉「少しなんですか?」

15: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:39:49.29 ID:lbjTGpexo
P「その後琴葉に叱られたのは言うまでもない」

P「例えドッキリでも、人に誤解されるようなことはするな、ということだ」

小鳥「でも懲りてはないでしょう?」

P「当然じゃないですか」

P「次は>>17に仕掛けますよ!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:40:37.83 ID:C58+E7+ko
千鶴

19: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:44:30.67 ID:lbjTGpexo
小鳥「やりましょう」

P「俺よりも乗り気に見えるんですが」

小鳥「気のせいです」

P「……まあいいでしょう、千鶴には>>21のドッキリとかで攻めますか」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:45:57.27 ID:W0M8Ol6jo
モバマスの松尾千鶴とトレード

008009



23: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:52:00.44 ID:lbjTGpexo
P「さて」

千鶴「……なんですの?」

P「……お前を他の事務所とトレードすることになった」

千鶴「……!?」

P「もうトレード相手も決めてある」

松尾「あ、あの、頑張ります」

P「というわけでCGプロに行ってこい」

千鶴「そんな……いきなりすぎますわ」

P「ほら」

24: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 22:58:56.62 ID:lbjTGpexo
P「さて、とりあえず千鶴にはCGプロに行ってもらうわけだが」

P「あっちには西園寺琴歌、櫻井桃華、そしてライラの三人を待たせているらしい」

P「……二つ返事でのってくれるなんて、あっちのプロデューサーは暇なんだろうか」

25: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:05:47.11 ID:lbjTGpexo
千鶴「……こ、こんにちは、ですの」ガチャ

ライラ「あなたが新しいアイドルでございますのですか?」

琴歌「ごきげんよう、二階堂千鶴さま」

千鶴(フルネーム!?……やはり、第一印象は大事、ちゃんとキャラを保たなければ!)

千鶴「おーっほっほっほ、私は二階堂千鶴と申します、これからよろしくお願いいたしますのよ!」

27: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:13:35.71 ID:lbjTGpexo
琴歌「これからよろしくお願いします」

桃華「さて、ここにアナタのプロフィールがあるのだけど」

千鶴「それがなんですの?」

桃華「私、二階堂財閥なんて聞いたことが無いわね」

千鶴「そ、そうですの?珍しいですね」

桃華「あら、でも、パーティーでもそんな名前聞いたこと無いわね」

琴歌「私も無いのですが」

ライラ「ライラも、ドバイから来てすぐなので、知らないのです」

千鶴「……パーティー?ドバイ?」

28: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:18:45.01 ID:lbjTGpexo
桃華「あら?なんだか緊張しているみたいだけど……別にいいのよ」

桃華「同じ゛お嬢様゛同士なんだから」

琴歌「そうですよ~」

ライラ「仲良くするのがいいです」

千鶴「そ、そうですわね」

千鶴(……この方たち、本物!?)

桃華「さあ、アナタのお話が聞きたいわ?どんなお嬢様生活を送ってきたの?」

千鶴「」

29: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:22:38.64 ID:lbjTGpexo
千鶴「」プルルルルル……ガチャ

P「お、千鶴どうした?」

千鶴「な、なんですのあの事務所は!?」

千鶴「お嬢様がたくさん……私には無理です!」

P「あー、それなんだが千鶴」

P「ちょっと後ろ見てみろ」

千鶴「え?なんですの?」

31: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:29:31.83 ID:lbjTGpexo
桃華『ドッキリ』

琴歌『大成功』

ライラ『!』

千鶴「へ?」

P「……というわけだ、とりあえず戻ってこい」

千鶴「は、はあ」

34: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:32:45.45 ID:lbjTGpexo
カクカクシガジカ

P「……というわけだ」

千鶴「なんですの!そのドッキリは」

P「いやー、俺もちょっと疑問だったんだよ」

P「千鶴が本当にお嬢様なのか」

千鶴「」

P「今回のドッキリでわかった」

千鶴「…………」

P「お前は真のお嬢様だったんだな!」

千鶴「そ、そうですわ!……あれ?」

P「いや、だからお前がお嬢様って話」

千鶴「え、あ、そ、そうですわ!私こそお嬢様、二階堂千鶴ですもの!おーっほっほっゲホッゲホッ!」

P(ああ、いつもの千鶴だ)

35: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:34:39.13 ID:lbjTGpexo
P「あ、松尾ちゃんもお疲れ様」

松尾「……あ、はい」

千鶴「……あの子も、ドッキリのためだけに来たわけですの?」

P「ああ」

千鶴「……なんでこんな大掛かりな」

P「面白いから」

36: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:39:23.10 ID:lbjTGpexo
P「千鶴が帰り際の松尾ちゃんにコロッケをあげているのを見て、とても心が暖かくなりました」

小鳥「いい話にはなりようがないですし、少なくともお嬢様っぽくはないですね」

P「そうですね」

小鳥「さて、じゃあ次いきますか」

P「これで最後ですね」

小鳥「あら、少なくないですか?」

P「流石に俺達も仕事しないと」

P「ほら、でかいライブの準備とかあるんですから」

小鳥「……そうですね、じゃあ最後は>>38あたりにしましょう」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 23:40:25.06 ID:4O4Ne8cSO
可奈
010


39: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:43:04.49 ID:lbjTGpexo
P「可奈ですか」

小鳥「こう、反応が面白そうじゃないですか」

P「確かに」

小鳥「で、ドッキリは>>41みたいな感じに」

P「なるほど」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 23:44:30.30 ID:B4uWT76MO
プロデューサーが倒れた

43: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:46:56.71 ID:lbjTGpexo
P「……これ、ドッキリの相手にとっては物凄いことになりますよね」

小鳥「……可奈ちゃんなら大丈夫でしょう」

P「……信じますよ?」

小鳥「あ、信じるのはちょっと」

44: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:50:51.44 ID:lbjTGpexo
可奈「プロデューサーさんっ、おはようございます!」

P「お、可奈は今日も元気だな」

可奈「はいっ!げんきいっぱい~♪がんばるぞ~♪」

P「よし、いい調子だ」

可奈「よーし、発声練習ですっ」

45: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:54:12.03 ID:lbjTGpexo
可奈「ら~ら~ら~ら~」

P「うっ……」

バタッ

可奈「ら~ら~ら~ら~どうですかプロデューサーさん!……プロデューサーさん?」

P(演技の筈だったのに……何故だ、本気で意識を失いかけたぞ)

P(可奈の発声練習を至近距離で聞くのは危険、か……よし、千早に丸投げしよう)

可奈「プロデューサーさん!?どうしちゃったんですか!?」

P(あ、やべ、罪悪感)

46: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/29(火) 23:57:56.54 ID:lbjTGpexo
P「……」

可奈「プロデューサーさん……プロデューサーさん!」ユサユサ

可奈「ど、どどどどうしましょう、とりあえず救急車……はれっ!?携帯がありません!?」

P(小鳥さんの早業だ、可奈が気づかない間に会議室から出てきて携帯を取って会議室に戻る)

P(……なんで成功するの?)

可奈「じ、事務所の電話でっ……はれっ!?通じません!?」

P(電話線は既に抜いてある)

47: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/30(水) 00:02:48.04 ID:xMQDz4LQo
可奈「プロデューサーさん?プロデューサーさん……」ジワッ

P(あ、あかん)

可奈「プロデューサーさんっ!起きてください!プロデューサーさん!」

可奈「私、プロデューサーのこと……うわぁーん!」

P(よし、これ以上泣かせると俺が死ぬ)

P(でも泣いてる可奈も可愛いな)

48: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/30(水) 00:09:03.96 ID:xMQDz4LQo
P「……うっ」

可奈「プロデューサーさん?……プロデューサーさん!?気がついたんですね!」

P「あ、ああ、俺は?」

可奈「急に倒れて……電話も通じないし、もうダメかと思って……」グスッ

P(うん、これはヘタなこと言ったらアカンやつだな)

P「最近忙しかったからな、疲れが貯まってたみたいだ」

可奈「……もう目が覚めないかと思って……」グスッ

P「大丈夫、俺は大丈夫だからな」ナデナデ

可奈「本当ですか?」ウワメヅカイー

P「ぐっ」

可奈「プロデューサーさん!?」

P「あ、ああ、大丈夫だ」

P(くっ……この罪悪感、そして上目使いの破壊力)

P(もうだめだ、俺は)

P「ちょっと会議室で寝てくるよ」

P「今日は小鳥さんの指示に従ってくれ」

可奈「は、はい!」

49: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/30(水) 00:10:56.28 ID:xMQDz4LQo
小鳥「……歌を聞いて倒れたという理由どころか、そもそもドッキリということすら明かしませんでしたね」

P「いやいや、流石に無理ですってそれは」

P「絶対傷つきますよ?可奈は元気なのが一番なんです」

小鳥「……やる前に気づきましょうよ」

P「提案者が言うな」

小鳥「ウッス」

50: ◆O//Gvdq7EE 2014/04/30(水) 00:16:11.99 ID:xMQDz4LQo
【後日】
小鳥「あ、そうだ、プロデューサーさん」

P「どうしました?」

小鳥「折角なので、ドッキリの動画は劇場のアイドル全員に見せておきました」

P「え?」

エミリー「仕掛け人様がこんな人だったなんて……」

まつり「正直、失望したのです」

P「……ドッキリですよね?」

小鳥「いいえ、これが現実です」

P「」

【おしまい】


グリP「ドッキリするぞ」【安価】
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398776584/)