SSまとめるー

2ちゃんねるとかのSSまとめるよー

SSサイト更新情報



アイマス

P「潮干狩り行くぞ?」亜美「貝採るマスター!」真美「シーサイドジェミニ!」


3: >>2 やだ恥ずかしい 2014/05/19(月) 21:41:20.67 ID:LUC/FMNi0
P「むぅ……えっと…」カタカタカタ

亜美「たっだいま→」

真美「今日もがんばったったぜ!」

P「はいおかえり。お疲れさんだったな。亜美、竜宮小町のあと2人は?」

005

続きを読む

伊織「ねぇお兄様」P「ん?」


1: ぱくり屋 ◆zfDCN0YmXY 2014/04/27(日) 01:03:00.37 ID:DZYpLKo9o


―――765プロ・事務所



P「……」

カタカタ…

伊織「~♪」

ペラ…



伊織「あ、ねぇお兄様……」

P「…ん?」キョロキョロ


伊織「―――っ」///

P「…ああ」

002

続きを読む

千早「あまやどり」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/11(日) 18:29:27.90 ID:1F55Vvf0o

 近所のスタジオでのボーカルレッスンの帰り道、雨に降られた。
 私と一緒に来ていた真と、シャッター街の中で見つけた小さな公園の屋根の下に駆け込んだ。

「すごい雨だね、びしょ濡れだよ」

「そうね……風邪は引いてない?」

「どうだろ。千早は?」

「私は平気そう。タオルを持っていれば良かったのだけれど……ごめんなさい」

001

続きを読む

真美「愛しいお姉ちゃん」


2: ◆RY6L0rQza2 2014/05/06(火) 22:14:13.14 ID:oiS2s3Jno
突然だけど、真美は千早お姉ちゃんが大好きだ。どう好きか?って言われると、全部好きって返しちゃうくらい。

ずっと二人きりで居られる自信があるし、千早お姉ちゃんが気にしている部分含めて全部、真美は愛せる自信がある。

なんで好きになったかは分かんないけど、苦手なボイストレーニングをつきっきりで教えてくれたり、

アイドルとして頑張ってる中で、色々助けて貰ったからなのかな。だから、好きになったのかも知れない。

004

続きを読む

玲音「新キャラですよ!新キャラ!」 P「どなた?」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/06(火) 23:45:18.46 ID:XB9THmtf0
玲音「やだなぁ、プロデューサーさん!私の顔忘れちゃったんですか?」

P「いやぁ、忘れるも何も。初対面でしょうが?」

玲音「あら?ちゃんと発言出来るプロデューサーはわたくし、好きですよ?」

P「……?」

玲音「でもさぁー、兄ちゃんが知らないんだったら、これから進行どうしようかなーって」

P「おい、君」

玲音「君じゃないよ?玲音なの!」

P「……はぁ」

001

続きを読む

P「くっつき雪歩」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/24(木) 23:39:07.53 ID:QE8D/bSm0
ガチャッ

春香「おはようございまーす」

P「おう、おはよう」

春香「あ、おはようございますプロデューサーさん……って雪歩ぉ!?」

雪歩「…………」ギュー

春香「な、な、どういうことですかこれ!?」

P「あー…なんて説明すればいいんだろうな、今朝の事なんだけどさ……」

001

続きを読む

伊織「天才と天才」


2: ◆X51OaJwJEEOu 2014/04/29(火) 23:56:49.17 ID:HvcKL6CIo
天才も二十歳過ぎればただの人、とはよく言ったものだ。
容姿端麗、運動神経抜群、語学にも堪能な完璧美少女、それが私……だった。あいつが来るまでは。

006

続きを読む

P「ツンツンの向こう側へ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24 16:46:01 ID:ajncgns10
P「いきたいかぁー!!?」

小鳥「おーっ!!」

P「伊織の、ツンツンの向こう側に・・・」

 
 P「いきたいかーーーっ!!?」


小鳥「おーーーーっ!!!」

P「じゃあ行きましょう」

小鳥「はい」

004

続きを読む

貴音「なぜ股間に男性器が...」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20 22:36:02 ID:Ss9QuiPR0
貴音「ふう……スープもまことに美味ですね」

貴音「これで4杯…しかし午後から仕事が入っています」

貴音「そろそろお会計を」スク

貴音「…!?」ズキ

貴音「ぁ………ぐぅ」クラ

店員「ど、どうかなされましたか?」

貴音「お気遣いなく……。少し食べすぎたようなので」

001

続きを読む

P「俺はただ、春香が舐めたいだけなんだ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14 22:01:23 ID:oO43+Xgp0
P「頼む春香!!指先を舐めさせてくれ!!」

春香「...え?」

P「頼む...少しでいいんだ...頼む!!」

春香「あ、あの...プロデューサーさん?」

P「その指先を舌で転がしたいんだ...!!」

春香「えーと...」

春香「その...いい、ですよ?」

no title

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ