SSまとめるー

2ちゃんねるとかのSSまとめるよー

SSサイト更新情報



ストパン

シャーリー「あたしに出来ること」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/20(日) 23:34:20.13 ID:2Gl/roafo
シャーリー「よう、宮藤。もうこの部隊は慣れたか?」

芳佳「はい。訓練は大変ですけどみんな良い人ばかりなんで大丈夫です」

シャーリー「そうかそうか。それはよかった。機械に関することはあたしに聞いてくれ」

芳佳「了解しました。よろしくおねがいします、シャーリーさん」

シャーリー「ははは、可愛いな宮藤は」ナデナデ

芳佳「えへへ」

芳佳(大きな胸…それに大人っぽくて憧れるなあ)

001

続きを読む

バルクホルン「雪だぞ、宮藤!!」芳佳「雪合戦しましょう!!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30 15:08:00 ID:8wgo//ae0
501基地 滑走路

エーリカ「わー!!!」ダダダッ

芳佳「ハルトマンさーん、待ってくださいよー!!」

エーリカ「ゆきだー!! ゆきー!! 早くこいよー、宮藤ぃー!! さむーい!!!」

芳佳「ぅわーい!! 雪ですよー!!」

バルクホルン「はしゃぐな。雪が降ったぐらいで恥ずかしくないのか」ダダダッ

美緒「はっはっはっは!! はっはっはっはっは!!!」

芳佳「雪合戦しましょう! 雪合戦!!」

エーリカ「宮藤ー雪ダルマつくろー」

バルクホルン「落ち着け、お前たち。降雪ごときで喜ぶな。子どもじゃあるまいし」ダダダダッ

美緒「はっはっはっは!!!」

ミーナ「……まだ積もってもないでしょう? 貴方たち、戻りなさい」

004

続きを読む

シャーリー「ルッキーニの特別訓練をしよう」


2: >>1 2013/11/22 20:15:36 ID:XmgZfhLU0
早朝  501JFWロマーニャ基地

シャッキーニ部屋


シャーリー「zzz…」

シャーリー「……ん…ふぁ」モゾ

シャーリー「…………朝か」

シャーリー「んん~~っ!………った"ぁ~」グデー

シャーリー「…………起きるかぁ」

シャーリー「ぃしょっと……」

シャーリー(…あれ?なんか暗くないか?)

シャーリー「げ!まだこんな時間かよ!?……まいったなぁ今日に限って寝覚めバッチリだぞ」

シャーリー「……んー…」ポリポリ

シャーリー「お!そういえば……」チラ

シャーリー「……チビすけはもう出かけたか」

シャーリー「…………」

シャーリー(とりあえず顔洗お)ヨイショ

003

続きを読む

ペリーヌ「眠れる森の美女をやってもらえませんか?」美緒「断る」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:59:29 ID:Nj08BdtK0
ペリーヌ「……」

美緒「……話は終わりか?」

ペリーヌ「あ、あの!! 少佐!! 何故ですか!?」

美緒「眠れる森の美女がどういった物なのか知らないし、私は美女と呼ばれるほど出来た女ではない。それが理由だ」

ペリーヌ「いえ、そのようなことは決して……あ、あ、でしたら、王子様役として……」

美緒「すまん。用事があるのでな」

ペリーヌ「あぁ……」

芳佳「リーネちゃん、あれってなに?」

リーネ「今度、ペリーヌさんが面倒を見ている子どもたちのためにガリアで演劇をするみたいなんだけど……」

芳佳「へぇー。おもしろそー! ペリーヌさーん!! 私がやりまーす!! やらせてください!!」

ペリーヌ「お断りしますわっ」

芳佳「えぇぇぇ!?」

002

続きを読む

シャーリー「皆で演劇やろう!」バルクホルン「いや、私は認めん!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/01 19:38:47 ID:hGsUKHHg0
 
第501統合戦闘航空団基地 某日 

 バルクホルンの部屋にて




    コンコン…


シャーリー「…失礼」

バルク「開いてるぞ、入れ」



 ギイイイイ…

  ガチャン…


シャーリー「…………」

バルク「…………おい、何か喋れ」

005

続きを読む

芳佳「ラーメン?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03 19:10:31 ID:PW8L1rXY0
第501JFWロマーニャ基地某所

午前


美緒「――はっ!やぁ!!」ブンブン

美緒「ふぅ……」チャキ

美緒「……少し鈍ったか?これしきのことでこんなに汗をかくとは」ゴソゴソ

美緒「……」パカッ

美緒「ん………」ポリポリ

美緒「うむ!やはり扶桑の柴漬は美味いな」

美緒「…午後の模擬戦闘訓練の準備もあるが、もう少しやるか」チャキ

美緒「はぁ!せいっ!!――」

005

続きを読む

芳佳「運転の練習するよー!」リーネ「うん!」ペリーヌ「はいはい」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14 10:11:43 ID:QevGbsoR0
芳佳「まずはエンジンを回して……。――行くよ、みんな!!

リーネ「がんばって、芳佳ちゃん!」

ペリーヌ「みなさん。事故が起こったときのために、どこかにつかまっておいてくださいね」

ルッキーニ「わかったー!」

エイラ「サーニャは私につかっておけば問題ないぞ」

サーニャ「ありがとう、エイラ。そうするわ」

芳佳「発進!!」

リーネ「きゃー。芳佳ちゃーん」

芳佳「今日もロンドンまでいこー。ぶーんっ」

ペリーヌ「宮藤さん! もう少し速度をおさえなさい! 同乗者が多いんですのよ!?」


エーリカ「宮藤たちが今乗っているジープってさ、故障車で動かないやつだろ? なにやってるの、あれ」

シャーリー「イメージトレーニングだってさ。運転の」

008

続きを読む

宮藤「オリジナルすごろくやりましょう!」ネウロイ「……」カサカサカサカサ


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/18 15:29:55 ID:+Imgowwu0
―501基地―

芳佳「いち、に、さん、よん。えーと、『左隣の人に「大好き」と心を込めて言う』……? えぇ~!? 誰がこんなマスを用意したんですかぁ!?」

エイラ「ダレダロナー。ヒドイ、ヤツモ、イルナー」

ペリーヌ「エイラさんですわね」

リーネ「芳佳ちゃんからみて左だから……」

美緒「バルクホルンだな」

芳佳「あの……」

バルクホルン「ルールだ。やれ」

芳佳「それじゃあ……。だ、大好きっ!」

バルクホルン「そうか」

…カサカサカサカサ…

シャーリー「ん? 虫か? ていっ」パシンッ

…パリィン…

006

続きを読む

芳佳「お客様、初めてですか?」バルクホルン「ええ、はい……」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19 22:51:26 ID:rznLrmmv0
バルクホルン(今日の戦闘は激しかったな。早く風呂に入って寝るか)

バルクホルン「ん?なんだ、この一室は?新しい施設か……?」

バルクホルン「……」ガチャ

芳佳「あ、バルクホ――いらっしゃいませー。お客様、初めてですか?」

バルクホルン「ええ、はい……。い、いや、宮藤。こんなところでなにをしている?この施設はなんだ?」

芳佳「この施設でマッサージをしています」

バルクホルン「マッサージ?」

芳佳「はい。今丁度、リーネちゃんが坂本さんにマッサージをしているところなんで、もう少し待ってくださいね。あ、色々コースがあるんで決めておいてくださいね」

バルクホルン「コースだと……?」

芳佳「オススメは全身ソープマッサージなんです。ちなみに501の人は無料ですから、安心してください。501に所属していないとこの入店はできないですけど」

バルクホルン「……」

009

続きを読む

シャーリー「ストライカーに音声キットを組み込むと愛着がヤバい」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 11:00:47 ID:uz3T/frV0
美緒「全員、ご苦労だったな。ゆっくり休んでくれ」

芳佳「はい!」

リーネ「芳佳ちゃん、怪我はない?」

芳佳「うん。坂本さんの後ろにいたし、大丈夫だよ」

美緒「はっはっは。宮藤が後衛にいるからこそ、今回もネウロイを撃破できたのだがな」

芳佳「そんなことないですよぉ」

シャーリー「はぁー、ハラへったー」

『マスター マホウリョク ガ テイカ シテオリマス ゴチュウイクダサイ』

シャーリー「分かってるよ。ありがとう。今日はもう出撃することはないさ」

芳佳「今の声、なに?」

リーネ「シャーリーさんのユニットから聞こえてきた気がするけど……」

005

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ