1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/21 03:49:43 ID:iH3Ei3zX0
ロック「……あれ?」

ベニー「ロック、どうしたの?」

ロック「悪い、ベニー。火を貸してくれないか? どこかに置いてきたみたいだ」

ベニー「いいよ。でも、珍しいな。ロックが忘れ物なんて。盗まれたんじゃないのかい?」カチッ

ロック「ライターを盗まれたか。それはおっかないね。俺の火でロアナプラが燃えるなんてことになったら、生きていけない」

ベニー「言えてるね。バラライカ辺りに簀巻きにされて魔女裁判だ」

ロック「ありがとう。助かった」

ベニー「それじゃ、仕事に戻るよ。可愛い子が手に入ってね」

ロック「日本で見つかった基盤、気に入ったのか。それはよかった」

ロック「ふぅー……」

ロック(ライター。どこにいったんだろう?)

レヴィ「よう、ロック。シガータイムか。丁度いい。あたしにも火、よこせ」

ロック「悪い、レヴィ。ライターを無くしてね。ベニーに借りてきたらいい」

レヴィ「何言ってんだ。今、咥えてんだろ。それでいい」

ロック「え? これ? まぁ、いいけど」

続きを読む